その他 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
製品 サービス 企業動向 業績報告 調査・報告 技術・開発 告知・募集 人事 その他
とれまが >  ニュース  > リリースニュース  > その他

RTB Houseが、2020年におけるマーケティングテクノロジーの最重要トレンドを発表

RTB House Japan株式会社

RTB Houseが、2020年におけるマーケティングテクノロ


プレスリリース
2020年2月14日

RTB Houseが、2020年におけるマーケティングテクノロジーの最重要トレンドを発表

ディープラーニング(深層学習)に基づいた最先端のマーケティングテクノロジーをグローバル展開するRTB House(本社:ワルシャワ、社長:ロバート・ディチコフスキー)は、2020年におけるマーケティングテクノロジー(以下マーテック)の最重要トレンドを発表しました。業界の急速な発展とともに企業がトレンドを常に把握する必要がある中、課題となる消費者の行動予測や注目を集めるための最新の施策をご紹介します。

人工知能(AI)

人工知能は将来的に国際産業の重要分野を形成すると予測されており、技術開発はすでに進められています。Techgrabyteによると、人工知能は今後数十年の間に様々な企業、産業、そして国に大きな商機を提供すると予想されているほか、2030年までに世界のGDPを14%押し上げるとも予測されています[1]。人工知能は消費者行動や検索パターンと、ソーシャルメディアやブログのデータを掛け合わせることが可能なことから、消費者がどのように商品やサービスを見つけているのかを企業が分析することに貢献します。


パーソナライゼーション

2020年におけるマーケティングの成功の決定要因はパーソナライゼーションだと予測されています。パーソナライゼーションを必要とするものは情報や商品、Eメールなど多岐にわたり、消費者の63%が一般的な広告を迷惑だと思っているのに対して、パーソナライゼーション広告には消費者の90%が好意的に捉えています[2]。Netflixがユーザーごとにおすすめの作品をカスタマイズしているのはパーソナライゼーションの成功例です。また、EasyJetは顧客の渡航履歴からその顧客が次回に行きたいと思うであろう旅行先をEメールで提案しました。この施策では合計1250万件のEメールが送信され、一般的なEメール広告より25%高いクリック率を達成しました[3]。


ビデオマーケティング

ビデオマーケティングはすでにトレンドの主流であり、この傾向は継続すると考えられます。モバイル対応が進む中、ウェブサイトやEメールを通じて伝えていた情報をビデオにまとめることも可能です。消費者はビデオのほうに納得感を持つことからGoogleはビデオを含むウェブサイトを検索結果上位に出し、その結果としてビデオを含むウェブサイトはテキストを含むサイトと比較した場合、最大50倍ものオーガニック検索経由のトラフィックを獲得することが可能です[4]。ライブビデオや顧客に合わせたビデオメッセージ、360度ビデオやビデオのSEO対策などが2020年ではより強固なトレンドになると予測されます。


プログラマティックマーケティング

今年成長が予測されるトレンドとして、プログラマティックマーケティングがあります。プログラマティックマーケティングは人工知能を活用し、購入が見込まれるターゲットグループに向けた広告入札を自動化します。デジタル広告を通じた購入にパーソナライゼーションが期待されている今、プログラマティックマーケティングは企業が迅速かつ効率的に消費者にアプローチする費用対効果の高い手段であり、コンバージョン率の引き上げ、顧客獲得コストの低下が期待されます。


ソーシャルコマース

Eコマースとソーシャルメディアは急速に拡大成長しており、ブランドは売上高の最大化を目指してそれらを組み合わせて活用しています。2019年3月に、Instagramはユーザーがプラットフォーム上で購入を完結できるInstagram Checkoutを展開しました。この購入プロセスを効率化する機能によりInstagramは企業の新規顧客開拓が容易になると考えており、販売側は消費者が購入プロセスの途中でアプリを切り替える必要のないことから、購入のキャンセルリスクを最小限に抑えられると期待しています。Instagramの約10億人のユーザーの90%がショッピングブランドをフォローしているといわれる今、ビジュアルプラットフォームはマーケターにとって最適なツールとなっています。


[1] https://techgrabyte.com/economic-value-artificial-intelligence-growth-impact/?fbclid=IwAR2rJDGCm3JzpPx5_Njn189kjmKlE-ph_skZdbKGl3EoRBR4zLMGQOeLTQE
[2] https://instapage.com/blog/personalized-marketing
[3] https://blog.globalwebindex.com/marketing/personalized-marketing-works/
[4] https://bluelist.co/blog/stats-to-understand-seo/


---
RTB Houseについて

RTB Houseはポーランド・ワルシャワに本社を置き、最先端のマーケティングテクノロジーを世界のトップブランドに提供しています。RTB Houseはディープラーニング(深層学習)に基づいた世界初および唯一の広告入札エンジンを独自開発、広告主の短期・中期・そして長期の目標達成に貢献しています。2012年の創業以来チームは急速に拡大しており、現在500人以上のプロフェッショナルがニューヨーク、ロンドン、東京、シンガポール、サンパウロ、モスクワ、イスタンブール、ドバイ、ワルシャワなど30以上の拠点で、1600を超える提携企業にサービスを提供しています。2018年には深層学習をアルゴリズム全てに展開したほか、新しいマーテックソリューションを発明・開発するAIマーケティングラボ、パフォーマンスに優れたダイナミックなディスプレイやビデオバナーを広告主に提供するソリューションを開発するクリエイティブラボを開設しました。

詳細は https://www.rtbhouse.com/jp/ をご覧ください。

プレスリリース提供:PR TIMES

記事提供:PRTimes

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2020 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.