国内ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 国内ニュース

来年、広島でG7の意志 歴史に残る重みで示す

2022年06月28日

 岸田文雄総理はドイツの日刊紙・フランクフルターアルゲマイネ紙への寄稿文で「来年、G7議長国として広島でサミットを開催する。武力侵略も、核兵器による脅かしも、国際秩序の転覆の試みも、断固として拒否するというG7の意思を歴史に残る重みをもって示したい」と発信した。

 岸田総理は「各国首脳と緊密な連携を続け、実り多い議論ができるよう全力を尽くす決意」と来年のG7サミットに向けた意欲を示した。

 岸田総理は寄稿文で「ロシアのウクライナ侵略において、核兵器の使用が現実の問題として議論されていることを深刻に懸念している」とし「被爆地広島出身の総理大臣として、ロシアが行っているような核兵器の威嚇、ましてや使用は、決して許されないことを改めて強調したい。そこに向けた道のりは厳しいものだが、『核兵器のない世界』に向けた機運を再び高めるため、私自身、強い政治的リーダーシップを発揮していきたい。オラフ・ショルツドイツ首相を始めとした各国のリーダーと現実的な核軍縮に向けた道筋について、エルマウで、また、来年の広島G7サミットで具体的な議論を進めていきたい」と強調している。

 国連改革についても、岸田総理は「我が国は平和国家として、国連安保理改革を含む国連の機能強化に向けた議論を主導していく」とし「ドイツを始めとしたG7各国とも連携して、国際社会の新たな課題に対応したグローバルガバナンスの在り方についても模索していきたい」と自らの取り組み姿勢を示した。(編集担当:森高龍二)

露が岸田総理ら63人入国禁止、安倍氏は対象外

ウクライナ外務省動画、軍事支援への謝辞と認識

ウクライナを迅速に支えること「共通の責務」

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧

とれまがファイナンス新着記事

とれまがマネー

とれまがマネー

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2022 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.