調査・報告 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
製品 サービス 企業動向 業績報告 調査・報告 技術・開発 告知・募集 人事 その他
とれまが >  ニュース  > リリースニュース  > 調査・報告

【先生とのコミュニケーションに関する調査】担任の先生とコミュニケーションが取れている保護者は76%!残り24%は・・・?

株式会社インターエデュ・ドットコム

日本最大級の受験情報サイト「インターエデュ・ドットコム」は10月9日よりインターネット上で小中高生のお子さんがいる保護者 男女300名に対して先生とのコミュニケーションに関するアンケートを実施しました。



「子どものことで担任の先生に相談したことがありますか」という質問では、「ある」が46%、「ない」が54%とほぼ半分に分かれました。



続いて、「担任の先生とのコミュニケーションは取れていると思いますか」について聞いたところ、「はい」が76%、「いいえ」が24%と、コミュニケーションが取れているという方がかなり多いことがわかりました。
しかし、24%の方は「いいえ」と回答しています。その方々に、コミュニケーションが取れない理由についてさらに聞いたところ、「先生が忙しそうで相談しづらい」、「先生に言っても仕方ない(解決できない)と思う」がともに32%、「先生に連絡することでクレームだと思われないか心配」18%、「年配の先生なので言いづらい」、「自分が忙しくて学校に連絡取れない」6%、その他が5%でした。



コミュニケーションが取れないと思う上位3つの理由が、先生の状況に遠慮して、一歩踏み込めていない傾向が見られています。特に「先生に言っても仕方ない」と相談する前に諦めてしまう親も多く、こちらは学校や先生に対しての不信感が垣間見えるようでした。
全体的には「先生に負担をかけてはいけない」という配慮と、「何もしてもらえない」という諦め、また「面倒な親と思われたくない」という自尊心がいろいろと垣間見えるような調査結果となりました。
しかし、相談してみると意外とハードルが低いことも。子どもを通して密接に関わりあう保護者と先生。円滑なコミュニケーションを図るためにもまずは親からも一歩踏み込んでみることが必要なのかもしれません。

■アンケート概要
◆調査方法:インターネット調査
◆対象者:全国の小中高生のお子さんがいる保護者 男女300名
◆調査エリア:全国
◆調査時期:2019年10月9日/10月17日公開
【結果公開ページ】https://www.inter-edu.com/article/enquete/enquete-191017/

【インターエデュ・ドットコム】
中学受験情報を中心とする日本最大級の受験情報サイトです。ユーザー同士がコミュニケーションをとれる掲示板から学校基本情報、学校特集ページまで幅広い学校情報を取り扱い運営しています。





配信元企業:株式会社インターエデュ・ドットコム
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

記事提供:DreamNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2019 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.