その他 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
製品 サービス 企業動向 業績報告 調査・報告 技術・開発 告知・募集 人事 その他
とれまが >  ニュース  > リリースニュース  > その他

「いまこそ執筆を変えるとき」記事の執筆、レビュー、AI校正Webサービス「Shodo(ショドー)」を株式会社ゼンプロダクツがオープンベータ版リリース

株式会社ゼンプロダクツ

「いまこそ執筆を変えるとき」記事の執筆、レビュー、

記事や本、ブログの執筆やコンテンツマーケティング業界を変える新サービス登場

株式会社ゼンプロダクツ(本社:埼玉県朝霞市、代表取締役社長:清原弘貴、以下ゼンプロダクツ)は2021年1月26日より、WEBブラウザーだけで記事の執筆・レビュー・AI校正が行える執筆用サービス「Shodo(TM)(ショドー)」のオープンベータ版をリリースしました。オープンベータバージョンの間はAIによる校正を含めてすべての機能が無料で利用可能。
[画像1: https://prtimes.jp/i/72905/3/resize/d72905-3-410270-0.png ]


「Shodo」は、記事の執筆・レビューに関わる仕事を再定義することを目指して開発されたサービスです。記事やコンテンツの公開や販促を促す最新のツールはあれど、記事の執筆・コラボレーション・校正を新しく変えるWEBサービスはこれまで存在していませんでした。

「Shodo」はWEBブラウザーがあればインストールなしに記事の執筆や相互レビュー、自動でのAI校正が利用できる新商品です。そのため、複数人でブログやオウンドメディアを運営するマーケター、本やホワイトペーパーを執筆するライターの方がすぐにでも仕事を改善できます。リモートワーク・テレワークを中心とした仕事環境やDXが推進されるなか、執筆という分野はメールでのレビュー依頼やワードファイルのやり取りに留まりがちです。改善した結果「オフラインのほうがやりやすかった」となり得るのが現状です。Shodoは形だけのオンライン化やDXでなく、執筆やライティングの作業やレビューのやり取り自体をWEBサービス内でできるようにし、執筆・ライティング環境を根本から改善する新しいクラウドサービスです。
[画像2: https://prtimes.jp/i/72905/3/resize/d72905-3-583499-5.png ]

■ ShodoサービスURL
https://shodo.ink/

■ Shodoの特徴
1. 自動で文章の校正(AI校正、ルール校正)が実行されます


[画像3: https://prtimes.jp/i/72905/3/resize/d72905-3-104529-1.png ]

記事を執筆するだけで、自動で文章の校正が行われます。AIによる校正とルールによる校正で、文の改善を提案します。AI校正では「BERT」と呼ばれる最新の機械学習技術を利用し、漢字の変換ミスやタイプミス、不自然な日本語の改善を提案します。
ルールによる自動校正では「ら抜き言葉」の指摘や、ですます・だであるの統一、連続する助詞の指摘などが行われます。また、ルールをチーム内で共有できます。ルールは自動で共有され、メンバーは単に記事を書くだけで自動的にルールに従った校正チェックが適応されます。

2. 記事を相互にレビュー(査読)できます


[画像4: https://prtimes.jp/i/72905/3/resize/d72905-3-943284-3.png ]



書いた記事にそのままレビュー(査読)コメントを追加できます。レビューの結果、記事を修正する際にもレビューコメントを見ながら文章の改善が行えます。レビューしたコメントには、さらにコメントへの返信を追加したり、解決したかの管理もできます。さらにメールやチャットへの通知機能や「いいね!」をつける機能を通してコラボレーションの促進も支援します。

3. 執筆している記事のステータス・期限を一元管理できます

[画像5: https://prtimes.jp/i/72905/3/resize/d72905-3-481453-15.png ]



執筆している記事のステータス(状態)は「アイディア」「執筆」「レビュー中」「レビューOK」「完了」の段階ごとに管理されます。コンテンツマーケティングや本の執筆では並行してたくさんの企画、記事執筆を進めるのが普通ですが、その場合にも執筆の状態が錯綜しないように管理できます。ステータスごとにレビューの依頼や差し戻しもできるので、ワークフローで適切に管理された記事の執筆、レビューが可能です。
また、記事ごとに期限やチェックリストの管理ができるので、期限内に執筆し忘れるという問題を回避できます。たとえばリリースに関する記事などは時期感がとても重要です。メールやチャットへ期限切れ前に通知してくれるので、作業漏れを心配せず執筆に集中できます。

4. 文章分析機能により単語の出現率などを分析できます
文中の単語や出現率を分析する機能を通して、SEO対策や読みやすさの推敲に活用できます。別途、SEO対策用のソフトウェアを起動することなく、執筆をしながらリアルタイムに文章の分析が可能です。
単なる文字として分析するのでなく、文の日本語を形態素解析して単語ごとに出現率を算出します。

他にも執筆の期限管理やメール、チャットへの通知、ブログサービスへの記事連携機能など執筆やコンテンツマーケティングに役立つ機能があります。より詳しくは公式サイトをご覧ください。
https://shodo.ink/

■ 料金・プラン
ベータバージョンのご利用料金はすべての機能を含めて無料となります。
今後、正式版の公開から月額でのお支払いとなる有料プランをご用意いたします。
有料プランの公開に伴う無料プランの機能制限が発生する場合、事前にご利用者様へ連絡いたします。

■ 株式会社ゼンプロダクツについて
株式会社ゼンプロダクツ(https://we.shodo.ink/) は「Shodo™(ショドー)」を開発、運営するスタートアップです。WEBやAIを利用したサービスの提供を通して、人々がよりクリエイティブに活躍できる世界を作っています。

本件に関するお問い合わせ
株式会社ゼンプロダクツ代表取締役社長、清原弘貴。
メール:info@shodo.ink

詳しい情報はサービスのサイトをご覧ください。
https://shodo.ink/

プレスリリース提供:PR TIMES

「いまこそ執筆を変えるとき」記事の執筆、レビュー、「いまこそ執筆を変えるとき」記事の執筆、レビュー、「いまこそ執筆を変えるとき」記事の執筆、レビュー、「いまこそ執筆を変えるとき」記事の執筆、レビュー、「いまこそ執筆を変えるとき」記事の執筆、レビュー、

記事提供:PRTimes

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2021 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.