その他 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
製品 サービス 企業動向 業績報告 調査・報告 技術・開発 告知・募集 人事 その他
とれまが >  ニュース  > リリースニュース  > その他

LONGiが推進する太陽電池サイズ規格「M10」、中国で落札の81%を占めて市場の主流に

ロンジ

LONGiが推進する太陽電池サイズ規格「M10」、中国で落

~ 出荷量でもM10のシェアが拡大 ~

LONGi(ロンジ、本社:中国西安市)が業界内で推進しているM10(182mm)ウェハを使用した太陽電池モジュール(太陽光発電パネル)が、中国の国営太陽電池モジュール入札において落札の81%を占め、市場の主流となったことが明らかになりました。また、第三者機関による出荷量分析の最新情報でもM10モジュールのシェアが更に拡大しました。
中国太陽光発電産業協会(CPIA)は先月、2022年上半期の業界の成長と下半期の見通しに関するバーチャルセミナーを主催しました。このセミナーにおいてCPIA名誉会長であるワン・ボファ(Wang Bohua)氏は大型モジュールについて、適用できる設置条件の存在による需要の高まり、及び、技術開発の進歩によるコスト削減により、大型シリコンウェハの市場シェアが急速に拡大していること、また、すでに多くの企業が全ての生産ラインを大型ウェハであるM10およびG12(210mm)製品に集中させるに至っているとの見解を示しました。
そして、この見解の裏付けとして、中国の国営モジュール入札に関する公式統計において、M10モジュールが1月から5月までの間に落札総額の81%を占め、市場の主流となったことを示しました。
[画像: https://prtimes.jp/i/83134/10/resize/d83134-10-7c43b40c7e368ddcbd4b-0.png ]

図:PV InfoLink「シリコンウェハのサイズ別市場シェアに関する統計と予測」(左:2021年第2四半期発表、右:2022年第2四半期発表)

モジュールの世界出荷量に関しては、第三者機関であるPV InfoLinkがウェハサイズ別シェアの2022年第2四半期版を公開しています。その中で、他のサイズに比べてM10製品の市場シェアの高さが明らかになっています。2021年の結果では、M10 製品が約48.5GWでシェア27%であり、一方G12(210mm)製品は約23.5GWでシェア13%でした。そして、2022年の予測では、M10製品が1年前の予測の46%から修正され、56%まで大幅に拡大していく一方、G12製品は26%止まりとなっています。

これまで第三者機関のアナリストは、メーカー側の状況がサイズのシェアを決定するものと考え、セル生産ラインの生産能力の情報をもとに、直近数年のサイズアップの傾向を直線的に当てはめて予測していました。しかし実際にはサイズのシェアは製品の市場での価値や評価に左右されたことから、予測と実際の結果はこの様に異なりました。M10製品は全体的なパフォーマンスが優れているため、2021年に顧客からの好評を得て、相当量のウェハとセルの生産能力がM10に置き換わりました。
M10仕様は、太陽光発電(PV)業界の利用者側の観点から開発され、製品の信頼性、製造、梱包、設置、システム設計、および電気的安全性の点で成功を収めています。また、2021年に経験した輸送コストの高騰も、M10モジュールの優位性を更に際立たせ、分散型電源(DG)市場の中小規模太陽光発電でもM10製品のシェアは拡大しています。

M10セルは現在、主に高効率PERC技術が採用されていますが、将来、更に高効率な新技術採用のセルが登場した後もM10 製品の優位性は変わらずに長期に渡り証明されていくでしょう。実際、182mmのM10仕様は既にPV業界の多くの主要プレーヤーが新製品に採用しています。M10の世界市場シェアは現在50%を超えており、モジュールサイズ等の標準化の推進と共に、産業チェーン内でのM10の優位性がより明確になることで、市場シェアは更に急速に拡大していくものと当社は考えています。


【ロンジ・グループ(LONGi Green Energy Technology Co., Ltd.)について】
LONGi(ロンジ)は2000年設立の世界最大級※1・2の太陽光発電用単結晶シリコン専門企業。上海証券取引所:601012。本社:中国陝西省西安市、総資産2022年3月末時点:約2兆2千億円超※3。太陽光発電事業は2006年から開始し、インゴット生産から行うウェハ事業は2019年推計シェア約39%の世界1位※2。太陽電池セル/パネル(モジュール)事業は2014年から開始し、パネル出荷量は2年連続世界1位(2020年・2021年)。Solar Media社「PV ModuleTechバンカビリティ格付け」で最高格付けの「AAA」を10期連続獲得※4。RE100、EP100、EV100加盟。2021年3月には水素エネルギー事業も開始。WEBサイト:www.longi.com/en
※1:太陽電池製造4大工程(原料ポリシリコン/ウェハ/セル/モジュール)各生産量の合計において
※2:PV InfoLink ” Supply and Demand Database ” (2021年7月版)より当社集計
※3:0.051人民元/円として換算 
※4:Solar Media Limited, ‘PV-Tech’ “PV ModuleTech Bankability Ratings Quarterly report” 2022年Q2より

この情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点で内容が異なっている場合がありますので、予めご了承下さい。

プレスリリース提供:PR TIMES

記事提供:PRTimes

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

とれまがマネー

とれまがマネー

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2022 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.