その他 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
製品 サービス 企業動向 業績報告 調査・報告 技術・開発 告知・募集 人事 その他
とれまが >  ニュース  > リリースニュース  > その他

“貝印”の刃物加工技術と“リバースプロジェクト”の 普遍的な美しいデザインが融合した共同企画

貝印 株式会社

“貝印”の刃物加工技術と“リバースプロジェクト”の 普

ずっと使い続けられる一生モノの包丁 「KLIFE(ケイライフ)」 2月23日より販売開始

国内包丁シェアトップの貝印株式会社(以下、貝印)とさまざまな社会貢献活動を行う株式会社リバースプロジェクト(以下、リバースプロジェクト)は、共同企画製品となる、“ずっと使い続けられる一生モノの包丁”をコンセプトとした新製品「KLIFE(ケイライフ)」を、12月1日(月)より貝印およびリバースプロジェクトのオンラインショップにて先行予約を開始し、2月23日(月)に貝印の公式オンラインストア限定で販売を開始いたします。
貝印とリバースプロジェクトは、「100年先にあるべき未来の姿を見つめ直す」という考えにお互いが共感し、2010年よりCSR活動を中心とした取り組みを開始。以降、リバースプロジェクトの代表である伊勢谷友介氏が、パーソナリティを務めるラジオ番組を制作し、「100年後の未来をつくるニッポンの現場」をテーマに地域の文化を紹介するなど、ユニークなCSR活動を両社で行ってきました。

そしてこの度、初の共同企画製品として、“捨てることなくずっと使い続けられる一生モノの刃物”をコンセプトに「KLIFE(ケイライフ)」を開発いたしました。リバースプロジェクト代表の伊勢谷氏の、「ずっと使い続けられる包丁」を製品化したいという発想に、100年以上に渡り、一貫した国内での製造にこだわってきた貝印の刃物加工技術が融合し実現。買い替えが通常である包丁を、“捨てずに使い切る”という、環境を考慮したメッセージが込められています。

「KLIFE(ケイライフ)」は、様々な調理シーンに対応するシェフズナイフとパン切り専用ブレットナイフの2種をラインナップしており、すべての製品にはシリアルナンバーが刻まれています。製品名は、KNIFE(包丁)とLIFE(一生)を掛け合わせた造語で、本製品のコンセプトを表現しています。

素材は、切れ味と耐久性、研ぎやすさを兼ね備えたモリブデンバナジウムステンレス刃物鋼を採用。柄と刃がスムーズに繋がる一体型構造で機能美とデザイン美を両立し、長きに渡って使っていただける包丁となっています。ポイントは、持ち手の柄の部分で、どの角度からも美しく見えるカッティングでデザインされています。また、グリップ感にもこだわり、様々な手の形に合わせるために、何度も試作を重ね、ミクロン単位での調整を行いました。

さらに、「KLIFE(ケイライフ)」を使い続けて頂くために、「包丁の研ぎ直しサービス」も実施します。購入して頂いた製品を、専用のパッケージに入れて貝印にお送りいただくと、プロの研ぎ師が研ぎ直しを行い、ご返却させて頂きます。

貝印とリバースプロジェクトは、「100年先の未来を考えた取り組み」を今後も展開し、両者の強みを生かした活動を行うとともに、「日本文化」の継承に努めてまいります。

【商品の特徴】
・シリーズ名: KLIFE(ケイライフ)
・価格: シェフズナイフ 税込12,960円 (税抜12,000円) ブレッドナイフ 税込10,800円 (税抜10,000円)
・サイズ: シェフズナイフ 全長33cm/刃渡り18cm   ブレッドナイフ 全長31cm/刃渡り15cm
・発売日: 2015年2月23日(月)
・販売:
 12月1日(月)先行予約:貝印 公式オンラインストア(http://www.kai-group.com/store/)
             リバースプロジェクト オンラインショップ(http://shop.rebirth-project.jp/)
  2月23日(月)販売開始:貝印 公式オンラインストア(http://www.kai-group.com/store/)

・特徴1:「使い切る包丁」というコンセプト
「100年先にあるべき未来の姿を見つめ直す」という、貝印とリバースプロジェクトの共通の考えのもと、伊勢谷氏の、「ずっと使い続けられる包丁」というコンセプトを製品化。企画・デザインをリバースプロジェクト、刃物加工・製造を貝印が担当しました。買い替えが通常である包丁を、“捨てずに使い切る”という、環境を考慮したメッセージが込められています。

・特徴2:こだわり抜いた、デザイン
金属製工業製品ならではの美しさを最大限に引き出すために、見る角度によって様々な光を映し出すグリップ部を、平面と曲面を一本の稜線が伸びるようにバランス良く配置。普遍的な美しさを持ちながら秀逸なデザインに仕上げています。グリップ部は、指と掌を点ではなく面で当てる持ち方が適していると考え、断面形状には六角形をほどこし、使用者のあらゆる手のサイズに対応するため後端にかけて断面形状を小さく細くし、握り易さと使い易さの両面を追求しています。重量バランスを少し後ろに加えることで刃先が軽くなり、より繊細なカッティングを可能にしています。また、従来の刃物製品とは異なり、グリップと刃が滑らかな面でつながれたデザインによって、使用後の洗浄の容易さを実現し、機能面も重視したキッチンナイフとなっています。

・特徴3:使い続けるための耐久性
素材には、切れ味と耐久性、研ぎやすさを兼ね備えたモリブデンバナジウムステンレス刃物鋼を採用。また、熱処理・刃の厚み・刃角度などの条件設定により、耐久性を向上。

・特徴4:研ぎ直しサービス
購入して頂いた製品を、専用のパッケージに入れて貝印にお送り頂くと、プロの研ぎ師が研ぎ直しを行う「包丁の研ぎ直しサービス」も実施します。研ぎ直しの際に、直接持ち込む手間を省くため、購入時のパッケージを、そのまま貝印へ送付用のパッケージにする事で気軽にサービスをご利用いただく事ができます。また、特設WEBサイトでは、ご家庭でできるご自身での包丁のメンテナンス方法やケアを紹介しサポートしていきます。

【REBIRTH PROJECT(リバースプロジェクト)について (www.rebirth-project.jp/)】
「人類が地球に生き残るためにはどうすべきか?」という命題のもと、私たち人間がこれまでもたらした環境や社会への影響を見つめなおし、未来における生活を新たなビジネスモデルと共に創造していくために活動。俳優・映画監督、リバースプロジェクト代表・伊勢谷友介のもとに、様々な才能を持ったアーティスト・クリエーター・プロデューサーが集結し、2009年に株式会社リバースプロジェクトを設立。 衣<HATCH YOU>、食<HOUSE475>、住<THE SPIKE SHOW>をはじめとし、教育・芸術・支援といった社会生活を営むうえで必要とされる分野での活動をクリエイティブな視点から考察・実行しています。最終的にこれらのプロジェクトを統合・組織化することで、“社会彫刻”としての 《リバースヴィレッジ》という名の村が形成され、さらに世界各地で展開されることを目指しています。

プレスリリース提供:PR TIMES

記事提供:PRTimes

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2020 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.