その他 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
製品 サービス 企業動向 業績報告 調査・報告 技術・開発 告知・募集 人事 その他
とれまが >  ニュース  > リリースニュース  > その他

埼玉工業大学、2020年度の自動運転バスの開発実績を報告 ~全国の実証実験で、年間約2,970kmを自動運転で走行~ 

埼玉工業大学

埼玉工業大学、2020年度の自動運転バスの開発実績を報

 埼玉工業大学(本部:埼玉県深谷市、学長:内山俊一、略称:埼工大、https://www.sit.ac.jp/ ) は、「自動運転技術開発センター」(センター長:渡部大志)の2020年度における自動運転バスの研究・開発において、年間合計約2,970kmに及ぶ自動運転での走行を実現しました。
 この走行距離は、東京・大阪間を3往復した距離に相当し、国内の大学で開発する自動運転バスとしてトップクラスの走行実績となります。

 埼工大は2020年4月から2021年3月末までの1年間、地元・深谷市の公道走行をはじめ、SIP第2期「自動運転(システムとサービスの拡張」(以下、「SIP自動運転」)、塩尻MaaSなどの自動運転の実証実験に参画しました。
 特に年度の後半には、深谷観光バス株式会社(本社:埼玉県深谷市、代表:高田勇三)との協力により、NHK大河ドラマ「青天を衝け」の主人公ゆかりの地を巡る「渋沢栄一 論語の里 循環バス」として、前年度に開発したマイクロバス(リエッセII)を、業務用の緑ナンバーを取得させ路線バスとして営業運行しました。
 コロナ禍においても、年間で2,970km(一部大学構内を含む)を自動運転で公道走行し、前年度の計652kmの約4倍となる長距離走行を実現して開発事業を展開しました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/21794/39/resize/d21794-39-367240-1.jpg ]

写真1<マイクロバス(リエッセII)>


[画像2: https://prtimes.jp/i/21794/39/resize/d21794-39-764387-0.jpg ]

写真2<大型バス(レインボーII)>

●主な参加プロジェクトと走行実績の内訳
1. 大学キャンパスで内の走行:41.3km
2. 大学周辺(深谷市)の公道走行:784.3km
3. 実証実験(1)、SIP自動運転(羽田空港地域):1,008.5km (自主走行を含む)
4. 実証実験(2)、「塩尻型次世代モビリティサービス実証プロジェクト」(塩尻市):234.8km
5. 路線バス、「渋沢栄一 論語の里 循環バス」(深谷市):900.7km

 埼工大は、自動運転バスの開発において、「埼玉県スマートモビリティ実証補助金」に2年連続で採択されました。令和元年の採択により、マイクロバス(リエッセII)の自動運転バスを開発し、同年8月より公道による実証実験を開始しました。そして令和2年度の採択で、大型バス(レインボーII)を開発し、産学官連携で自動運転バスの研究・開発を進めています。
 埼工大の自動運転バスは、自動運転OSのAutowareをベースに、本学が独自開発したソフトウエアSAIKOカーWareにより、AI技術を積極的に採用して、自動運転レベル3相当を目指した開発をしています。システムによる自動運転とドライバーによる運転が即時にスムーズに切替え可能で、交通の状況に応じて安全に、一般公道を法定速度で走行可能です。

●センター長のコメント
 埼工大は「自動運転技術開発センター」を2019年4月に設立し、開発体制を強化しました。
最近では、自動運転の研究・開発に積極的に取り組む大学と評価されています。
2019年8月にマイクロバスを土台にした自動運転バスの開発を機に、全国での各種自動運転の実証実験に積極的に参加して、経験とノウハウを高めてきました。その経験を活かして、大型自動運転バスを開発し業務用の緑ナンバーも取得しました。さらに深谷観光バスとの協力により、路線バスとして乗客を乗せて公道での自動運転も始まりました。

 さらにITbook ホールディングス株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役会長兼 CEO:恩田饒)が代表を務める「水陸両用無人運転技術の開発 ~八ッ場スマートモビリティ~」(日本財団と共同)のプロジェクトにもメンバーとして参加しています。そして水陸両用バスの自動運転・運航システム開発をITbook テクノロジー株式会社と共同で始めています。

 ここまでの走行距離を自動運転バスで実現することができましたのは、ひとえに実証実験の機会をくださった関係府省庁、関係自治体、関係機関、関係各社、近隣住民の方々の温かいご支援とお力添えの賜物と心より感謝申し上げます。

  <2020年度の主な実証実験>
◯埼玉工業大学、SIP第2期自動運転の実証実験を開始(2020/6/23発)
私立大学唯一の2期連続参加で、自動運転バスを走行
https://www.sit.ac.jp/media-s/2020/press/200623_01.pdf

◯埼玉工業大学、SIP自動運転の実証実験を羽田で実施(2020/12/8発)
羽田空港周辺の公道で、インフラ協調による自動運転バスを走行
https://www.sit.ac.jp/media-s/2020/press/201208_01.pdf

◯長野県内初の「塩尻型次世代モビリティサービス実証プロジェクト」に連携(2020/11/18発)
「塩尻型次世代モビリティサービス実証プロジェクト」
https://www.sit.ac.jp/news/201118_1/

◯『渋沢栄一 論語の里 循環バス』運行開始に向け、深谷市でマスコミ公開を実施 (2021/2/12発)
栄一翁ゆかりの施設をひと巡り。路線バスに県内初の営業用・自動運転バスも一部で運行
https://www.sit.ac.jp/media/taigadorama5.pdf

●自動運転バスについて
 マイクロバス(リエッセII)は、長さ:625cm、幅:203cm、高さ:261cm、補助席含め24人乗り、4000ccディーゼル車の自動運転実証実験車両です。「令和元年度 埼玉県スマートモビリティ実証補助金」(テーマ:公道走行可能な自動運転バスの実験車両とAIの実用化・市販化)の採択により開発しました。
大型バス(レインボーII)は、長さ:910cm、幅:244cm、高さ:307cm、定員58人乗り、5.19Lディーゼル車の自動運転実証実験車両です。「令和2年度 埼玉県スマートモビリティ実証補助金」(補助事業テーマ:ドライバー不足解消に役立つ自動運転・安全運転支援機能の開発・商品化)の採択により開発しました。

 自動運転車両の開発は、株式会社ミクニライフ&オート(社長:大西 浩樹、本社:埼玉県加須市)の全面的な協力により実現しています。

●関連情報
〇埼工大 自動運転特設サイト
http://saikocar.sit.ac.jp/

◯深谷観光バス 自動運転車の運行情報
http://www.fukayakanko.com/rongo-no-sato/

◯プレスリリース:『渋沢栄一 論語の里 循環バス』へ大型自動運転バスが営業運行
県内初の大型の自動運転バスが循環バスとして運行
https://www.sit.ac.jp/media/pressoogatabas4.pdf

◯プレスリリース: 埼玉工業大学、ITbook と水陸両用無人運転・運航技術を共同開発
世界初の水陸両用バスの自動運転・運航システム構築を目指して
https://www.sit.ac.jp/media-s/2020/press/200706_01.pdf

〇塩尻MaaSプロジェクト
https://maas.shiojiri.com/

〇内閣府・新エネルギー・産業技術総合開発機構 戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期「自動運転(システムとサービスの拡張)」サイト
https://www.sip-adus.go.jp/fot/fot01_01.php
https://www.nedo.go.jp/activities/ZZJP_100159.html

*:「Autoware」はThe Autoware Foundationの商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES

埼玉工業大学、2020年度の自動運転バスの開発実績を報

記事提供:PRTimes

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2021 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.