その他 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
製品 サービス 企業動向 業績報告 調査・報告 技術・開発 告知・募集 人事 その他
とれまが >  ニュース  > リリースニュース  > その他

将棋で初段を目指している方必読!会話形式でわかりやすく。棋譜が読めなくても分かる戦術書『将棋「初段になれるかな」大会議』が発売

株式会社扶桑社

将棋で初段を目指している方必読!会話形式でわかりや

 株式会社扶桑社より『将棋「初段になれるかな」大会議』が9月23 日(水) に発売。
 本書は昨年12月、小社より刊行しました『将棋「初段になれるかな」会議』の続編となります。
既刊本『将棋「初段になれるかな」会議』は従来の将棋戦術書とは異なり、「初段になれない」級位者の目線で、
わからないことをプロに聞きまくる、異色の将棋戦術書として話題となりました。
[画像: https://prtimes.jp/i/26633/538/resize/d26633-538-863697-0.jpg ]

 将棋の初段を目指したい人に贈る級位者向けの戦術書。プロ棋士を指南役に迎え、アマチュア2人が聞きたいことを何でも質問する『将棋「初段になれるかな」会議』待望の続編です。

 細かい定跡手順と変化を記した有段者向けの戦術書が「調味料の分量まで細かく記されたレシピ本」だとすれば、初段になるために必要な最低限のポイントだけを言及する本書は、「目分量でいいのっ」というお母さん料理のたくましさを目指したもの。また、「初段を目指す人の師匠は、実はプロではなく初段になった人では」?という仮説のもと、新たな試みとして、初段になった一般の方々へ勉強法のアンケートも実施。
高野六段の監修のもと、初段になるために必要なものをピックアップしました。

会話形式の本書でサクッと読み進めながら、聞き手と一緒に初段を目指しましょう。
●本書より内容を少しだけ紹介します
「恥ずかしがらずに何でも聞く」をテーマに、初段を目指すアマチュアの二人がプロ棋士に質問する「会議」スタイルの本書。なんとなく“わかったつもり” になっていた将棋戦術が実は誤解だったということは、以下のようなやりとりでもわかります。

さくらはな。(本書のイラストレーター。以下、さくら) 「攻めの銀と守りの銀を交換しても、たいした得になっていないということですか?」

高野秀行 (本書の著者。以下、高野)「はっきり言ってしまいましょうか。たいした得にはなりません。」

岡部敬史 (本書の著者。以下、岡部)「 では、なぜいろんな本で『攻めの銀と守りの銀を交換すれば成功!』と書かれているのですか?」

高野 「銀交換ができているというのは、歩、銀、飛車という正しい順番で攻められているわけです。ですから、正しい形で攻めているから成功しているとはいえますよね。でも、いろんな攻め筋を知っていないと、結局は、子供将棋教室での「あるある」のように同じことの繰り返しになってしまう。」

岡部 「銀を交換したくらいでは、全然終わってないと。」

高野 「料理でいえば、材料を切っただけですね。」

 こうした会話ののち、実際に持ち駒の銀をどう攻めに使うのか、具体例を盤面を用いて説明していきます。他にも●「級位者の自陣角に好手なし」
●「有利なときこそ普通預金のような手を」
●「初段だけど受け将棋という人はいません」
など、初段を目指す級位者にとってタメになるセリフが満載。
サクサクと読みながら、自然に上達のコツを体得できます。

■目次
第一章 いきなりの攻めと変な戦法にどう対処するのか?
第二章 「受け」が強くなる考え方
第三章 銀交換はどれくらい得~?知っておくと強くなる考え方~
第四章 持ち駒は小さいほうから使う~初段になった人へのアンケートから~
第五章 「詰みより詰めろ」と「必死筋」
第六章 級位者が知っておきたい格言

■著者情報
高野秀行(たかの・ひでゆき)
1972年横浜市生まれ。中原誠十六世名人門下。日本将棋連盟六段。
「経堂こども将棋教室」を主宰し、子どもたちに将棋を教える。明治大学、國學院大学で将棋に関する講座も担当。著書に『こどもをぐんぐん伸ばす「将棋思考」』(ワニプラス)など。

岡部敬史(おかべ・たかし)
1972年京都市生まれ。早稲田大学第一文学部卒。
ライター・編集者。著書に「くらべる東西』『くらべる京都』『目でみる数字』(東京書籍)などがある。
文春オンライン「観る将棋、読む将棋」でも執筆。個人ブログ「おかべたかしの編集記」。

さくらはな。
千葉県出身。漫画家。2013年5月3日に突然将棋を始める。将棋フリーペーパー『駒 doc.』にて「将棋好きに成りました!」を連載中。竹書房『本当にあった愉快な話』にて「えりりんの女流棋士の日々」を連載中。


■関連リンク
扶桑社将棋部 ツイッター
https://twitter.com/FusoshaShogi

■書誌情報
『将棋「初段になれるかな」大会議 』
著者:高野秀行、 岡部敬史
イラスト: さくらはな。
判型:四六判
定価:本体1500円+税
発売日:2020年9月23日
ISBN:978-4-594-08630-5

■購入リンク
Amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/4594086306
楽天ブックス
https://books.rakuten.co.jp/rb/16437258/

■本書の内容、取材などについては下記へお問い合わせください
株式会社扶桑社 宣伝部 PR担当
Mail:fusoshapr@fusosha.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES

記事提供:PRTimes

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2020 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.