調査・報告 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
製品 サービス 企業動向 業績報告 調査・報告 技術・開発 告知・募集 人事 その他
とれまが >  ニュース  > リリースニュース  > 調査・報告

「ジェノタイピングアッセイのグローバル市場インサイト・予測(~2028年)の世界市場:種類別(試薬&キット、機器)、用途別」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました

株式会社マーケットリサーチセンター

2022年8月10日
株式会社マーケットリサーチセンター

株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「ジェノタイピングアッセイのグローバル市場インサイト・予測(~2028年)の世界市場」調査資料の販売を2022年8月10日に開始いたしました。ジェノタイピングアッセイの市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。

■レポートの種類:グローバル市場調査レポート
■レポートのタイトル:ジェノタイピングアッセイのグローバル市場インサイト・予測(~2028年)
■英文タイトル:Global Genotyping Assay Market Insights, Forecast to 2028
■発刊日:2022年7月11日
■出版社:QYResearch(QYリサーチ)
■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)

■主な掲載内容
新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより、世界のジェノタイピングアッセイの市場規模は2022年にUS$xxxと推定され、調査期間中のCAGRはxxx%で、2028年までに再調整された規模はUS$xxxになると予測されています。この医療危機による経済変化を十分に考慮すると、2021年にジェノタイピングアッセイの世界市場のxxx%を占める「試薬&キット」タイプは、2028年までにUS$xxxの規模になり、パンデミック後の修正xxx%CAGRで成長すると予測されています。一方、「農業バイオテクノロジー」セグメントは、この予測期間を通じてxxx%のCAGRに変更されます。
中国のジェノタイピングアッセイの市場規模は2021年にUS$xxxと分析されており、米国とヨーロッパのジェノタイピングアッセイ市場規模はそれぞれUS$xxxとUS$xxxです。米国の割合は2021年にxxx%であり、中国とヨーロッパはそれぞれxxx%とxxx%です。中国の割合は2028年にxxx%に達し、対象期間を通じてxxx%のCAGRを記録すると予測されています。日本、韓国、東南アジアはアジアで注目市場であり、今後6年間のCAGRはそれぞれxxx%、xxx%、xxx%になる見通しです。ヨーロッパのジェノタイピングアッセイ市場については、ドイツは2028年までにUS$xxxに達すると予測されており、予測期間中のCAGRはxxx%になる見通しです。

ジェノタイピングアッセイのグローバル主要メーカーには、Thermo Fisher、Abbott、Biomerieux、Integrated DNA Technologies、CD Genomics、Biosearch Technologies、Illumina、QIAGEN、Fluidigm Corporation、Advanced Biological Laboratoriesなどがあります。2021年、世界のトップ5プレイヤーは売上ベースで約xxx%の市場シェアを占めています。

ジェノタイピングアッセイ市場は、種類と用途によって区分されます。世界のジェノタイピングアッセイ市場のプレーヤー、利害関係者、およびその他の参加者は、当レポートを有益なリソースとして使用することで優位に立つことができます。セグメント分析は、2017年~2028年期間のタイプ別および用途別の販売量、売上、予測に焦点を当てています。

【種類別セグメント】
試薬&キット、機器

【用途別セグメント】
農業バイオテクノロジー、診断研究、薬理ゲノミクス、動物遺伝学

【掲載地域】
北米:アメリカ、カナダ
ヨーロッパ:ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシア
アジア太平洋:日本、中国、韓国、インド、オーストラリア、台湾、インドネシア、タイ、マレーシア
中南米:メキシコ、ブラジル、アルゼンチン
中東・アフリカ:トルコ、サウジアラビア、UAE

【目次(一部)】

・調査の範囲
- ジェノタイピングアッセイ製品概要
- 種類別市場(試薬&キット、機器)
- 用途別市場(農業バイオテクノロジー、診断研究、薬理ゲノミクス、動物遺伝学)
- 調査の目的
・エグゼクティブサマリー
- 世界のジェノタイピングアッセイ販売量予測2017-2028
- 世界のジェノタイピングアッセイ売上予測2017-2028
- ジェノタイピングアッセイの地域別販売量
- ジェノタイピングアッセイの地域別売上
- 北米市場
- ヨーロッパ市場
- アジア太平洋市場
- 中南米市場
- 中東・アフリカ市場
・メーカーの競争状況
- 主要メーカー別ジェノタイピングアッセイ販売量
- 主要メーカー別ジェノタイピングアッセイ売上
- 主要メーカー別ジェノタイピングアッセイ価格
- 競争状況の分析
- 企業M&A動向
・種類別市場規模(試薬&キット、機器)
- ジェノタイピングアッセイの種類別販売量
- ジェノタイピングアッセイの種類別売上
- ジェノタイピングアッセイの種類別価格
・用途別市場規模(農業バイオテクノロジー、診断研究、薬理ゲノミクス、動物遺伝学)
- ジェノタイピングアッセイの用途別販売量
- ジェノタイピングアッセイの用途別売上
- ジェノタイピングアッセイの用途別価格
・北米市場
- 北米のジェノタイピングアッセイ市場規模(種類別、用途別)
- 主要国別のジェノタイピングアッセイ市場規模(アメリカ、カナダ)
・ヨーロッパ市場
- ヨーロッパのジェノタイピングアッセイ市場規模(種類別、用途別)
- 主要国別のジェノタイピングアッセイ市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシア)
・アジア太平洋市場
- アジア太平洋のジェノタイピングアッセイ市場規模(種類別、用途別)
- 主要国別のジェノタイピングアッセイ市場規模(日本、中国、韓国、インド、オーストラリア、台湾、インドネシア、タイ、マレーシア)
・中南米市場
- 中南米のジェノタイピングアッセイ市場規模(種類別、用途別)
- 主要国別のジェノタイピングアッセイ市場規模(メキシコ、ブラジル、アルゼンチン)
・中東・アフリカ市場
- 中東・アフリカのジェノタイピングアッセイ市場規模(種類別、用途別)
- 主要国別のジェノタイピングアッセイ市場規模(トルコ、サウジアラビア)
・企業情報
Thermo Fisher、Abbott、Biomerieux、Integrated DNA Technologies、CD Genomics、Biosearch Technologies、Illumina、QIAGEN、Fluidigm Corporation、Advanced Biological Laboratories
・産業チェーン及び販売チャネル分析
- ジェノタイピングアッセイの産業チェーン分析
- ジェノタイピングアッセイの原材料
- ジェノタイピングアッセイの生産プロセス
- ジェノタイピングアッセイの販売及びマーケティング
- ジェノタイピングアッセイの主要顧客
・マーケットドライバー、機会、課題、リスク要因分析
- ジェノタイピングアッセイの産業動向
- ジェノタイピングアッセイのマーケットドライバー
- ジェノタイピングアッセイの課題
- ジェノタイピングアッセイの阻害要因
・主な調査結果

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/data1/QY2207C3621-Global-Genotyping-Assay-Market-Insights/

■調査会社QYResearch社(QYリサーチ)について
https://www.marketresearch.co.jp/qyresearch/
主な事業内容:自主企画資料の販売(年間数百件以上)、受託調査サービス提供
株式会社マーケットリサーチセンターはQYResearchの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンターについて
https://www.marketresearchcenter.net
主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供
本社住所:〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社マーケットリサーチセンター
マーケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp





配信元企業:株式会社マーケットリサーチセンター
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

記事提供:DreamNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

とれまがマネー

とれまがマネー

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2022 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.