その他 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
製品 サービス 企業動向 業績報告 調査・報告 技術・開発 告知・募集 人事 その他
とれまが >  ニュース  > リリースニュース  > その他

(株)AI Samuraiは、操作のコツをご紹介する『AI Samurai あんちょこ』を配信致します。【明日7/3開催記念セミナー 参加予定者200名突破!申込締切は本日午後3時まで!】

株式会社AI Samurai

(株)AI Samuraiは、操作のコツをご紹介する『AI Samur

AI Samurai(R)の効率的な使い方について、動画も交えながらわかりやすくご説明します(https://note.com/aisamurai

AI特許類似文献評価システム『AI Samurai(R)』を開発・販売する株式会社AI Samurai(エーアイサムライ、本社:東京都千代田区、代表取締役社長CEO 白坂 一)は、公式noteにて毎週火曜日に、類似文献評価システムAI Samurai(R)のサポート機能を中心に操作のコツをご紹介する『AI Samurai あんちょこ』を配信いたします。
(株)AI Samuraiは、AI特許類似文献評価システムAI Samurai(R)をより深く知って頂くために、公式noteアカウントを開設しています。(https://note.com/aisamurai
毎週火曜日には、弊社のプロダクトであるAI Samurai(R)を、より深くより効率的に利用していただけるように、システムのサポート機能を中心に操作のコツ(TIPS)をご紹介する記事を配信しています。AI Samurai(R)をご利用頂くうえで、調査結果に物足りなさを感じたり、想像していた結果が得られない、という際にはサポート機能を利用することで、調査結果に変化が生じます。どのサポート機能を、どうように、どの程度の加減で利用すれば良いのか。サポート機能を中心とした操作方法について、文章&動画にて解説しています。

[画像1: https://prtimes.jp/i/21559/145/resize/d21559-145-162328-0.png ]

               『AI Samurai あんちょこ』の一例(抜粋)


[画像2: https://prtimes.jp/i/21559/145/resize/d21559-145-900047-1.jpg ]


AI Samurai あんちょこ執筆者: 北村智美

神奈川県出身。立命館大学産業社会学部産業社会学科卒業。
航空会社の地上職、大学病院の教授兼医局秘書を経て、2018年に(株)AI Samuraiへ入社。2019年9月よりカスタマーサポートを立ち上げ目下奮闘中。

<北村コメント>
「弊社のプロダクトである類似文献評価システム「AI Samurai」に親近感をお持ちいただけるよう、身近な話題なども交えながら堅苦しくないエッセイのようなスタイルで執筆しております。読者の方に「AI Samurai」のイメージをより分かり易くお伝えするため、操作説明動画の掲載もしております。バックナンバーに関しても動画を追って掲載していく予定です。noteで掲載する内容に関するリクエストやご意見も随時募集しております。」


AI Samurai(R)について
自粛制限によって業務に支障が出るのは、対面営業を行う方たちだけではありません。企業の新しい発明を担っている研究開発部門の方々も、テレワークではスムーズに業務遂行できないと感じたことはありませんか。
AI Samuraiは世界で初となる、「AIを利用した特許類似文献評価システム『AI Samurai(R)』」の開発及び販売を行っています。AI Samurai(R)は、創出したアイデアや発明に対して、AIがその発明についてどのような公知例が存在するか、またその発明の特許取得可能性を判定するシステムです。

6月1日より、日・米・中3カ国対応版『AI Samurai DELTA』遂に登場!!
<AI Samurai DELTAの魅力>
1.中国特許検索であっても、発明内容を日本語で入力するだけでOK。
自動的に翻訳されるため、日本特許検索と同じ感覚で中国特許検索も操作可能です。
初めて操作する方でも直観的に操作できる、分かり易いユーザーインターフェースを導入しています。入力は日本語や英語等の各国言語に対応しているので、「発明内容」をそのまま入力するだけで中国特許を対象とした発明内容の評価から類似文献の抽出まで自動的に処理を実行。日本特許や米国特許等、各国特許の中国特許による無効資料調査も簡単に実施することができます。

2.中国特許検索であっても、構成要件毎に各文献の該当箇所を日本語で表示。
同一画面上で各構成要件vs.各文献の該当段落の表記を日本語で確認可能です。
従来のAI Samurai(R)同様、「発明内容」を構成要件ごとに分割し、自動的にクレームチャートを生成します。さらに構成要件ごとに、各類似文献の中から類似度の最も高い箇所を段落単位で提示。段落の表示は日本語での表示も出来るので、クレームチャートを確認しながら、各構成要件と各文献の該当段落の表記を日本語で比較確認することが可能です。

7月3日(金)開催 AI Samurai DELTA販売記念セミナー第2弾!
本特別セミナーでは、日本・米国・中国3ヶ国の特許調査を短時間で高品質に実現する『AI Samurai DELTA(R)』、及び、新機能となる『AIコラボ検索(通称:NINJAモード)』(入力した発明内容からAIが検索式を自動的に生成する機能)をご紹介しながら、AIの活用、AIとの付き合い方に触れながら、知的財産業務におけるDX(デジタルトランスフォーメーション)の進め方について講演を致します。また、株式会社TLO京都の代表取締役社長 佐々木剛史氏をお迎えし、日本の技術競争力強化における課題について、企業とアカデミアの両面からお話頂きます。また、トヨタテクニカルディベロップメント株式会社の宮澤悠弁理士は「知財実務におけるAIの活用事例~効率的な利用方法と今後の課題~」という内容で講演していただきます。
なお、セミナーにご参加頂き、アンケートにご協力頂いた方の中から100名様に期間限定でAI Samurai(R)を無料で利用できるパス(ID)をご提供させて頂く予定です(6月17日開催のセミナーにて、無料で利用できるパス(ID)を提供した方は対象外となります。)!
質疑応答のお時間もご用意しておりますので、奮ってご参加ください。
[画像3: https://prtimes.jp/i/21559/145/resize/d21559-145-560533-2.jpg ]

―概要―
日時: 2020年7月3日(金)/15:00 ~ 17:30
開催: オンライン開催YouTube Live(アクセスするURLは申し込み頂いた方に別途、お知らせ致します。)
対象: 知財戦略にご興味のある知財ご担当者、経営戦略ご担当者
参加費:無料
※上記情報は変更させて頂く場合もございます。最新情報は弊社HPで必ずご確認ください。

【7月3日セミナー申し込み方法】
申し込みURL:https://forms.gle/EkbrxdkYc7KEvgqk9
申込期日:2020年7月2日(木)
※登録者数の関係上、多くの申込があった場合は抽選の形式にさせていただきますことをご容赦ください。

【前回6月17日セミナー視聴希望】
上記で申しました通り、前回の6月17日の視聴を見逃した方は以下URLから申込頂ければ、YouTubeのアクセスURLをご案内致します。
6月17日セミナー申込URL:https://forms.gle/uzHRYXM9tfkhXChx9


株式会社AI Samurai
代表取締役社長:白坂 一
会社設立:2015年9月11日
所在地:東京都千代田区大手町1‐6‐1大手町ビル4階
資本金:4億9978万円(2019年8月31日現在)
事業内容:知的財産関連IT・分析サービスの提供
URL:https://aisamurai.co.jp/


本リリースに関するお問い合わせ先
株式会社AI Samurai
担当者:播磨 里江子
TEL:03-6270-5577
e-mail:info@aisamurai.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES

(株)AI Samuraiは、操作のコツをご紹介する『AI Samur(株)AI Samuraiは、操作のコツをご紹介する『AI Samur

記事提供:PRTimes

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2020 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.