その他 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
製品 サービス 企業動向 業績報告 調査・報告 技術・開発 告知・募集 人事 その他
とれまが >  ニュース  > リリースニュース  > その他

PlayStation(R)4『龍が如く5 夢、叶えし者』爽快感&躍動感に満ち溢れた“新生・ケンカバトル”の詳細を公開

株式会社セガゲームス

PlayStation(R)4『龍が如く5 夢、叶えし者』爽快感&

伝説の復活はPS4(R)で。

株式会社セガゲームスは、2019年6月20日(木)発売予定のPlayStation(R)4専用ソフト『龍が如く5 夢、叶えし者』(以下『龍が如く5』)につきまして、「バトル」の詳細を公開いたしました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/5397/2708/resize/d5397-2708-494591-1.jpg ]


■モーションから演出まで、大幅にパワーアップ

[画像2: https://prtimes.jp/i/5397/2708/resize/d5397-2708-298449-2.jpg ]

『龍が如く5』のバトルは、基本部分から大幅に刷新が行われ、立ち姿やモーションもすべて作り直された。歩き方一つとっても前作『龍が如く4 伝説を継ぐもの』よりもリアルになったのがわかるほど。さらに、敵側もバトル中に携帯電話で仲間を呼び出したり、こちらの強さに慌ててしまったりすることもあるなど、思考や演出も大きくパワーアップしている。
さらに、特定の条件を満たすとくり出せる、各主人公特有の特殊技“絶技”が追加された。圧倒的な身体能力を活かし、もはや人間の域を超越しているド派手な見た目と威力の高さを誇る大技で、それらを食らう敵に同情したくなるほど。

●桐生 一馬
桐生はパワー、スピード、技のバリエーションと、すべてに隙がないオールラウンダー。武器を使っても強い。
[画像3: https://prtimes.jp/i/5397/2708/resize/d5397-2708-563159-3.jpg ]

そんな桐生の絶技“怒龍の気位”。発動中は無敵状態になって、敵の攻撃をものともせずに特攻可能に。怒りを込めて荒々しく敵をねじ伏せる、恐ろしい技だ。

[画像4: https://prtimes.jp/i/5397/2708/resize/d5397-2708-594243-4.jpg ]


●冴島 大河
冴島はパワー特化型。動きはやや遅く隙は大きいが、当たればとんでもない一撃を与えられる。さらに、突進技や投げ技など、豪快なアクションが多い。
[画像5: https://prtimes.jp/i/5397/2708/resize/d5397-2708-745009-5.jpg ]

絶技“猛虎の心得”は、人間離れしたパワーを最大限に活かしたもので、建物の配電盤や道路標識を引きはがして武器にして戦うことができる。恐ろしいことに“物”だけでなく、目の前で戦っている敵さえも手足を掴んで武器にしてしまう。

[画像6: https://prtimes.jp/i/5397/2708/resize/d5397-2708-395986-6.jpg ]


●秋山 駿
秋山の魅力は、スピードと多彩なキック。手数の多さで、敵に反撃させずに蹴り倒す“スピードスター”の魅力は前作に続いて健在だ。
[画像7: https://prtimes.jp/i/5397/2708/resize/d5397-2708-790553-7.jpg ]

秋山の絶技は“エアストライク”。強烈なキックで敵を空中に打ち上げたところに、さらに蹴りを連続で叩き込むというアクロバティックな技だ。

[画像8: https://prtimes.jp/i/5397/2708/resize/d5397-2708-289796-8.jpg ]


●品田 辰雄
あまりに人間離れしている桐生、冴島、秋山と比べ、品田はだいぶ“庶民寄り”。しかし、野球をやっていたころの癖が出るのか、ピッチングやバッティングのフォームで拳を振るったり、足払いがスライディングタックルになったりするなど、モーションに大きな特徴がある。
[画像9: https://prtimes.jp/i/5397/2708/resize/d5397-2708-376137-9.jpg ]

品田の絶技“俺流 流星タックル”は、敵に組みついてからそのまま全力で押し込む、強烈なタックル攻撃。組み付いた後は壁に叩きつけたり、そのまま押し倒したり、投げ飛ばしたりできる。

[画像10: https://prtimes.jp/i/5397/2708/resize/d5397-2708-551905-10.jpg ]


●個性溢れるヒートアクション
強烈なものからコミカルな見た目のものまで存在する、シリーズおなじみの大技“ヒートアクション”も前作よりパワーアップ。技の前後の演出が強化され、より使いやすくなった。さらに、新要素として特殊な条件を満たすと発動でき、文字通り戦いを終わらせるほどの威力を誇る“クライマックスヒート”が登場。ボタン入力で威力が変化する、絶技と並ぶ大技だ。
[画像11: https://prtimes.jp/i/5397/2708/resize/d5397-2708-640246-11.jpg ]

[画像12: https://prtimes.jp/i/5397/2708/resize/d5397-2708-505112-12.jpg ]

[画像13: https://prtimes.jp/i/5397/2708/resize/d5397-2708-951326-13.jpg ]

[画像14: https://prtimes.jp/i/5397/2708/resize/d5397-2708-480846-14.jpg ]


さらに、5つの各都市限定の“ご当地ヒートアクション”も登場する。“雪だるまの極み”は、札幌・月見野の雪が積もったエリア限定で、冴島が発動できる技。地面の雪で敵を包み込んで雪だるまにしてしまうという、インパクト満点の技となっている。
[画像15: https://prtimes.jp/i/5397/2708/resize/d5397-2708-192926-15.jpg ]


●ミニストーリー仕立てで技を閃く“天啓”
街で見かけたおもしろい光景をもとに新技を閃くという、シリーズではおなじみの“天啓”。『龍
が如く5』では、閃くまでのストーリーが大幅に強化され、ひとつのサブストーリーとしても楽しめるようになった。さらに、バトル中に突然技を閃くパターンも新たに登場する。


[画像16: https://prtimes.jp/i/5397/2708/resize/d5397-2708-641664-17.jpg ]


●遥の戦いはリズムアクションゲーム!
トップアイドルを目指す遥のシナリオでのバトルは、桐生、冴島、秋山、品田と異なり、リズムアクション形式の“ダンスバトル”が行われる。街にいるダンサーに話し掛けて対戦を申し込むのだ。
[画像17: https://prtimes.jp/i/5397/2708/resize/d5397-2708-346817-18.jpg ]

ヒップホップ・ハウス・アイドル・ジャズ・ロックの計5ジャンルの楽曲を収録しているダンスバトルでは、キャラクターの上下左右四方向に配置されたフレームに流れてくるボタンを、タイミングよく押していく。コンボがつながると、遥が派手なアクションを起こしてくれることも。

[画像18: https://prtimes.jp/i/5397/2708/resize/d5397-2708-636360-19.jpg ]


また、他の主人公たちの“ヒートアクション”にあたる要素として“ダンスヒート”が存在する。ヒートゲージが一定以上溜まっていれば任意のタイミングで発動させることができ、不利な状況も一気に逆転できるほどの威力を発揮してくれる。
[画像19: https://prtimes.jp/i/5397/2708/resize/d5397-2708-840945-20.jpg ]

ダンスバトルに勝利すると、遥のアイドル能力のひとつ“表現力”を鍛えることができる。遥のシナリオにおいて大切な要素のひとつなのだ。

[画像20: https://prtimes.jp/i/5397/2708/resize/d5397-2708-203745-21.jpg ]


■『龍が如く5 夢、叶えし者』とは
2012年12月。桐生一馬は福岡の歓楽街の片隅で、素性を隠しながらタクシードライバーとしての日々を過ごしていた。すべては大事な人間の夢を叶えるため。一方その頃、東西一大戦争という一触即発の事態に陥る東城会。かつて伝説の龍と呼ばれた男は、旧友の危機に再び立ち上がるのか?
全国5大都市を巡る、夢によって人生を大きく変えられた「四人の男と一人の少女」の壮大な物語が始まる。

PlayStation(R)3で好評を博した、大人のためのエンタテインメント作品が『龍が如く5 夢、叶えし者』です。PS4(R)版は、2019年6月20日に3,990円(税別)で発売。PS3(R)版と比べ解像度が720pから1080pへ、フレームレートが30fpsから60fpsへと向上し、より高画質でなめらかなゲーム体験をお楽しみいただけます。
また、パッケージ版・ダウンロード版共通の特典として「『龍が如く5 夢、叶えし者』オリジナルサウンドトラックのプロダクトコード」を、パッケージ版の特典として、iOS/Android/PCでサービス中の『龍が如く ONLINE』で使用できる「『龍が如く ONLINE』キャラクター特典コード」が記入されたチラシをご用意いたします(※特典はiOS/Android/PCのいずれのプラットフォームでも有効ですが、特典コードの入力はPC版からのみ可能です)。

PS4(R)専用ソフト『龍が如く5 夢、叶えし者』プロモーション映像
https://youtu.be/c7z2QhfTte8

【出演】 黒田崇矢・山寺宏一・釘宮理恵・小山力也・森川智之
哀川翔・大東駿介・片瀬那奈・徳重聡・吹越満・奥田瑛二
【楽曲提供】 氷室京介 / GOSPELS OF JUDAS
【総合監督】 名越稔洋

■『龍が如く』シリーズとは
「大人向けのエンタテインメント作品」というコンセプトの元、2005年に誕生。愛、人情、裏切り……巨大歓楽街に生きる熱き男たちの生き様を描いた。これまでゲームが決して踏み込むことのできなかったリアルな現代日本を表現し、累計出荷本数1,100万本を超えるシリーズ作品となっている。

【 商品概要 】
商品名 : 龍が如く5 夢、叶えし者
対応機種 : PlayStation(R)4
発売日 : 2019年6月20日(木) 発売予定
価格 : パッケージ版・ダウンロード版 3,990円(税別)
ジャンル : アクションアドベンチャー
プレイ人数 : 1人
発売・販売 : 株式会社セガゲームス
CERO表記 : D区分(17才以上対象)
著作権表記 : (C)SEGA
公式サイト : http://ryu-ga-gotoku.com/ps4five/
公式Twitter : https://twitter.com/ryugagotoku/
※本作はPlayStation(R)3で発売された『龍が如く5 夢、叶えし者』をPlayStation(R)4用に高解像度&高フレームレート化したリマスター版です。内容はオリジナル版と基本的に同一ですが、一部仕様変更がございます。

■記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES

PlayStation(R)4『龍が如く5 夢、叶えし者』爽快感&PlayStation(R)4『龍が如く5 夢、叶えし者』爽快感&PlayStation(R)4『龍が如く5 夢、叶えし者』爽快感&PlayStation(R)4『龍が如く5 夢、叶えし者』爽快感&PlayStation(R)4『龍が如く5 夢、叶えし者』爽快感&

記事提供:PRTimes

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2019 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.