国内ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 国内ニュース

安保法制と敵基地攻撃 大変な惨事招く 志位氏

2022年08月05日

 日本共産党の志位和夫委員長は3日までの記者会見で「安保法制と敵基地攻撃がセットになった場合、日本に対する攻撃がなくても、安保法制・集団的自衛権を発動し、米軍と一緒に自衛隊が相手国に攻め込むことになる。大変な惨事になる」と警鐘を鳴らした。

 志位氏は「安保法制の危険性は敵基地攻撃論がこれだけ議論になるなか、いよいよ深刻になっている」と指摘。また「憲法9条(戦争の放棄規定)そのものを変えようという動きがあるもとで、これを許さない。また軍事費(防衛費)2倍の大軍拡を許さない、ということも喫緊の課題になってくる」と強調。

 志位氏は安倍政権下での集団的自衛権の一部行使容認を行った「憲法解釈の変更」にはじまり、解釈変更のうえでの安保法制制定、さらに安全保障環境の変化を訴え「敵基地攻撃能力保有」を主張するところにまで進んでいる現況に警鐘を鳴らすとともに、釘を刺した。(編集担当:森高龍二)

【コラム】国葬で偲ぶのは業績か人柄か、政治利用は回避を

来年、広島でG7の意志 歴史に残る重みで示す

ロシアの侵略問題「対岸の火事でない」総理強調

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧

とれまがファイナンス新着記事

とれまがマネー

とれまがマネー

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2022 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.