調査・報告 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
製品 サービス 企業動向 業績報告 調査・報告 技術・開発 告知・募集 人事 その他
とれまが >  ニュース  > リリースニュース  > 調査・報告

圧縮空気処理装置:工場エアおよびショップエア市場、2030年に20億米ドル到達予想

株式会社グローバルインフォメーション

株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:小野悟、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「圧縮空気処理装置の世界市場の規模:製品別、用途別、エンドユーザー別、COVID-19の影響の分析、地域の見通し、成長可能性、価格動向、競合の市場シェア、予測(2022年~2030年)」(Global Market Insights Inc.)の販売を9月29日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/gmi1125371-compressed-air-treatment-equipment-market-size-by.html

圧縮空気処理装置市場は、装置のライフサイクルの改善によるエアコンプレッサーの効率化により、顕著な成長を示すと予想されています。

エネルギーコストは、エアコンプレッサーをアップグレードする際の重要な要素です。これらのコストは、コンプレッサーのライフサイクルコスト(LCC)全体の75%以上を占めており、総入力電力を測定するエアチェックは、新しいコンプレッサーの利点を評価するために不可欠です。

さらに、エアコンプレッサーは、IoT機能の統合やコントローラの機能強化により、アップグレードすることができます。これらの機能強化は、稼働時間の向上、24時間365日の遠隔監視とは別に最大限の運転設定のための入力、エネルギー効率の向上のための洞察をもたらし、市場の需要を促進しています。

圧縮空気処理装置市場は、製品、用途、エンドユーザー、地域別に分類されています。

製品別に、その他セグメントが2022年~2030年の間CAGR4%で成長するものと思われます。この成長は、ドレントラップ、ピュリファイヤー、凝縮水処理装置の採用が拡大していることに起因しています。

用途別に、工場エア/ショップエア部門が2030年には20億米ドルに達すると予想されます。工場エア/ショップエアは、コンプレッサを別途購入する必要性をなくし、全体的な資本コストと運用コストを削減することが出来るため、圧縮空気処理装置の不可欠なコンポーネントです。

エンドユーザー別に、食品・飲料部門が2030年までCAGR6%で成長することが予想されます。同部門では、供給ライン全体の製品の輸送、取り扱い、および流体ポンプに、エアコンプレッサーが使用されています。これらのシステムは、圧縮空気をろ過して窒素を生成するため、食品包装プロセスで採用する際のすべての安全規制を満たしています。

鉄鋼部門は、2030年までCAGR6%で成長することが予想されます。乾燥した圧縮空気は、鉄鋼製造工場において、搬送、成形、溶接、冷却水供給、金属板の供給、灰処理、炭素含有量の制御など、さまざまな目的で必要とされます。

エレクトロニクス部門は、2030年までCAGR7%で推移すると思われます。この成長は、エレクトロニクス分野での圧縮空気の使用量が増加していることに起因しています。エアコンプレッサーは、研磨や化学堆積物の除去、部品の搬送、直接生産、PC基板の洗浄、メモリーチップ、回路基板、LCDパネル、ウェーハの組み立てのための動力空圧機器として使用されています。

地域別に、中東・アフリカ市場は、2030年までに4億米ドルに達すると予測されています。同地域では、大規模な石油化学・化学プラントの開発が進んでおり、業界の成長に大きく寄与しています。また、ヘルスケア分野の発展も、同地域の産業をさらに牽引することが予測されます。

【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/gmi1125371-compressed-air-treatment-equipment-market-size-by.html

【本件に関するお問い合わせ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム:https://www.gii.co.jp/contact/
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL:https://www.gii.co.jp

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。







配信元企業:株式会社グローバルインフォメーション
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

記事提供:DreamNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

とれまがマネー

とれまがマネー

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2022 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.