その他 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
製品 サービス 企業動向 業績報告 調査・報告 技術・開発 告知・募集 人事 その他
とれまが >  ニュース  > リリースニュース  > その他

「調理技術」だけでは飲食店の現場でパフォーマンスを発揮できない!新たな調理学校「飲食塾」の超実践カリキュラム~教えるを捨て、実践する機会を提供する~「守破離」という仕組み

G-FACTORY株式会社

「調理技術」だけでは飲食店の現場でパフォーマンスを

~「夢をカタチに!和食を世界に!」をスローガンに日本の食を担う育成機関を新設~

飲食店の運営の他、飲食店等を中心としたサービス業を展開する企業への経営サポートを行うG-FACTORY株式会社(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:⽚平 雅之)は「寿司職人」や「日本の食文化を担う人材」を育成、輩出する職人養成スクールを東京都新宿区に設立します。まずは10月に寿司職人コースと焼鳥職人コースを、12月にはラーメン職人コースを開校する予定です。

「超実践」をコンセプトに日本食の未来を担う人材を育成

■「“料理ができる”と“飲食店の現場で活躍する”は全く違う」をクリアする独自カリキュラムを構築

[画像1: https://prtimes.jp/i/23530/291/resize/d23530-291-3c95c39a1f3a985604fc-5.jpg ]

飲食店の現場では「調理学校を卒業したての方が現場で思うように活躍できない」という声が多いです。実際の店舗運営ではお客様の食べるスピードに合わせて料理を提供するなど、常にお客様に目を配り、瞬時に優先度を考えて素早く行動するという適応力が求められるからです。新人にとっても思うように活躍できないという悩みから離職に繋がるケースが少なくありません。

10月に寿司職人コース(受講期間3カ月)と焼鳥職人コース(受講期間2カ月)、12月にラーメン職人コース(受講期間1カ月)が開校予定の「飲食塾」では、この「“料理ができる”と“飲食店の現場でパフォーマンスを発揮する”は全く違う」という現状を課題として捉え、即戦力となる料理人の育成を行います。通常の調理師学校の2~3倍という圧倒的な量の実践を繰り返すことで、超短期間にもかかわらず、卒業後すぐに現場で活躍できる独自の教育カリキュラムを構築しています。

《飲食塾概要》
開 校 日 :2022年10月予定
場   所 :東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービルMB1階
T  E  L  :03-5989-0410
対 象 者 :日本食料理人としてキャリア形成・キャリアアップを目指している方、国内外で日本食店を出店したい方
開講コース :寿司、焼鳥、ラーメン、うどん・そばなど(予定)
設立・運営 :G-FACTORY株式会社
校    長:宇都裕昭
ホームページ:https://inshokujuku.com/


“学び”を店舗運営という実践で“実力”に

■立地柄、多様な客層に対するホスピタリティも身に付けられる
「飲食塾」の最大の特徴が、カリキュラムの中に実際の店舗営業が組み込まれていることです。教室に併設する店舗「守破離」は学生のみで運営する飲食店で、多くのビジネスパーソンや買い物客・観光客が集う新宿に位置します。常に老若男女が集う立地だけに、ランチやディナーといった時間帯による客層の違いなど、ホスピタリティが鍛えられる環境でもあります。

各コースの授業では、包丁の握り方という基礎から調理技術を学びますが、そのアウトプット先が実際の営業というのがポイントです。寿司職人コースでは2カ月目から、焼鳥職人コース、ラーメン職人コース、そば・うどん職人コース(受講期間1カ月)では1カ月目から授業の中で営業し、実際にお客様を相手に料理を提供・料金を支払っていただきます。
[画像2: https://prtimes.jp/i/23530/291/resize/d23530-291-9166f7e0f0c1c1098f28-1.jpg ]

《守破離概要(飲食塾併設店舗)》
O P E N 日 :2022年10月予定
営 業 時 間 :ランチ 11時30分~13時30分、ディナー 未定
価    格:1,000円~ ※ドリンク別、業態により異なる
住    所:東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービルMB1階
T  E  L :03-5989-0510


■「調理技術」だけじゃなく会計やSNSの活用、食育の専門家からも学ぶ
飲食店は「おいしい料理」を提供するだけでは、良いお店とは言えません。接客、清潔感、SNSの発信力やビジネスとしての会計知識など、料理人は様々な業務に向き合う必要があります。近年は食品ロスやプラスチックの削減といったSDGsに関連する取り組み・社会課題とも向き合わなければなりません。
「飲食塾」では独立開業や会計、マーケティング、ブランディング、SNSの利用方法、食育など様々な分野の専門家を招いて特別授業を行い、“現代”の飲食店で活躍できる人材を育成します。


安心のサポート体制

■育成だけでなく、世界で活躍できるサポート体制も完備
国内での独立や多店舗展開の支援だけでなく、海外でも飲食を運営している当社は、自社の海外出店の経験から蓄積したノウハウを基に独立開業や世界で挑戦したいと願う職人・経営者の支援を目的とした子会社をシンガポール・ベトナム・タイに有しております。会社設立・営業許認可・市場調査・ビザなど、海外進出するに当たりハードルとなる様々な課題を一気通貫でサポートしています。また、2022年2月には飲食店に特化した人材紹介サービスをスタートしております。「飲食塾」では、単に技術を身に付けるスクールではなく、卒業後の独立支援やキャリア支援を含めて総合的にサポートいたします。


G-FACTORY株式会社について


[画像3: https://prtimes.jp/i/23530/291/resize/d23530-291-c4a2c4cd990562fc48e1-2.png ]

「夢をカタチに!和食を世界に!」という企業スローガンを掲げ、国内の和食文化を世界の様々な地域へ輸出する架け橋となることを目指し、飲食店の運営の他、飲食店等を中心としたサービス業の成長支援を第一に経営サポートを行っています。
飲食事業では、雑誌やテレビ、SNSで話題の鰻のファストフード店「名代 宇奈とと」を国内外で展開し、グループ子会社を通じてミシュランの星獲得店舗、お忍びで多数の著名人が訪れる名店を複数運営。海外では、国内人材不足へのソリューション提供を見据えた人材育成と飲食店の経営サポートを目的に直営店をオープンさせ、海外での飲食店開業ノウハウなどを蓄積してまいりました。2021年10月にはリスクを抑えて海外進出を果たせるリモート海外進出事業を開始。同年12月、「食」と「体験」による日本食文化の発信基地として「名代 宇奈とと」のベトナム2号店を、2022年5月には首都ハノイに「キンマー店」をオープンしました。ベトナムにいながら「日本」を体感できると、現地で大きな話題を呼んでいます。現地食材を活用した飲食店・ゴーストレストランを展開することで、地産地消や雇用創出といったSDGsに関連する取り組みも行っています。
また、2022年2月からは少子高齢化による人材不足に苦しむ飲食店をサポートする目的で、人材紹介サービスを開始しました。この度の「飲食塾」の設立により、さらなる飲食業界の発展、日本経済の活性化に貢献できるよう尽力してまいります。

《会社概要》
本社   東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービル33階
代表者  代表取締役社長 片平 雅之
設立   2003年5月20日
資本金  50,000,000円 (資本準備金336,227,620円)
市場   東京証券取引所グロース市場(証券コード 3474)
URL  http://g-fac.jp/

■本件に関するお問い合わせ
G-FACTORY株式会社
担当部署 管理本部
TEL:03-5325-6868 mail:info@g-fac.jp
[画像4: https://prtimes.jp/i/23530/291/resize/d23530-291-ba826aeefceb6422f182-3.jpg ]


プレスリリース提供:PR TIMES

「調理技術」だけでは飲食店の現場でパフォーマンスを「調理技術」だけでは飲食店の現場でパフォーマンスを「調理技術」だけでは飲食店の現場でパフォーマンスを

記事提供:PRTimes

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

とれまがマネー

とれまがマネー

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2022 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.