その他 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
製品 サービス 企業動向 業績報告 調査・報告 技術・開発 告知・募集 人事 その他
とれまが >  ニュース  > リリースニュース  > その他

ポップコーンメーカーの構造を利用した低価格の家庭用の電動コーヒー焙煎機をクラウドファンディング!

ライソン株式会社

ポップコーンメーカーの構造を利用した低価格の家庭用

コーヒー豆の焙煎が自宅で、誰でも、ボタン一つで簡単に行うことができます。

ライソン株式会社は、ポップコーンメーカーの熱風式構造を利用した家庭用コーヒー豆焙煎機を2019年 Makuakeでのクラウドファンディングを行います。
URL:https://www.makuake.com/project/lithon/
価格は販売予定価格20,000円(税抜)
支援は2019年5月10日まで募集しています。
商品の出荷開始日は2019年6月末頃を予定しています。
この商品は熱風式焙煎を採用し、マイコン搭載で焙煎中の温度管理を自動で行い、「中深煎り」、「深煎り」をボタン1つで焙煎することができます。

[画像1: https://prtimes.jp/i/39618/4/resize/d39618-4-523409-0.jpg ]



今までの焙煎機相場より安い価格帯で発売することにより、今まで焙煎機が欲しくても買えなかった人や焙煎に興味があるがどうやったらいいのかわからないといった人に焙煎機を普及させたいと考えています。

■一人のお客様からの発案から生まれる
そもそも弊社が10年前から販売しているD-STYLISTポップコーンメーカーを改造し、コーヒー豆を焙煎する動画が有名動画サイトなどでアップされ、焙煎機として改造する方法などをポップコーンメーカー購入者がブログで紹介していました。

約2年前、一人のお客様が弊社にポップコーンメーカーを利用した低価格の焙煎機を作ってくれないかとお電話をいただき、開発がスタートしました。

■商品の特徴
従来のポップコーンメーカーで焙煎機をつくるには、火力が足りないといった弱点や長時間運転に耐えることができない構造だということがわかりました。

そこで、最高温度250℃まで加熱可能なヒーターへの変更と長時間運転にも耐えうるステンレス製で設計をしました。

また、焙煎中に出るチャフと呼ばれる豆のカスを蓋に回収できる構造にし、お手入れが楽にできるようにしました。
[画像2: https://prtimes.jp/i/39618/4/resize/d39618-4-803680-3.jpg ]



焙煎終了後は、焙煎を止めるためにヒーターをストップし、ファンのみで送風を行い、焙煎豆を冷却します。

[画像3: https://prtimes.jp/i/39618/4/resize/d39618-4-375720-4.jpg ]



プロの焙煎は高度な技術、温度管理が必要ですが、初心者の方でも簡単に使っていただけるように「中煎り」「深煎り」のモードをプリセットしています。
焙煎中の温度をマイコンでコントロールすることにより、誰でも簡単に焙煎を可能にしました。


[画像4: https://prtimes.jp/i/39618/4/resize/d39618-4-119942-2.jpg ]

一度に焙煎できる最大量は生豆60gです。

焙煎後は約50gになり、約5~6杯のコーヒーを淹れることが可能です。

■焙煎後のコーヒー豆は2週間しか味わいを保てない

焙煎後のコーヒー豆の美味しさは約2週間しか保てないと言われています。

自家焙煎コーヒー豆を大量に購入しても、それを2週間で飲むことができなければ、香りや味が落ちてしまいます。

焙煎する前の生豆の状態の賞味期限は2~3年と言われています。
生豆状態で保管しておくことで、ホームロースターがあれば、いつでも飲みたい分だけ焙煎することができます。

しかも、生豆は通常、焙煎豆より安く販売されています。

飲みたい分だけを焙煎することができるので、賞味期限切れのコーヒー豆の廃棄を極力抑えることが可能です。

■自宅で焙煎するメリット
自宅で焙煎するメリットは大きく3つあります。

焙煎豆の賞味期限を気にしなくていい
焙煎後の豆より、生豆の方が安くてリーズナブル
煎りたて、挽きたて、淹れたてのコーヒーが飲める


「自家焙煎」から「自宅焙煎」へ!
このホームロースターを開発していくうちに、自分の家でできる「自宅焙煎」をもっと普及させることができないだろうかという思いが強くなってきました。

「自家焙煎」を掲げる個人珈琲店やカフェが増加していく中、このホームロースターを使ってそういった個人経営のお店が生豆の定期購入ビジネスなどサブスクリプションビジネスを広げることも可能です。

今までの家庭用の焙煎機は「高い」、「使い方が難しそう」などイメージがありますが、このホームロースターで焙煎を身近に感じていただければと思います。

■クラウドファンディング概要
URL: https://www.makuake.com/project/lithon/
一般販売予定価格:20,000円(税込)
クラウドファンディング早割価格:15,000円(税込、送料込)
支援募集期間:2019年3月15日~5月10日
商品発送予定日:6月末予定

■今後の展開について
クラウドファンディング終了後は、7月3~5日まで開催されるカフェレスジャパン(http://caferes.jp/outline/)に出展する予定です。

■商品スペック


[表1: https://prtimes.jp/data/corp/39618/table/4_1.jpg ]


販売会社について


[表2: https://prtimes.jp/data/corp/39618/table/4_2.jpg ]


プレスリリース提供:PR TIMES

ポップコーンメーカーの構造を利用した低価格の家庭用ポップコーンメーカーの構造を利用した低価格の家庭用ポップコーンメーカーの構造を利用した低価格の家庭用ポップコーンメーカーの構造を利用した低価格の家庭用

記事提供:PRTimes

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2019 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.