海外ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 海外ニュース

よろずつよし著『「マインドフルネスで効果を感じない人」が読む本』がKindleストアの売れ筋ランキング無料トップ100で1位を獲得!

「共にいる」心理サポートスペース

よろずつよし著『「マインドフルネスで効果を感utf-8

「共にいる」心理サポートスペースは、心理カウンセラーのよろずつよし初の電子書籍『「マインドフルネスで効果を感じない人」が読む本』(税込900円)を2021年11月3日にAmazonのKindleストアにて発売しました。発売後、11月9日には、Amazon Kindleストアの売れ筋ランキング(他Kindle本、人文・思想及び心理学の各部門の売れ筋ランキング)無料トップ100で1位を獲得しました。

この書籍では、今この瞬間と共にいて自分を受容する独自の方法を25年以上続けた著者が、自身の苦難を乗り越えてきた体験を基に、今この瞬間と共にいる方法により、自分の人生を受け容れ、楽しく自分らしい人生を生きる方法を解説しています。
マインドフルネスであまり効果を感じていない方へ、今この瞬間にいるということの大切さのメッセージとなっています。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/287610/LL_img_287610_1.jpg
Kindle本表紙画像

【本書をすすめる理由】
本書は、今この瞬間と共にいるということを、日々の生活の中で実践するために書かれたものです。
マインドフルネスという言葉が、昨今、多くのメディア等で取り上げられています。Googleやインテルなど、欧米の有名企業が能力向上のトレーニングとしても取り入れています。
マインドフルネスの意味は、「今、この瞬間を判断せずに、あるがままにいること」ということです。
しかしながら、やってみても今一つよくわからない、効果を感じないという人がいるかもしれません。
そんな方々のために、本書では、今この瞬間にいるための方法、今この瞬間にいるということはどういうことなのかを探求しています。

現在は、新型コロナウイルスや温暖化による異常気象、地震など環境的なことにおいても、或いは日々の生活での人間関係の問題など社会活動においても、自分を苦しめるような出来事が、いつどこで起こるかわからない時代です。
そのような状況下において、自分を自分らしく保っていられる方法の一つとしてマインドフルネスがあります。
にもかかわらず、いざ実践してみて、マインドフルネスに効果を感じられない人の理由は、次にあげられることかもしれません。
・そもそも今この瞬間にいるということはどのようなことなのか?よくわからない
・マインドフルネスを頭で効果があるか判断してしまう
・マインドフルネスのワークを、しなければならないという義務で行っている
・現れている自分の体験に対して、もっと良い体験ができたのでは?と現状を受け容れることができない

本書では、マインドフルネスという言葉に固執せず、「今この瞬間と共にいるということ」の大切さを解説しています。
今この瞬間を生きることは、過去の記憶や未来への不安、心配に煩わされずに、毎日の生活をシンプルに心穏やかに生きることです。
マインドフルネスに関心がある人だけでなく、すべての人が心穏やかに日々を生きるために、その方法を著者自身の体験を通して解説しています。


【本書の特徴】
(1)著者自身の体験により、今この瞬間と共にいる方法が示されている
(2)マインドフルネスに効果を感じない人へ、そもそも今この瞬間と共にいることとは何かが示唆されている
(3)従来の問題を解決するというやり方ではなく、問題と共にいることによって、人生の問題をシンプルに受け容れていく方法が示されている
(4)自分の人生に現れてくる出来事を受け容れることにより、自分の人生の最高の専門家は、自分であるということを理解することが示されている


【本の章立て】
第一章 今この瞬間と共にいることの新たな発見
・問題提起(社会活動上の問題に対して僕たちはどのように解決しているか?)
・従来のアプローチとの違い(三次元的問題解決アプローチvs超時空的人生フローアプローチ)
・いかにして今この瞬間にいるとわかるのか?(判断基準)
・今ここと現れとは何か?
第二章 今この瞬間と共にいる方法
・純粋な気づきについて
・人生フロー「今この瞬間と共にいる」ために欠かせない認識
第三章 今この瞬間と共にいる方法の実践
・気づきを実際の生活に取り入れる手順
・著者自身の体験
・真の問題解決とは?意識の二重構造で無意識のシーソー状態から抜け出す方法
・たとえどんな事があっても、自分をみじめにさせない「共にいる自分観察アプローチ」の方法
・「自分の人生の最高の専門家」の条件とは?


【参照】
「マインドフルネスで効果を感じない人」が読む本|よろずつよし|心理学|Kindleストア|Amazon
https://amzn.to/3wsDjJS


【著者プロフィール】
よろずつよし 心理カウンセラー
小学校から高校まで野球一筋。高校野球部の上下関係の厳しさ理不尽さに嫌気がさし、別の方向に進むが見つからず、自己探求のマーヤの中で迷う。気が弱く、言い返せず、周囲と馴染めず、厭世的になったが、大学生で、呼吸法に出会う。その後、サラリーマン生活となるが、ブラック企業等での理不尽な境遇やパニック症状を乗り越えた経験から、「しなければならないことは何もない。自分の人生の最高の専門家は自分自身」という考え方にたどり着く。
様々な心理療法や精神世界の手法を学び、今この瞬間と共にいるというノンデュアル(非二元)の方法を基に独自のワークと、すべての出来事はOKであるという人生フローの考え方で心理サポートを行う。


【本書に関する対談動画】
https://www.youtube.com/watch?v=YSpDFNoUM4c
「マインドフルネスの効果的活用法 ~真に今この瞬間を生きるために~」
行動心理コンサルタント 鶴田豊和氏
ゲスト:心理カウンセラー よろずつよし

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/287610/LL_img_287610_2.png
Facebookライブ画像

【お客様からのお問い合わせ先】
「共にいる」心理サポートスペース
URL : https://tomoniiru.net/
TEL : 090-9640-4263
E-MAIL: tomoniiru153@gmail.com


詳細はこちら

よろずつよし著『「マインドフルネスで効果を感utf-8

記事提供:@Press

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

とれまがファイナンス新着記事

とれまがマネー

とれまがマネー

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2022 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.