その他 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
製品 サービス 企業動向 業績報告 調査・報告 技術・開発 告知・募集 人事 その他
とれまが >  ニュース  > リリースニュース  > その他

[Astute Analyticaプレスリリース] 最近の開発を分析するために中古および再生ロボットに関する調査を実施しました(2022年)世界中で協働ロボットの

Astute Analytica

[Astute Analyticaプレスリリース] 最近の開発を分析

最近、ほとんどのメーカーが製造やオートメーションに関連する作業を自動化し、産業用ロボットの恩恵を受けようとしているため、再生ロボットは大きな人気を集めています。
調査概要:

調査期間:2022年1月10日~4月30日まで調査しました
調査機関 :
調査委託先 : 株式会社 アステュート・アナリティカ
自社調査
調査対象 : 中国、日本、米国、英国、スペイン、フランス、アラブ首長国連邦、韓国で事業のあらゆる規模の組織のリーダー640人を対象にして調査を実施しました。
有効回答数 : (640人)
調査方法 : 電話調査250人、インターネット調査390人
調査回答者:調査は、企業の収益に基づいて企業間で実施されました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/87115/104/resize/d87115-104-c742e729fbcb4b03c7ca-0.jpg ]

調査結果:

質問:中古および再生されたロボットは、高いメンテナンスコストがかかりますか?
ほぼ2/3の回答者が、中古および再生ロボットは、従来の新しいロボットと比較して、メンテナンスのコストが高いと述べています。
[画像2: https://prtimes.jp/i/87115/104/resize/d87115-104-6cd708099b519d57ab98-1.jpg ]

質問:中古および再生ロボットの需要が最も高いアプリケーションはどれですか?
中古および再生ロボット市場の組立ラインアプリケーションが最大のシェアを占めています。 このセグメントは2021年に599.0百万米ドル と評価されました。

[画像3: https://prtimes.jp/i/87115/104/resize/d87115-104-a00bb21f9ef8f2ace6bf-2.jpg ]

質問:ご存知の通り、どちらのセグメントがより多くのシェアを獲得していますか?
中古と再生ロボット市場では再生ロボットセグメントが大きなシェアを占めていますが、中古ロボットの数、技術の進歩、ロボットの再現性が中古と再生ロボット市場に影響を与えています。
[画像4: https://prtimes.jp/i/87115/104/resize/d87115-104-edc47d4799bb9109b887-4.jpg ]



質問:中古および再生ロボット市場で最大のシェアを占める地域はどれですか?
アジア太平洋地域には、ロボットメーカーの数が最も多いです。 最高の技術産業地域の1つになる機会主義的な市場であることが証明されています。
[画像5: https://prtimes.jp/i/87115/104/resize/d87115-104-62aef90f3be2a2034fae-3.jpg ]

多くの企業がグローバル市場で事業を行っています。 一次調査を通じて、安定した市場シナリオを把握するために、大手企業が合併や買収などのさまざまな競争戦略を採用していることがわかりました。

大手企業は、小規模ブランドや国内企業を買収することで地理的境界を拡大しています。5つの主要プレーヤーの累積市場シェアは23%に近いため、市場での競争は激しくなっています。

多くのメーカーは、製造や自動化に関連する作業を自動化するために再生ロボットを使用しています。製造やオートメーションに関連する作業を自動化するために、再生ロボットが大きな人気を集めています。業界の大小を問わず、再生ロボットは大きなメリットをもたらしますが、その一つとして、新品の産業用ロボットに対するコスト面でのメリットがあります。

したがって、中古および再生されたロボットを購入することで、メーカーは新しい同等品のコストの一部で自動化することができます。改装されたロボットは、価格に非常に敏感で初めてのユーザーである産業にベンダーによって提供されます。

このような業界は、手動操作から自動化に切り替えています。

そのため、これらの業界は、自動化セクターに直接投資することはありません。世界の産業界では、インダストリ4.0の導入や台頭により自動化が進み、中古・再生ロボットを含むロボットの普及が進んでいます。

結論
アジアパシフィックにはロボットメーカーの数が最も多い。 それは、主要な技術産業地域の1つになる機会主義的な市場であることが証明されています。 しかし、アジア太平洋(APAC)の価格に敏感な性質を知っているため、市場では、材料の取り扱いやロジスティクスの用途に中古や 再生ロボットを提供するシステムインテグレーターが増加しています。

私たちについて:
Astute Analyticaは、グローバルな分析・アドバイザリー会社であり、お客様に提供してきた具体的な成果により、短期間で確固たる評価を得てきました。私たちは、様々な業種の非常に要求の多いお客様のために、他に類を見ない深く正確な見積もりや予測を作成することに誇りを持っています。当社には、テクノロジー、ヘルスケア、化学、半導体、FMCGなど、さまざまな分野のお客様にご満足いただき、リピートしていただいているお客様のリストがあります。これらのお客様は、世界各地から当社を訪れます。その理由は、複雑なビジネス環境、セグメント別の既存および新規の可能性、技術形成、成長予測、さらには利用可能な戦略的選択肢などを分析しているからです。要するに、完全なパッケージなのです。これは、ビジネスアナリスト、エコノミスト、コンサルタント、テクノロジーの専門家からなる、優秀で経最優先としています。私たちと一緒に仕事をすることになれば、費用対効果の高い、付加価値のある最高このプレスリリース

プレスリリース提供:PR TIMES

[Astute Analyticaプレスリリース] 最近の開発を分析[Astute Analyticaプレスリリース] 最近の開発を分析[Astute Analyticaプレスリリース] 最近の開発を分析[Astute Analyticaプレスリリース] 最近の開発を分析

記事提供:PRTimes

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

とれまがマネー

とれまがマネー

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2022 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.