人事 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 人事

アクロニス、マイケル・キャラハンを最高マーケティング責任者に任命

アクロニス・ジャパン株式会社

セキュリティ業界での20年以上にわたるマーケティング経験を持つキャラハンは、サービスプロバイダーおよび企業組織向けのサイバープロテクションにおけるアクロニスの業界リーダーシップの拡大に注力

※本リリースは2022年1月5日にスイスのシャフハウゼンで発表されたプレスリリースの抄訳です。

サイバープロテクションのグローバルリーダーであるアクロニスは本日、マイケル・キャラハン(Michael Callahan)氏を新たな最高マーケティング責任者に任命したことを発表しました。キャラハン氏は、マカフィー社やヒューレット・パッカード社、ジュニパー社などの企業で上級管理職を、直近では、コフェンス社(COFENSE Inc.)のグローバルマーケティング部門のシニアバイスプレジデントを務めました。キャラハン氏は、これらの企業で培ったセールスおよびマーケティングの豊富な経験を活かしてチームに加わります。

キャラハン氏は、最高マーケティング責任者として、アクロニスのグローバルブランドの地位を確立するとともに、Cyber Protect Cloud Platformの認知度向上に取り組みます。コロナウイルス感染症により、DX(デジタルトランスフォーメーション)ソリューションやクラウドおよびハイブリッドソリューションへの移行が加速する中、企業は進化し続ける脅威を阻止するための効果的なセキュリティソリューションを必要としています。キャラハン氏はさらに、世界各地、特に恵まれない地域での支援プログラムにより、次世代の技術リーダーグループを育成するというアクロニスの活動を拡大することも支援します。

アクロニスの最高経営責任者(CEO)であるパトリック・プルヴァミュラー(Patrick Pulvermueller)は、次のように述べています。「マイケルは、過去の成功体験を活かし、アクロニスのマーケティングチームにさらに大きな成果をもたらすでしょう。彼は、業界で最も有名な複数の企業において20年以上にわたりマーケティングを率いており、エンドポイントセキュリティのリーダーとしてのアクロニスの地位が確固たるものになるよう尽力します。彼が携わったブランドは目覚ましい成長を遂げており、彼のリーダーシップと専門知識によるこれからの成果に大きく期待しています」

キャラハン氏は、SaaS(Software-as-a-Service)セキュリティの分野で豊富な経験を持つ、メトリクスドリブンのマーケティング担当エグゼクティブです。マカフィー社、ヒューレット・パッカード社、FireMon(ファイアモン)社やZimperium(ジンペリウム)社でリーダーシップを発揮し、グローバルチームを効果的に管理、指揮してきました。アクロニスは世界中にオフィスと従業員を擁する国際的な企業であるため、CMOというポジションにとってこのような経験は不可欠なものであり、より幅広い層へのリーチとサイバープロテクション市場でのシェア拡大を実現します。

キャラハン氏は、Acronis Cyber Protect Cloudなど、アクロニスのセキュリティソリューションの価値に着目し、サービスプロバイダーや企業による組織保護に特化したサービスを提供することで、サイバープロテクション分野のリーダーとしてのアクロニスの認知度を引き続き高めています。

2021年はアクロニスにとって史上最も成功した年であり、米国でのクラウドビジネスは対前年比で77%増加し、Acronis Cyber Protectは75万社以上の企業に保護を提供しました。キャラハン氏は、昨年5月のCVCパートナーズからの2億5000万ドルの出資を含む2021年の成功に基づき、2022年もこの勢いを維持するために、マネージドサービスプロバイダー(MSP)の広範なパートナーネットワークを拡大し、アクロニスの市場開拓の取り組みをさらに強化していきます。

キャラハン氏は次のように述べています。「アクロニスのソリューションの価値が市場で急速に評価され、会社が異例の急成長を遂げ、顧客の問題に対するソリューションに継続的に投資できるようになったこのタイミングでアクロニスに加わることを非常に嬉しく思います。世界がクラウドベースのデジタルエコシステムに移行するにつれ、サイバーセキュリティソリューションが効果的に脅威を阻止し、セキュリティリーダーが組織を保護できるようにすることがこれまで以上に重要になっています」

アクロニスについて
アクロニスは、データ保護とサイバーセキュリティが一体となった統合型の自動サイバープロテクションにより、安全性、アクセス性、プライバシー、真正性、セキュリティ(SAPAS)に関連する現代のデジタル社会の課題を解決します。サービスプロバイダーとIT専門家の要求に応える柔軟なデプロイメントモデルと、次世代型の画期的なアンチウイルス、バックアップ、ディザスタリカバリ、エンドポイント保護管理ソリューションによって、データ、アプリケーション、システムに対して上質のサイバープロテクションを提供します。受賞歴のあるAIベースのアンチマルウェアテクノロジーとブロックチェーンベースのデータ認証テクノロジーにより、クラウドからハイブリッド、さらにはオンプレミスまで、あらゆる環境を予測可能かつ低いコストで保護します。

2003年にシンガポールで設立され、2008年にスイスで法人化されたアクロニスは、現在19か国の34の拠点で1,700人を超える従業員を抱えています。アクロニスのソリューションは、550万人以上のホームユーザーと50万社以上の企業の信頼を得ており、この企業にはFortune 1000選出企業のすべてと一流プロスポーツチームが含まれています。アクロニスの製品は150か国以上の5万社のパートナーおよびサービスプロバイダー経由で提供され、40以上の言語でご利用いただけます。

Acronis(R)は米国、およびその他の国におけるAcronis International GmbHの登録商標です。
ここに記載されるその他すべての製品名および登録/未登録商標は、識別のみを目的としており、その所有権は各社にあります。



配信元企業:アクロニス・ジャパン株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

記事提供:DreamNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

とれまがファイナンス新着記事

とれまがマネー

とれまがマネー

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2022 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.