海外ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 海外ニュース

<明治安田生命・『サマーウォーズ』10周年>描き下ろしタイアップビジュアルが完成!!

「明治安田生命・『サマーウォーズ』10周年」PR事務局

<明治安田生命・『サマーウォーズ』10周年>描utf-8

明治安田生命保険相互会社(本社:東京都千代田区)は、今年3月に発表した『サマーウォーズ』10周年とのタイアップCM制作プロジェクトの続報として、特設サイトにて描き下ろしタイアップビジュアルを6月14日(金)より公開いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/184786/LL_img_184786_1.png
明治安田生命・『サマーウォーズ』10周年 描き下ろしタイアップビジュアル1

(C)2009 SUMMERWARS FILM PARTNERS
(C)スタジオ地図

「明治安田生命・『サマーウォーズ』10周年」特設サイト
https://www.meijiyasuda.co.jp/profile/recruit/AD/LD/sw10th/


今回のイラストは、映画『サマーウォーズ』で作画監督を務めたスタジオ地図所属の青山浩行さんが担当しています。「私は、私のやさしさを、がんばる。」という今回のキャンペーンキャッチコピーの世界観をイメージした、若手の明治安田生命 MYライフプランアドバイザーのキャラクターを描いていただきました。ぜひ明治安田生命 MYライフプランアドバイザーの活動にご興味を持っていただくとともに、タイアップCMにもご期待ください。
CM本編は特設サイトにて6月28日(金)に公開いたします。「明治安田生命と『サマーウォーズ』10周年」のタイアップにどうぞご期待ください。


■描き下ろしタイアップビジュアルを担当した青山浩行さんのコメント
MYライフプランアドバイザーとしての経験はまだ浅く、思う様な結果を出せない事が多いけれど、失敗しながらも学んでいこうとする前向きな人をイメージして描きました。若手らしい、元気とフレッシュさを感じてもらえればと思います。


■「スタジオ地図」とは
2011年に細田守監督作品の制作拠点として設立。2018年夏に公開された最新作『未来のミライ』は101の国と地域で配給(予定も含む)され、第76回ゴールデン・グローブ賞ではアジア初のアニメーション映画賞ノミネート、第46回アニー賞では、日本人監督としては初の長編インディペンデント作品賞を受賞。第91回米国アカデミー賞(R)でも、長編映画アニメーション部門にノミネートされ国内外で高い評価を得た。
スタジオ地図 公式サイト http://www.studio-chizu.jp/index.html


■作画監督 青山浩行さんプロフィール
テレコム・アニメーションフィルム、フリーを経て、現在はスタジオ地図所属。『スペースダンディ』(14)で作画監督、『コクリコ坂から』(11)、『風立ちぬ』(13)などで原画を担当。細田守監督作品では『ONE PIECE THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島』(05)、『おおかみこどもの雨と雪』(12)、『バケモノの子』(15)で原画、『時をかける少女』(06)、『サマーウォーズ』(09)、『未来のミライ』(18)で作画監督を務めた。


■明治安田生命 MYライフプランアドバイザー採用について
明治安田生命では、保険商品の営業職員を「MYライフプランアドバイザー」と呼んでいます。担当するお客さまのアフターフォローやお客さまのご意向・ニーズに応じたご提案を通してお客さまとの絆をつくっていく。それが、わたしたちMYライフプランアドバイザーの仕事です。未経験でも充実した教育・研修制度で商品知識・営業スキル・金融知識をしっかりと身につけることができます。お近くの明治安田生命の支社、または採用ホームページをご覧ください。
MYライフプランアドバイザー採用サイト https://www.meijiyasuda.co.jp/profile/recruit/AD/


■『サマーウォーズ』10周年について
口コミでロングランヒットとなり、国内外の映画賞を多数受賞した映画『時をかける少女』で一躍注目を浴びた映画監督・細田守が、2009年に送り出した映画『サマーウォーズ』。キャラクターデザイン・貞本義行、脚本・奥寺佐渡子など『時をかける少女』のスタッフが再結集したこの作品は、ふとした事から片田舎の大家族に仲間入りした、数学しか取り柄のない気弱な17才の理系少年・小磯健二が主人公。ひょんな事から巻き起こった世界の危機に、健二と大家族が一致団結して世界の危機に立ち向かう物語です。
公開されると同時に口コミで評判になり、オリジナルアニメとしては異例のロングランヒットを記録。夏休みの風物詩として、たびたび地上波でも放送され、今でも根強い人気を誇っています。
そして2019年、『サマーウォーズ』は公開から10年を迎えます。スタジオ地図では、スタジオ地図 2019 in Summer 『サマーウォーズ』10周年プロジェクトのテーマを《UPDATE》と題し、そのアニバーサリーイヤーを記念した様々なプロジェクトをお届けする予定です。

『サマーウォーズ』10周年 公式サイト http://sw10th.com

(C)2009 SUMMERWARS FILM PARTNERS


<『サマーウォーズ』メインスタッフ>
監督・原作 :細田守
企画 :丸山正雄
エグゼクティブプロデューサー:奥田誠治
プロデューサー :高橋望・伊藤卓哉・渡邊隆史・齋藤優一郎
脚本 :奥寺佐渡子
キャラクターデザイン :貞本義行
アバターデザイン :岡崎能士・岡崎みな・濱田勝
OZデザイン :上條安里
作画監督 :青山浩行・藤田しげる・濱田邦彦・尾崎和孝
アクション作画監督 :西田達三
美術監督 :武重洋二
音楽 :松本晃彦


■細田守監督プロフィール
1967年、富山県出身。東映動画(現・東映アニメーション)でアニメーターおよび演出(監督)として活躍後、フリーに。『時をかける少女』(06)『サマーウォーズ』(09)を監督し、国内外で注目を集める。2011年、自身のアニメーション映画制作会社「スタジオ地図」を設立し、『おおかみこどもの雨と雪』(12)、『バケモノの子』(15)、『未来のミライ』(18)を発表。『未来のミライ』はカンヌ国際映画祭・監督週間に選出。米国アカデミー賞長編アニメーション映画賞ノミネート。ゴールデン・グローブ賞アニメーション映画賞ノミネート。アニー賞長編インディペンデント作品賞を受賞し、海外でも高い評価を得た。


詳細はこちら

<明治安田生命・『サマーウォーズ』10周年>描utf-8

記事提供:@Press

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2019 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.