その他 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
製品 サービス 企業動向 業績報告 調査・報告 技術・開発 告知・募集 人事 その他
とれまが >  ニュース  > リリースニュース  > その他

化粧品用顔料の世界市場は2027年まで年平均成長率8.2%で成長する見込み

Report Ocean

化粧品用顔料の世界市場は2027年まで年平均成長率8.2%

2021年11月30日にREPORTOCEANが発行した新しいレポートによると、-化粧品用顔料の世界市場は、2021年から2027年の予測期間において、8.2%以上の健全な成長率が見込まれています。
世界の化粧品用顔料市場は2027年までに1037.63万米ドルに達する見込みです。世界の化粧品用顔料市場は、2020年には約5億9,119万米ドルとなり、2021年から2027年の予測期間には8.2%以上の健全な成長率が見込まれています。

[画像: https://prtimes.jp/i/67400/3998/resize/d67400-3998-07ad62b0bc0b9f853218-0.jpg ]


レポートを購入する前に、無料のサンプルページをリクエストしてください: https://reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=bw2926

市場の概要:

化粧品用顔料は、化粧品における光の反射や吸収の色に影響を与える材料の一種です。微細な乾燥粉末であり、結合液に添加することで、本質的にまつげ、まぶた、唇などに強烈な色を留めることができます。世界各国で可処分所得が増加し、特に女性の所得が増えたことで、化粧品の需要が高まっています。外見や化粧に対する意識の高まりや、オーガニック化粧品の需要の高まり、さらには発展途上国の生活水準の向上などが、化粧品用顔料の世界市場を牽引しています。また、中間層の増加や男性用パーソナルケア・化粧品の新市場により、化粧品業界全体が急成長しています。さらに、製品の発売や市場関係者による取り組みが、市場の成長を加速させています。例えば、以下のようなものがあります。2018年2月、Venator materials P.C.は、新しいGranufin顔料を発表しました。この新しい顔料には、カーボンブラック顔料と酸化鉄の要素を組み合わせたハイブリッド顔料、黒、青黒のカーボングレードが含まれています。また、化粧品の安全性に関する政府の厳しい政策や、COVID-19パンデミック後の豪華な支出の抑制が成長の抑制要因となる可能性があります。しかし、様々な企業による美容・化粧品の革新は、今後10年間の化粧品用顔料市場にとってチャンスとなります。

化粧品用顔料市場の全体像を把握するために、アジア太平洋地域、北米、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、その他の地域などの主要地域を分析しています。アジア太平洋地域は、化粧品への支出が多く、一人当たりの所得も高いことから、市場シェアの点で世界の主要地域として浮上しています。また、この地域は、発展途上国における中間層の増加により、2021年から2027年の予測期間において最も高い成長率を示すと予想されています。また、可処分所得の増加や美容・化粧に対する意識の高まりも、この地域の成長を後押しします。

本レポートに掲載されている主なマーケットプレイヤーは以下の通りです:


Sun Chemicals
Sensient Cosmetic Technologies
Merck
Eckart
Sudarshan Chemical
Kobo Products
Clariant
Geotech
Venator
Lanxess


ご要望に応じて、予測期間(年)の分析を延長することができます。詳細については、sandeep@reportocean.com までメールでお問い合わせください。

この調査の目的は、近年の異なるセグメントおよび国の市場規模を定義し、今後8年間の値を予測することです。本レポートは、各地域・国における産業の質的・量的側面を取り入れるように設計されています。さらに、市場の今後の成長を決定づける要因や課題などの重要な側面に関する詳細情報も提供しています。さらに、競合状況や主要企業の製品提供に関する詳細な分析とともに、利害関係者が投資するミクロ市場での利用可能な機会についても記載しています。市場の詳細なセグメントとサブセグメントを以下に説明します。

組成別:


無機顔料
有機顔料


タイプ別:


特殊効果顔料
表面処理された顔料
ナノ顔料
天然着色料


ケミカル別:


フェイシャルメイクアップ
アイメイク
リップ製品
ネイル用品
ヘアカラー製品
特殊効果・特殊用途製品
その他


市場は地域別に以下のように分類されています:


北米(米国、カナダ、メキシコ)
欧州(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ポーランド、ロシア、オランダ、ベルギー、トルコ、ノルディック諸国、その他の欧州諸国)
アジア太平洋地域(中国、インド、日本、韓国、オーストラリアおよびニュージーランド、ASEAN諸国、その他のアジア太平洋地域)
中東・アフリカ地域(UAE、サウジアラビア、南アフリカ、イスラエル、クウェート、カタール、オマーン、その他の地域)
南米 (アルゼンチン、ブラジル、その他の南米諸国)


レポートの範囲を確認するためのリクエスト:https://reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=bw2926

私たちに関しては:

私たちは業界で最高の市場調査レポートプロバイダーです。 Report Oceanは、今日の競争の激しい環境で市場シェアを拡大するトップラインとボトムラインの目標を達成するために、クライアントに品質レポートを提供することを信じています。 Report Oceanは、革新的な市場調査レポートを探している個人、組織、業界向けの「ワンストップソリューション」です。

プレスリリース提供:PR TIMES

記事提供:PRTimes

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

とれまがマネー

とれまがマネー

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2022 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.