海外ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 海外ニュース

星空・暗闇・音楽が共鳴するプラネタリウムライブ『LIVE in the DARK』11月15日(金)、Do As Infinityの出演が決定!!

コニカミノルタプラネタリウム株式会社

星空・暗闇・音楽が共鳴するプラネタリウムライutf-8

コニカミノルタプラネタリウム“天空” in東京スカイツリータウン(R)の音楽イベント『LIVE in the DARK』の第14回目となる公演を、2019年11月15日(金)に開催します。今回の出演は、今年結成20周年を迎えるDo As Infinity(読み:ドゥアズインフィニティ)。
彼らが持つ数々のヒット曲の中から、プラネタリウムに合わせたセットリストをアコースティック編成で披露します。

★『LIVE in the DARK』とは★
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/188400/img_188400_1.jpg
プラネタリウムでしか体験できない、音楽と星空、そして暗闇が共鳴する全く新しい音楽エンターテインメント。
星々が犇(ひし)めく暗闇の中、耳を澄ませてみると、日常生活では感じることができなかった、微かな音の“表情”をしっかりと感じることができるはずです。
全天周映像演出は数多くのライブ演出を手掛ける、ビジュアルデザインスタジオ“HERE.”が担当し、星空、音楽、そして映像がシンクロする、ここでしか体感できないプラネタリウムライブを実現します。
良質な音楽、そしてプラネタリウムという非日常空間で、特別なひと時を、ぜひ。


★Do As Infinityがプラネタリウムのステージに★
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/188400/img_188400_2.jpg
1999年に結成し今年20周年を迎えるDo As Infinityが、ついに『LIVE in the DARK』のステージに登場します。本公演ではアコースティック編成での出演を予定しています。
このライブの為に制作される、ドーム全天に拡がる迫力ある映像と、光学式プラネタリウムが映し出す限りなくリアルに近い星空の中に、彼らの名曲の数々が響き渡ります。
チケットはDo As Infinityのオフィシャルファンクラブでの先行受付(抽選)後、一般販売を開始します。

【チケット販売に関して】
・Do As Infinityオフィシャルファンクラブ「Dive At It」先行受付(抽選)
2019年7月26日(金)午前10時~8月1日(木)23時59分の期間、オフィシャルファンクラブ「Dive At It」を通じ先行受付(抽選)を行います。
https://dai.fc.avex.jp/
※先行受付プレイガイドは「e+(イープラス)」のみです。

・一般販売
9月7日(土)午前10時~下記『LIVE in the DARK』特設サイトを通じ各プレイガイドで一般販売を開始します。
https://planetarium.konicaminolta.jp/tenku/livedark/
※各サイトに記載されている注意事項を必ずご確認の上、チケット購入をして下さい。
※予定枚数に達し次第販売を終了します。

●Do As Infinity 出演『LIVE in the DARK』イベント概要●
★出演:Do As Infinity
★日程:2019年11月15日(金)
★時間:1st Stage 19:30開演(19:00開場) / 2nd Stage 21:30開演(21:00開場)
★料金:一般シート:7,500円(税込)
三日月シート:18,000円(税込) ※二名掛け・各回3席限定
※『三日月シート』は一枚のチケット料金に大人二名様分の鑑賞料金を含んでいます。

★場所:コニカミノルタプラネタリウム“天空” in東京スカイツリータウン(R)
※1公演につき約1時間の予定です。
※本公演は曲目が同じ2回公演を予定しております。
※イベントの性質上、小学生以下のお客様はご入場いただけません。
※東京ソラマチ(R)の閉館は23:00です。イベント終了後はそれまでにご退館ください。

【注意事項】
※本イベントはプラネタリウム施設で星空、映像、音楽をお楽しみいただくイベントです。演出の都合上又は、ドームの座席配置の関係でステージ(アーティスト)が見えににくい場合がございます。
※中央後方のお席はプラネタリウム機器の関係でステージが見えにくくなっておりますが、星空・ドーム演出は一番見やすいエリアとなっております。下記座席図をご確認ください。
https://planetarium.konicaminolta.jp/tenku/livedark/#kmpSeatingChart
※本イベントはプラネタリウムという会場の特性上、様々な制限を設けさせていただいております。必ず、下記「特設サイト」に記載されている注意事項を必ずご確認の上、チケット購入をして下さい。
https://planetarium.konicaminolta.jp/tenku/livedark/#kmpTicket

●Do As Infinity プロフィール●
伴 都美子(Vo.)、大渡 亮(Gt.&Vo.)からなるロックバンド。
1999年結成。デビュー前から渋谷ハチ公前を中心に100回以上路上ライブを行い、同年9月29日、シングル「Tangerine Dream」でavex traxよりデビュー。数々のヒット曲と、ミリオンを記録するアルバムをリリースし、日本音楽界に確固たる立ち位置を確立する。
2017年には、澤野弘之をサウンドプロデューサーに迎え、シングル3部作「Alive / Iron Hornet」、「To Know You」、テレビアニメ「十二大戦」エンディングテーマとなった3部作目、「化身の獣」を12月6日に発売。また、同年7月からは自身初の南米4ヵ国ツアー、台湾でのワンマンライブ、ジャカルタでの大型フェス、シンガポールでのワンマンライブと、デビュー19周年を迎えた今も、日本のみならずワールドワイドに活動。
2018年には約3年ぶりとなるオリジナルアルバム「ALIVE」を発売!!5月19日より台湾公演2DAYSを含む、ツアー Do As Infinity LIVE TOUR 2018-ALIVE-は各地でソールドアウトを記録した。その他にもTAC IN台湾、シンガポールNATSU ROCK2018にも参加。9月には中国上海にて初のワンマンコンサートも大成功させた。
2019年は結成20周年を迎え、数々のリリース、ツアーを実施予定。精力的な活動を続けている。

●株式会社HERE.(ヒア)●
代表土井昌徳。
プロジェクションマッピングやVR360°ドームパノラマ映像の制作に特化した少数精鋭のビジュアルデザインスタジオ。プロジェクションマッピングでは、百貨店の常設やホテル、アーティストのライブ等、大規模案件の実績も多数。時代を捉えた演出と高い技術に裏付けられた良質なコンテンツ提供に定評がある。また、次世代のVR ドームシアター向け素材販売サイト「Shout!360」も運営、動画制作に役立つTipsも連載中。
【Shout!360詳細 www.shout360.xyz】

●コニカミノルタプラネタリウム“天空”in東京スカイツリータウン(R)施設概要●
★所在:東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン イーストヤード7階
★営業時間:10時の回~21時の回
※各回の上映作品は、時期によって異なります。ホームページ等でご確認ください
https://planetarium.konicaminolta.jp/tenku/
★料金:
https://planetarium.konicaminolta.jp/tenku/information/#kmpPrice
より最新情報をご確認ください。
★お客様のお問合せ先:
ホームページ:https://planetarium.konicaminolta.jp/tenku/
インフォメーションTel:03-5610-3043 (受付時間 平日10:00~19:00)


詳細はこちら

星空・暗闇・音楽が共鳴するプラネタリウムライutf-8星空・暗闇・音楽が共鳴するプラネタリウムライutf-8星空・暗闇・音楽が共鳴するプラネタリウムライutf-8

記事提供:@Press

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2019 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.