国内ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 国内ニュース

立憲が公文書管理のPT設置、政府に提言へ

2023年03月29日

 「公文書は国民のもの」であることから作成、管理、記録の在り方など、より精度を高める必要があるとして、立憲民主党が逢坂誠二代表代行を座長とする「公文書管理プロジェクトチーム」を立ち上げ、27日までに初会合を開いた。

 「全体ではなく、一つの番組でも放送法違反はありうる」とする放送法の「政治的公平」をめぐる解釈変更(政府は解釈を補足したもの)をめぐる問題。官邸から圧力があった経緯を示した文書について当時、総務大臣だった高市早苗経済安全保障担当大臣は今も自身の関係部分は「ねつ造」「内容が不正確」と、記録されている文書の内容を否定し続けている。記録の精度が高まれば10年、15年遡っても、事実を覆すことはできない証拠となる。

 逢坂座長は「森友学園や加計学園、PKOやイラクの日報、今回の放送法に関する文書など、国会で文書をめぐっての不毛な議論が繰り返され、確実な公文書管理制度を確立しない限り、本質の議論ができない」とし「今の日本の公文書のあり方について、どこに問題があり、どこを改善すればいいのか、地道に途切れのない取組みが必要で、継続して考える場としたい」と語った。立憲として今後、制度と運用の両面から関係者らからのヒアリングなどを踏まえ、政府への提言を取りまとめていくとしている。(編集担当:森高龍二)

総務省「ねつ造」無い。高市氏は答弁通り対応を

高市大臣の苦しい答弁に信憑性疑う声も

高市大臣は『捏造』とする根拠示して責任果たせ

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧

とれまがファイナンス新着記事

とれまがマネー

とれまがマネー

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2023 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.