国内ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 国内ニュース

非核三原則を堅持 核兵器ない世界目指すと総理

2022年08月08日

 広島市原爆死没者慰霊式・平和祈念式で岸田文雄総理は「77年前のあの日の惨禍を決して繰り返してはならない。唯一の戦争被爆国である我が国の責務であり、被爆地広島出身の総理大臣としての私の誓いだ」と強調した。

 そのうえで「核兵器による威嚇が行われ、核兵器の使用すらも現実の問題として顕在化し、『核兵器のない世界』への機運が後退していると言われている今こそ、広島の地から、私は、『核兵器使用の惨禍を繰り返してはならない』と声を大にして、世界の人々に訴える」と世界に向け発信した。一方で、演説では「核兵器禁止条約」には言及さえしなかった。

 岸田総理は「我が国は、いかに細く、険しく、難しかろうとも、核兵器のない世界への道のりを歩んでいく。『非核三原則を堅持』しつつ、厳しい安全保障環境という現実を核兵器のない世界という理想に結び付ける努力を行っていく」と訴えた。

 また「努力の基礎となるのは核兵器不拡散条約(NPT)だ」とした。岸田総理は「来年、この広島の地で、G7サミットを開催する。核兵器使用の惨禍を人類が二度と起こさないとの誓いを世界に示し、G7首脳と共に、平和のモニュメントの前で、平和と国際秩序、自由、民主主義、人権、法の支配といった普遍的な価値観を守るために結束していくことを確認したい」と述べた。

 式典にはアントニオ・グテーレス国連事務総長はじめ、被爆者や遺族ら約2900人が参列した。(編集担当:森高龍二)

憲法への各党姿勢の違い より鮮明に

「非核三原則を堅持すべき」8割。20代女性では9割超。50代男性6割が最少。~ネットエイジア

安倍元総理が核保有議論提唱、非核三原則無視

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧

とれまがファイナンス新着記事

とれまがマネー

とれまがマネー

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2022 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.