その他 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
製品 サービス 企業動向 業績報告 調査・報告 技術・開発 告知・募集 人事 その他
とれまが >  ニュース  > リリースニュース  > その他

クラス最速※1の圧倒的切断スピード、帯のこも長寿命でコスパ抜群 ロータリバンドソーから36Vのコードレス式が登場!~2020年9月9日(水)より全国で発売開始~

工機ホールディングス株式会社

クラス最速※1の圧倒的切断スピード、帯のこも長寿命で

https://www.hikoki-powertools.jp/products/powertools/li-ion-cutter/cb3612da/cb3612da.html

 電動・エア工具を製造・販売する工機ホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員 兼 CEO:森澤篤)は、電動工具ブランド「HiKOKI(ハイコーキ)」からコードレスロータリバンドソーの新製品CB 3612DAを、2020年9月9日(水)より全国の電動工具取扱販売店などを通じて発売します。
 バンドソーは、電動鋸(のこぎり)の一種で、一方向に回転する帯状ののこ刃により、形鋼材、パイプ材などの軟鋼材やステンレス材を切断する工具です。改修作業や撤去、解体作業などで使用されますが、電源が取りづらい環境に対応できる製品が求められています。また、現場などへ工具を持ち込む際には、取り回し性の良さが重視されます。

 今回発売するCB 3612DAは、コードレス式なため使用時に電源を確保する必要がありません。また、高出力・高効率のブラシレスモーターとギヤ減速機構の採用で、当社AC (コード付き)品従来機種CB 12VA2に比べて約6倍※2※3とクラス最速※1の切断スピードで圧倒的な作業効率を実現します。また、帯のこの寿命も従来機種CB 12VA2に比べて約1.2倍※2※3長寿命で経済的です。さらに、1充電あたり電線管を約300カット、配管用鋼管を約30カット切断でき※4、十分な作業量を実現しています。
※1 2020年8月現在。国内電動工具メーカーにおいて(当社調べ)(最大切断能力120mmクラス コードレスロータリバンドソー)
※2 配管用鋼管SGP100A(外径Φ114.3mm×厚さ4.5mm) 切断時の切断時間。帯のこ:ハイス18山(No.7)使用。切断荷重:製品質量。帯のこ周速:最高速。
※3 数値は参考値です。材料や条件により異なります。※4電線管:E39(外径Φ38.1mm×厚さ1.4mm)、配管用鋼管:SGP40A(外径Φ48.6mm×厚さ3.5mm)使用。

【主な特長】


クラス最速※1の切断スピードと帯のこの長寿命を実現
十分な作業量を実現


[画像1: https://prtimes.jp/i/43886/67/resize/d43886-67-426554-0.jpg ]


<製品の特長>
■クラス最速※1の切断スピードと帯のこの長寿命を実現
 高出力・高効率のブラシレスモーターと3段ギヤ減速機構の採用で圧倒的な作業効率向上を実現しました。当社AC品従来機種CB 12VA2に比べて約6倍の切断スピード※2※3と約1.2倍※2※3の帯のこ寿命を実現しています。
[画像2: https://prtimes.jp/i/43886/67/resize/d43886-67-240531-1.jpg ]


■十分な作業量を実現
 マルチボルト蓄電池BSL 36A18使用時、1充電当たり電線管を約300カット、配管用鋼管を約30カット切断することができ※3※4、十分な作業量を実現しています。
[画像3: https://prtimes.jp/i/43886/67/resize/d43886-67-465530-2.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/43886/67/resize/d43886-67-530058-5.jpg ]


■定置式スタンド(別売)使用で作業用途拡大
 別売の定置式スタンドを使用することで、定置形で高精度な切断が可能になります。また、コンター(けがき)作業も可能になり、作業用途が拡大します。

[画像5: https://prtimes.jp/i/43886/67/resize/d43886-67-671250-3.jpg ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/43886/67/resize/d43886-67-923413-4.jpg ]



※5 ご使用の際は、合わせて別売アクセサリ:スイッチホルダをご用意ください。

■希望小売価格:
・CB 3612DA(XP) 109,000円(税別) ※マルチボルト蓄電池(残量表示付 BSL 36A18)・急速充電器(UC 18YDL2)・ケース付
・CB 3612DA(NN) 76,500円(税別) ※蓄電池・充電器・ケース別売

【別売】
・定置式スタンド CB 12-ST2 49,000円(税別)
・スイッチホルダ 160円(税別)

■仕様:

[画像7: https://prtimes.jp/i/43886/67/resize/d43886-67-359193-6.jpg ]

※6 従来の蓄電池(BSL 3620/3626/3660およびBSL 18XX、BSL 14XXシリーズ)はご使用になれません。
※7 充電時間は周囲温度や蓄電池の状態により長くなるときがあります。
[画像8: https://prtimes.jp/i/43886/67/resize/d43886-67-475787-7.jpg ]


 工機ホールディングスでは、今後もコードレスの機動性にパワフルさを兼ね備えたマルチボルトシリーズのラインアップ拡充を図ってまいります。


<ご参考>

[画像9: https://prtimes.jp/i/43886/67/resize/d43886-67-670386-8.jpg ]

「マルチボルト蓄電池」について
 2017年8月に誕生した当社独自のリチウムイオン電池「マルチボルト蓄電池」は、大容量と高出力によりAC100Vの電動工具に匹敵するパワフルさを実現しており、これまでコードレス工具で同時に兼ね備えることが困難とされてきた課題「ハンディかつパワフル」を実現する製品です。
[画像10: https://prtimes.jp/i/43886/67/resize/d43886-67-610623-9.png ]

 18Vと36Vの互換性があり※8、当該電池を電動工具本体に装着するだけで自動的に電圧を切り替える(36V⇔18V)ことができる画期的な新技術を導入しています。パワフルな仕事から気軽に使えるものまで、お客さまの様々な仕事に対応できるシリーズが合計 119 モデルも揃っています※9。
 さらに、お買い上げ日から2年間または充電回数1,500回(BSL3660は1,000回)以内の範囲で保証しています。(ただし、いずれか先に到達するまでの期間。取扱説明書に従った正常なご使用状態で故障した場合)
※8 一部ご使用いただけない製品があります。
※9 2020年8月5日時点。36V製品群44モデル、工具・サポートツールなどの18V製品群75モデル、合計119モデル。

電動工具の日

[画像11: https://prtimes.jp/i/43886/67/resize/d43886-67-902123-10.jpg ]

 2018年より、10月1日は「電動工具の日」である、と一般社団法人日本記念日協会によって認定されました。十月一日はプラスとマイナスドライバ、10月1日はイチとゼロでスイッチを意味し、電動+工具の記念日にふさわしいとされました。「HiKOKI」(ハイコーキ)ブランド要諦発表の日が電動工具の日になったことを歴史に刻み、業界発展のためにさらなる貢献をしてまいります。

工機ホールディングス株式会社について
 工機ホールディングス株式会社は、ドライバ、ドリルなど約1,300 機種の電動工具、釘打機などのエア工具、刈払機や植木バリカンなどの園芸工具、クリーナや高圧洗浄機などの家庭用電化製品群を製造販売するリーディングカンパニーの一つです。
 70 年の歴史に裏打ちされた高い信頼性と世界最高水準の技術力を誇り、日本はもとより、欧州、米州、アジア、オセアニア、中近東、アフリカにおよぶ世界95ヵ国に販売拠点を持ち、グローバルに事業を展開しています。

プレスリリース提供:PR TIMES

クラス最速※1の圧倒的切断スピード、帯のこも長寿命でクラス最速※1の圧倒的切断スピード、帯のこも長寿命でクラス最速※1の圧倒的切断スピード、帯のこも長寿命でクラス最速※1の圧倒的切断スピード、帯のこも長寿命でクラス最速※1の圧倒的切断スピード、帯のこも長寿命で

記事提供:PRTimes

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2020 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.