国内ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 国内ニュース

9条堅持と核禁条約参加の政府つくりへ奮闘する

2022年08月16日

 日本共産党の小池晃書記局長は終戦の日の15日、「日本共産党は日本軍国主義による侵略戦争と植民地支配の犠牲となった内外の人々に深い哀悼の意を表するとともに、戦争の惨禍を絶対に繰り返さない決意を新たにします」との談話を発表した。

 また9条改憲を目指す岸田政権に対して「これまで政府は9条のもと『専守防衛に徹し、他国に脅威を与えるような軍事大国とならない』としてきたが、軍事費を2倍にすれば世界第3位の軍事大国になる。政府は安保法制発動―集団的自衛権を発動した場合でも『敵基地攻撃』はできると答弁しており、日本が攻撃されていなくても米国の相手国に自衛隊が攻め込むことになる」と警鐘を鳴らし「こんなことが『戦争放棄』『戦力不保持』を宣言した憲法9条と相いれないことは明白。軍事費2倍化は大増税か、暮らしの予算の大削減をもたらす。平和を壊し、暮らしを押しつぶす改憲と大軍拡を許すことはできない」と訴えている。

 また「ウクライナ侵略や台湾問題を口実に『軍事対軍事の悪循環』に陥ることこそ戦争への危険な道だ」と指摘した。また核問題について「核使用を前提とする核抑止力論にしがみつき、米国の核の傘の強化に熱中しながら、核保有国と非保有国との橋渡しなどできるはずがない。日本共産党は核兵器禁止条約に参加する政府をつくるために奮闘する」と党の姿勢を鮮明にしている。(編集担当:森高龍二)

針路誤りアジア諸国に多大の苦痛与えたと反省

今年の全国戦没者追悼式・2020年と同様に

【コラム】石炭禁輸制裁の実効に加え、サハリン2も視野に

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧

とれまがファイナンス新着記事

とれまがマネー

とれまがマネー

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2022 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.