その他 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
製品 サービス 企業動向 業績報告 調査・報告 技術・開発 告知・募集 人事 その他
とれまが >  ニュース  > リリースニュース  > その他

Japan.asset management(Jam)がサポートする徳島県の官民連携による体験型施設『TurnTable』渋谷区神泉で開業

Japan.asset management株式会社

Japan.asset management(Jam)がサポートする徳島県

~隣接する渋谷区の児童公園も併せてJamで整備~

Japan.asset management株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:内山博文、以下 「Jam」)にて建物のマスターリース及び一部投資を行って参りました徳島県の体験型施設「TurnTable(ターンテーブル)」(以下、本施設)
が渋谷区神泉町にて2018年2月4日(日)よりオープンいたします。(ウエブサイト:http://www.turntable.jp/
本事業はJamとしては初のリノベーションコンサルティング事業であり、親会社であるリノベる株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:山下智弘、以下「リノベる」)との初の連携事業でもあります。
Jamは元々専⾨学校であった築21年の本施設を事業主である徳島県に紹介し、本施設の所有者である東京急行電鉄株式会社(以下、東急電鉄)との間で10年間のマスターリース契約※1を締結、貸主として一部投資も行い、難易度の高い用途変更などをサポートして参りました。
更に、隣接する渋谷区の「神泉児童遊園地」に対し渋谷区と協議を重ね、Jamがリノベると連携して再整備※2を行い、地域と共にエリアの活性化を目指す事業です。
[画像1: https://prtimes.jp/i/31278/1/resize/d31278-1-552052-3.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/31278/1/resize/d31278-1-365519-4.jpg ]



■ 徳島県が行う官民連携体験型施設「TurnTable」とは?
本施設は、従来のアンテナショップとは異なり、食や宿泊の体験を通じて、徳島県の魅力に共感してもらう施設としてスタート致します。
情報の発信力(特に人から人へ)を求めるのに文化発生の地が望ましいと考え、その中心地のひとつ東京の新しいホットスポットである奥渋谷(渋谷神泉町)にてチャレンジする決断を行い、この企画を、設計、デザイン、建築、運営、製品開発やイベント実施のクリエイティブ事業までを一気通貫で実行できるチームを、民間企業側で結成いたしました。
本事業は、徳島県が徳島の認知向上を目的に、地方創生の新しいチャレンジとして、高感度の人々が集う「都会のオーベルジュ」をテーマに運営されています。徳島の食材を使った新しい「懐かしい」を感じさせる料理を提供するレストランやバル、旬の食材を購入できるマルシェを軸に、ニーズが大きい宿泊機能も設け、従来のアンテナショップとは異なる「体験型施設」として食や宿泊の体験を通じて徳島の魅力を伝える空間を提供できることが特徴となっています。

[各階の機能]
◇1階
 マルシェ(徳島の食材を販売する「街のマルシェ」)
 バル(徳島の食材を使った軽食やドリンク,ランチBoxなどを販売)
◇2階
 レストラン(徳島の食材を国際色豊かなシェフ陣が調理)30席
 グループ用ドミトリー(3ベッド・貸切り)×2室
◇3階
 シングルルーム×4室 ・個人用ドミトリー(8人部屋)
 個人用ドミトリー(12人部屋)
◇4階
 シングルルーム×4室
 個人用ドミトリー(8人部屋)
 個人用ドミトリー(12人部屋)
◇5階
 スペシャルルーム(10ベッド・貸切り)

※1 Jamのマスターリース事業
本事業は、鉄骨造5階建、築21年のビルを取得した東急電鉄より、Jamが1棟まるごと賃貸し、徳島県に対しサブリースを行い、所有者に対し長期の収益を担保するだけではなく、リノベーション事業全般をオーナーに代わり実践することで、所有者の負担を軽減するものです。親会社のリノベるとともに、企画からリーシング、設計、施工までを一貫してサポートする事業を目指します。

[画像3: https://prtimes.jp/i/31278/1/resize/d31278-1-930601-0.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/31278/1/resize/d31278-1-195657-2.jpg ]


※2 渋谷区立「神泉児童遊園地」の再整備
本施設の改修に伴い、公民連携の新しい形を模索するために、Jamがサブリースで得た収益の一部を、隣接する区立公園「神泉児童遊園」の再整備へ投資。公園を再整備し、地域のために新しく生まれ変わった公共空間が「TurnTable」とともに、「奥渋谷」と言われる神泉エリアに新たなターゲットを呼び込み、周辺エリアの価値向上に寄与することを目指したものです。


[動画: https://www.youtube.com/watch?v=Tqagwr9MCUU&feature=youtu.be ]



■ プロジェクト概要(施設部分)
既存建物竣工年 :1996 年
改修竣工年    :2018 年
所在地 :東京都渋谷区神泉町 10-3
東急東横線・田園都市線・JR・東京メトロ「渋谷」駅 約徒歩 10 分京王井の頭線「神泉駅」徒歩 3 分
規模・構造 :鉄骨造 5 階建
用途 :専修学校⇒ホテル・飲食店・物販店舗
建築面積 :208.66 m2 (63.11 坪)
延床面積 :866.61 m2 (262.14 坪)
建物所有者 :東京急行電鉄株式会社
マスターリース :Japan.asset management 株式会社
賃借人・事業主 :徳島県
設計・施工 :株式会社 DIY 工務店、リノベる株式会社運営 :株式会社 R.project 他
施設名 :「TurnTable」
TEL       :03-3461-7733
URL   :http://www.turntable.jp

■ プロジェクト概要(公園部分)
神泉児童遊園リノベーションプロジェクト
敷地面積 :518.98 m2
工期 :平成 29 年 9 月 11 日から平成 29 年 12 月 2 日まで
事業主 :Japan. asset management 株式会社
公園デザイン監修 :リノベる株式会社
設計・施工 :株式会社阿波三松園

■ Japan. asset management 株式会社について
会社名 :Japan. asset management 株式会社
所在地 :150-0002 東京都渋谷区渋谷 3-9-10 5F
代表者 :内山博文
設立 :2016 年 8 月
URL :http://japan-a-m.co.jp/
事業内容 :既存不動産ストック活用事業のマネジメント

プレスリリース提供:PR TIMES

Japan.asset management(Jam)がサポートする徳島県Japan.asset management(Jam)がサポートする徳島県Japan.asset management(Jam)がサポートする徳島県Japan.asset management(Jam)がサポートする徳島県

記事提供:PRTimes

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2019 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.