その他 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
製品 サービス 企業動向 業績報告 調査・報告 技術・開発 告知・募集 人事 その他
とれまが >  ニュース  > リリースニュース  > その他

「WIRED.jp」2020年1月来訪者数560万UU達成!PV数は5,900万超え 

コンデナスト・ジャパン

「WIRED.jp」2020年1月来訪者数560万UU達成!PV数は5,

https://wired.jp/

世界をリードするイノヴェイションメディア『WIRED(ワイアード)』の日本版ウェブサイト「WIRED.jp (https://wired.jp/)」は、2020年1月の月間訪問者(UU:ユニーク・ユーザー)数が560万人を超え、前年同時期の月間来訪者数(UU)の約2倍に成長、総PV(ページ・ビュー)数も月間5,900万PVを達成したことをお知らせいたします。
[画像: https://prtimes.jp/i/930/661/resize/d930-661-300343-0.png ]


これまで『WIRED』日本版は、2011年のローンチ以来、“いま 起こっている事実やニュースの先にある、未来”の社会の姿を見通すヒントや教養となる情報をタイムリーに読者に届けるべく、「WIRED.jp」におけるコンテンツの充実を図ってまいりました。こうした取り組みの結果として2017年以降、継続的に過去最高のUUとPVを更新し続けてきた事実は、未来を読み解くために必要な独自の視点を得たいという読者のニーズに的確に応えられているだけでなく、先進的な読者を中心に高いエンゲージメントを獲得できていることも示しています。

今後もこうした読者のニーズに応えるべく、他にはない独自の視点をもったコンテンツをこれまで以上に充実させてまいります。また、読者とのエンゲージメントを更に高めていくため大小さまざまなリアルイヴェントの企画開催や、コミュニティ型の有料メンバーシップモデル「WIRED SZメンバーシップ」向けのコンテンツの充実などを通じて、更なる成長を目指してまいります。

「WIRED.jp」の特徴と強み
1. 『WIRED』 ならでは の新しい視点
単なるファクトニュースではなく、『WIRED』 でしか読めない新しい視座(インサイト インスピレーション)を提示しています。ひとつのニュースに対して、テクノロジー、社会問題、ライフスタイル、科学的な専門領域といった複数の切り口から、重層的に記事提供をすることで、読者の高い再訪頻度と回遊率が実現されています。

2. コンテンツの多様性
『WIRED』はテクノロジーやカルチャーといったテーマはもちろんのこと、科学や医療、環境問題などのイシューについても、深いインサイトとともに情報発信を行っています。科学や医療、環境問題などについてインターネットにおける検索結果の上位に官公庁や研究機関のページが並ぶ中、メディアのウェブサイトである『WIRED』の記事が検索結果の上位に並ぶ結果となっていることは、『WIRED』の信頼性が高い証明でもあります。また、『WIRED』日本版では昨年12月、「DEEP TECH FOR THE EARTH」と題して環境問題やサステナビリティを扱う特集を本誌とウェブサイトで展開しましたが、以前からWell-being、Natureの分野には継続的に注力しており、多くの反響を集めています。

3. ソーシャルメディアパワー
『WIRED』のメディアパワーの特徴として、60万人以上のソーシャルメディアのフォロワーがいることから、サイトへの流入がオーガニック検索、ソーシャルメディア、リファラーとマルチチャネルでリーチできていることが挙げられます。このことは他のテクノロジー系メディアやニュースメディアと比較しても、大きな優位性となっています。またPVはUUに対して約10倍と、読者との高いエンゲージメント率を維持しながらリーチを拡大し続けています。

4. メンバーシップ限定のコンテンツ
昨年『WIRED』は、社会に新しい価値を実装するためのプラットフォームとして、オンライン・メンバーシップ「WIRED SZ メンバーシップ(Speculative Zone=特区)」をスタートしました。「WIRED SZメンバーシップ」には、次の10年を見通すためのインサイト(洞察)が詰まった選りすぐりのロングリード(長編)を中心に、『WIRED』日本版の編集部が、週毎に設定されるテーマに沿ってセレクトした記事が届けられます。そのほか、記事をさらに読み解くメンバーシップ限定ニュースレターや、雑誌『WIRED』日本版のデジタル版もお届けしています。今後は会員限定のイヴェントなども展開していく予定です。

【WIRED SZ メンバーシップ】
■特典内容
○ DIGITAL ARTICLES
月~金に毎日1本、週のテーマにそって編集部がセレクトしたメンバー限定記事を配信
○ NEWSLETTER
今週のテーマを改めて読み解き、次週の読みどころを解説するニュースレターが週末に届く
○ MAGAZINE PDF
雑誌『WIRED』日本版<価格:1,200円(税込)/年4回発行予定>PDFダウンロード
■料金:月額980円(税別)
■お申し込み方法:WIRED.jp内の「WIRED SZ メンバーシップ」ページhttps://wired.jp/membership/

■WIRED(ワイアード)
1993年に米国で創刊し、現在6のエディションで展開する、世界で最も影響力のあるテクノロジーメディア『WIRED』の日本版として、2011年6月にウェブサイトと雑誌を同時にスタートしました。『WIRED』日本版は、テクノロジーの進化を通して、ライフスタイルからビジネス、カルチャー、エンターテインメントまで、その明確な未来へのインサイトを人々に提示し、イノヴェイターたちをインスパイアするメディアです。

プレスリリース提供:PR TIMES

記事提供:PRTimes

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2020 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.