調査・報告 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
製品 サービス 企業動向 業績報告 調査・報告 技術・開発 告知・募集 人事 その他
とれまが >  ニュース  > リリースニュース  > 調査・報告

高度文書処理の市場規模、2027年に52億米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーション

株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:小野悟、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「高度文書処理(IDP)の世界市場:コンポーネント(ソリューション、サービス)、デプロイメントモード(クラウド、オンプレミス)、組織規模、技術、業界、地域別 - 2027年までの予測」(MarketsandMarkets)の販売を9月21日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama1121760-intelligent-document-processing-market-by.html

高度文書処理(IDP)の市場規模は、2022年の11億米ドルからCAGR37.5%で成長し、2027年には52億米ドルに達すると予測されています。大量の構造化・非構造化文書を正確かつ迅速に処理したいという企業ニーズの高まりが、同市場の成長を促す要因となっています。

牽引要因:デジタルトランスフォーメーションへのシフト

企業や中堅企業は、収益を上げ、コストを削減し、差別化された顧客体験を作り出し、ビジネスのやり方を根本的に変革するために、デジタル、AI、自動化に投資しており、デジタルトランスフォーメーションは、ビジネスの優先事項となっています。これらの投資はすべて、その前提となる価値を実現するために、実用的なデータに依存しています。多くの企業で進行中の進化は、成功のレベルや利益への貢献はさまざまです。企業の多くは、データと情報のデジタル化、プロセスの自動化、優れた分析からの学習、デジタルコミュニケーションの強化のために、デジタル変革に取り組んでいます。

高度文書処理は、今日のビジネス・プロセス・オートメーションの重要な構成要素となっています。2018年4月に発表された記事「Importance of Intelligent Automation in Digital Transformation」で提供されたデータによると、世界の全ビジネスリーダーの59%が、自分の組織は2~3年以内にインテリジェントオートメーションへの投資を開始すると考えています。BFSI、ヘルスケアとライフサイエンス、小売と消費財、輸送と物流など、さまざまな業種に対応する組織は、インテリジェント文書処理ソリューションを採用して、強化・パーソナライズされた顧客体験を提供します。

今日、多くの企業にとって、時間と予算の範囲内でのビジネスプロセスの管理が課題となっています。現代の要件に対応し、紙を多用する手作業のプロセスを排除するために、企業は近代化とイノベーションを迅速に採用しています。RPAからAIに至る継続的な技術的進歩は、自動化の状況を一変させています。新技術の採用により、インテリジェント文書処理ソリューションプロバイダーは、データマイニングと意思決定プロセスを改善するためのデータ分析ソリューションの提供に注力しています。

抑制要因:ガバナンスとコンプライアンス要件の変化

あらゆる業種において、企業はガバナンスとコンプライアンス要件を遵守する必要があります。コンプライアンスによって、企業は業界標準や規制に対応することができます。今日、サーベンス・オクスリー法(SOX法)、一般データ保護規則(GDPR)、医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律(HIPAA)、情報公開法などの連邦規制や義務に準拠するために、企業はITシステムや内部プロセスにかなりの修正を加えています。

中でも文書処理に関する規制が厳しくなっています。近年のコンプライアンス要件の変化は、市場関係者に複数の課題を突きつけており、ガバナンスとコンプライアンス要件が変更されると、自動化されたワークフローはリセットする必要があります。ガバナンスやコンプライアンス要件の変化に対応する必要性が、インテリジェントな文書処理ソリューションの採用を抑制する要因として作用しています。

【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/mama1121760-intelligent-document-processing-market-by.html

【本件に関するお問い合わせ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム:https://www.gii.co.jp/contact/
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL:https://www.gii.co.jp

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。







配信元企業:株式会社グローバルインフォメーション
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

記事提供:DreamNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

とれまがマネー

とれまがマネー

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2022 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.