国内ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 国内ニュース

閣僚らには旧統一との関係の報告を求める 総理

2022年08月08日

岸田総理は旧統一教会(世界平和統一家庭連合)と...

 岸田文雄総理は6日の記者会見で、組閣と自民党役員人事について、課題山積を理由に「新しい態勢を、とにかく早くにスタートさせたいと常々思っていた」と語った。国葬と旧統一教会(世界平和統一家庭連合)問題で岸田内閣、自民党への批判の風が吹き始めていることから、人事刷新でこの風を弱めたい狙いがある。

 岸田総理は「与党とも相談し来週(8日~の週)にも行いたいと思っている。新型コロナ、物価高への対応、ウクライナ情勢、台湾情勢、防衛力の抜本的強化、災害対応、国葬、警備体制の強化などの議論が行われており、8月末には(来年度予算に向けた:)概算要求が行われるし、経済対策についても議論していかなければならない」とした。

 岸田総理は旧統一教会(世界平和統一家庭連合)との関係について「知る限り、当該団体と関係はない」とした。閣僚について「(旧統一教会との)関係について、濃淡あるし、付き合いの中身も様々。閣僚には国民から疑念を持たれるようなことの無いように、社会的に問題が指摘されるような団体との関係については十分注意しなければならない。わたしの内閣においては、新たに指名する閣僚だけでなく、現閣僚、副大臣なども含め、当該団体との関係をしっかり点検してもらい、結果を明らかにしてもらう。そのうえで、適正な形に見直すことを指示したい」とした。

 また「宗教団体で法令逸脱行為があれば厳正に対処するとともに、悪質商法など不法行為への対応、被害者の救済についても、政府一体となって万全を尽くしていかなければならない」と述べた。(編集担当:森高龍二)

国葬・統一教会で批判強まる中、10日に組閣

旧統一教会から選挙応援「頂いていない」山谷氏

反社団体活動排除へ法制定視野に検討 玉木代表

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧

とれまがファイナンス新着記事

とれまがマネー

とれまがマネー

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2022 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.