その他 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
製品 サービス 企業動向 業績報告 調査・報告 技術・開発 告知・募集 人事 その他
とれまが >  ニュース  > リリースニュース  > その他

「K'FESTA.6」3.12(日)代々木 K-1×RISE 対抗戦再び!玖村将史vs鈴木真彦、斗麗vs安本晴翔、寧仁太・アリvs實方拓海が決定

K-1実行委員会

「K'FESTA.6」3.12(日)代々木 K-1×RISE 対抗戦再び

「K-1を代表してK-1の強さを見せて圧倒的に勝ちたい」(玖村)

2月10日(金)都内・シャトーアメーバにて記者会見が行われ、K-1とRISEの対抗戦が発表されました。昨年6月19日、那須川天心vs武尊という世紀の一戦を中心に、K-1vsRISEを含む対抗戦が行われた「THE MATCH 2022」東京ドーム大会。その夢の続きが「K-1 WORLD GP 2023 JAPAN~K'FESTA.6~」3.12(日)国立代々木競技場第一体育館大会と「Cygames presents RISE ELDORADO 2023」3.26(日)有明アリーナ大会という2団体の年間最大のビッグマッチで実現します。
[画像1: https://prtimes.jp/i/30100/209/resize/d30100-209-a963ed85c56027d8bd57-1.jpg ]

会見にはK-1中村拓己プロデューサーとRISE伊藤隆代表が出席。RISE伊藤代表によると「THE MATCH 2022」で行なわれた対抗戦のファン・選手の反響は大きく、昨年10月から話し合いが重ねられ、年明けには対抗戦が決定したといいます。
「『THE MATCH』をジャンボジェットに例えると、現在は格納庫に入っていて整備されている状況で、本日より滑走路に向けて動き出したということです」と伊藤代表。「THE MATCH」というジャンボジェットを再び大空に飛ばすため、対抗戦によってその機運と盛り上がりを高めていこうというのが狙い。

一方、K-1の中村プロデューサーも、当初は「『THE MATCH』は1回限り」という考えを持っていましたが、ファンや選手の対抗戦に対する熱を感じ取り、アクションを起こしました。
「3月に年間最大のビッグマッチが同じ時期に行なわれることもそうですし、また対抗戦をやるのならこのタイミングなのかなと。これは(対抗戦を)やれということだなと思いました」と、対抗戦の実現を決断。
昨年の「THE MATCH」では11試合の対抗戦が行なわれ、K-1が5勝、RISEが6勝とK-1サイドが負け越しています。その雪辱を晴らす舞台を作った形になるでしょう。

(なお「K'FESTA.6」で行われる試合はK-1ルール、「RISE ELDORADO 2023」で行われる試合はRISEルールで実施)

まず発表されたのがK-1のビッグマッチである「K’FESTA.6」で行なわれる以下3試合です。


スーパー・バンタム級(-55kg)玖村将史vs鈴木真彦


[画像2: https://prtimes.jp/i/30100/209/resize/d30100-209-c6fd89c33ab23a650264-2.jpg ]

対抗戦1試合目はスーパー・バンタム級(-55kg)で行なわれる玖村将史vs鈴木真彦の一戦です。玖村は昨年の「THE MATCH 2022」に出場し、RISE・志朗に勝利。一方のRISEバンタム級王者・鈴木は、現K-1スーパー・バンタム級王者の金子晃大に「THE MATCH 2022」で勝利を収めています。また、玖村は鈴木が勝った金子に昨年のK-1スーパー・バンタム級王者決定トーナメントで敗れ、鈴木は将史が勝った志朗に2回負けた過去がある。両団体の実力者たちの複雑な関係が背後にある注目の一戦です。

一度「THE MATCH 2022」という舞台を経験していることもあってか「僕は今回K-1を代表してK-1の強さを見せて圧倒的に勝ちたいと思います」と、今回も鼻息荒く意気込みを語った玖村。金子の持つK-1スーパー・バンタム級のベルトを狙っていることもあり「金子選手、志朗選手よりも差を見せて勝って、K-1のタイトルマッチを金子選手と今年中にやりたいなと思っています」とその先の野望も述べました。

対する鈴木はRISEの現役のバンタム級チャンピオン。伊藤代表からは「RISEを体現している選手」とお墨付きをもらっての出陣。本人も「K-1に乗り込んでいくという形なんでめっちゃ燃えています」と敵地に乗り込むことに臆するところはない模様。ライバルの志朗が負けた相手とあって「絶対に負けられないなという想いもあります」と必勝を誓うと、「K-1ファン、RISEファン関係なく格闘技ファンが盛り上がるような勝ち方で倒したいと思います」と大舞台を盛り上げることも約束しました。

玖村将史(K-1)
「まずこのような素晴らしいカードを組んでくださったプロデューサーはじめ、関係者の皆様、ありがとうございます。去年の6月の『THE MATCH 2022』で初めてK-1vsRISEという構図の対抗戦が行なわれて、結果的にそこでK-1が負け越してしまうという形になってしまったんですけど、今回はそれを払拭できる、『THE MATCH 2022』の借りを返せる最高の機会かなと思っています。

K-1の舞台は今までいろんな素晴らしいファイターたちが作り上げてきた舞台なので、『他団体から簡単に乗り込めるな』と思うなという気持ちもあるんですけど、対外的に戦っていって、K-1の強さを証明したいという気持ちも、先人のファイターたちの想いだと思うんで、僕は今回K-1を代表してK-1の強さを見せて圧倒的に勝ちたいと思います。

(これまでのお互いの試合を見ていてどういったところが印象的で、どういうところが自分は勝っていて、なおかつどういった形で勝ちたい?)僕が大阪にいてる時からトップで活躍していた選手で、ガツガツ前に来るパンチの上手い、打ち合っても冷静に判断できる強いファイターだと思っています。RISEファイターの中でも一番K-1ルールに向いているんじゃないかなって思いますね。でも、その中でガツガツ来てくれるなら、打ち合いの中のテクニックは僕の方が上なので、その一瞬の隙を突いて倒そうかなと思っています。あと大阪出身同士で昔から知っていたので、いつかやるだろうなと思っていたんで楽しみですね。

(K-1の中でライバルと言われている金子が『THE MATCH 2022』で鈴木に破れているが、今回金子選手の敵討ちのような気持ちはある? それとも鈴木との試合で金子との差を見せてやろうという気持ちの方が強い?)K-1のチャンピオンとRISEのチャンピオンが戦って負けた。そこに関してはK-1のチャンピオンのリベンジ、敵を討ちたいなと思っています。そこで今回鈴木選手に勝ったらK-1に戻って、金子選手も絶対に逃げられない状況になると思うので、僕はK-1のタイトルを目指しているし、今回金子選手、志朗選手よりも差を見せて勝って、K-1のタイトルマッチを金子選手と今年中にやりたいなと思っています」


鈴木真彦(RISE)
「まさか僕もこのような試合が組まれるとは思っていなかったんで、『THE MATCH 2022』という舞台の、しかも今回は『THE MATCH 2022』という舞台じゃなくてK-1に乗り込んでいくという形なんでめっちゃ燃えています。このカードはファンの皆さんも見たいカードやったと思うし、玖村選手は志朗選手にも勝っているんで、僕は絶対に負けられないなという想いもありますね。それと僕はRISEの王者なので、RISEの看板を背負って、『K'FESTA』、格闘技界を盛り上げていきたいと思います。

(ルールがいつもと違うことと、相手のリングに乗り込むことについては?)ルールは特に気にしてなくて、ルールの違いとかもやってみないとわからないんで、そういう面でも楽しみですし、K-1のリングに上がるっていう楽しさもあります。(これまでのお互いの試合を見ていてどういったところが印象的で、どういうところが自分は勝っていて、なおかつどういった形で勝ちたい?)僕とは違ったタイプの強さというか、上手い選手やなとは思っていましたね。それとやっぱりフィニッシュはK-1のお祭りの舞台なのでしっかり盛り上げて、K-1ファン、RISEファン関係なく格闘技ファンが盛り上がるような勝ち方で倒したいと思います」



フェザー級(57.5kg)斗麗vs安本晴翔


[画像3: https://prtimes.jp/i/30100/209/resize/d30100-209-18b570da6b96c7582572-3.jpg ]

2試合目として発表されたのはフェザー級(57.5kg)の斗麗vs安本晴翔の試合だ。共に幼少の頃から格闘技を始めた格闘エリート同士が、対抗戦という形で拳を合わせます。

K-1でも「戦国時代」と言われるほど層の厚いフェザー級戦線で活躍する斗麗は、昨年8月のK-1福岡大会で開催されたK-1フェザー級世界最強決定トーナメントで準優勝という実績を残し、改めてトップ選手であることを証明してきました。今回は初めて対抗戦という舞台を踏むが「この試合がこのリングで決まった意味を僕は理解しています」と腕をぶしています。自身が世界最強になることと、K-1が世界最強のリングであることを証明するという目標を持っている斗麗。その目標のためにも「このリングに上がってくる安本選手を、心から感謝と尊敬の気持ちを持って叩き潰したろうかなと思っています」と、対抗戦での勝利を誓います。

一方の安本は伊藤代表から紹介もあった通り、アマチュアで24冠獲得。またプロでも31戦して26勝したうちの15がKO勝利と高いKO率を誇る選手です。伊藤代表も「フェザー級のトップで、動きもスピードがあり、全てでKOできるオールラウンダー」と太鼓判を押しています。本人も「K-1にRISEの強さを見せつけられるように僕は全力を尽くしますんで、応援よろしくお願いします」と敵地での勝利を誓いました。

斗麗(K-1)
「この試合がこのリングで決まった意味を僕は理解しています。僕は知名度とか数字とかはどうでも良くて、世界一強くなりたいのと、このK-1のリングが世界一だと証明するために戦っています。このリングに上がってくる安本選手を、心から感謝と尊敬の気持ちを持って叩き潰したろうかなと思っています」

安本晴翔(RISE)
「今回K-1出場ということでRISE代表として出させてもらうんですけど、K-1にRISEの強さを見せつけられるように僕は全力を尽くしますんで、応援よろしくお願いします。(ルールがいつもと違うことと、相手のリングに乗り込むことについては?)ルールはキャッチがないくらいなんで練習して、そこはなんとかやります。関係ないと思います」



ウェルター級(67.5kg)寧仁太・アリvs實方拓海


[画像4: https://prtimes.jp/i/30100/209/resize/d30100-209-27130b7e40086ac1c8a9-4.jpg ]

対抗戦の3試合目はウェルター級(67.5kg)で行なわれる寧仁太・アリvs實方拓海の一戦。
伊藤代表も「私の中では柔が實方、剛が寧仁太選手と勝負論がある試合だと思っています」と語るイチオシの試合です。寧仁太は昨年2月に松岡力を破ってKrushウェルター級王座を戴冠した現役のKrush王者。以前より「K’FESTA」出場をアピールしていましたが、対抗戦というカードで実現しました。「ベルトの価値を落とさないように、K-1・Krushの差を見せつけて勝ちたいと思っています」と、Krush王者としての実力をK-1ファンの前で見せつける腹づもりのようです。

対する實方はこれまで4本のベルトを獲得し、海外修行も経て一回り成長してきての対抗戦抜擢。實方本人は「ちょっと錚々たる並びで僕っていうのはパンチが弱いと思うんですけど」と自虐的に語りましたが、「この階級で自分が一番強いと思っているし、誰よりも練習している自信がある」と自信満々。「この試合が終わった後に僕のことを知らない人はいなくなると思うんで、是非楽しみにしていてください」と、Krush王者狩りに自信を見せていました。

寧仁太・アリ(K-1)
「前回の試合が終わってから『K'FESTA』に出たいってアピールしていて、その中でも特別な枠で出させてもらうっていうことでありがたいし、自分の名前を日本中に知らしめたいなと思っています。實方選手の試合を見させてもらったんですけど、技術が凄いあるんですけど、僕はそれに勝るぐらいの身体能力とかがあると思っているので。あと僕はKrushのチャンピオンでベルトを持っているので、そのベルトの価値を落とさないように、K-1・Krushの差を見せつけて勝ちたいと思っています。楽しみにしていてください。」

實方拓海(RISE)
「まずこういう舞台を用意してくださって、僕を選んでいただき、本当にありがとうございます。これはTwitterが荒れますね。ちょっと錚々たる並びで僕っていうのはパンチが弱いと思うんですけど、多分『お前は誰だ?』とか、そういう心ない誹謗中傷がいっぱいあると思うんですけど、期待値が低い分あとは上がるだけだし、僕はこの階級で自分が一番強いと思っているし、誰よりも練習している自信があるし、覚悟を持って自分の人生を格闘技にかけているんで、この試合が終わった後に僕のことを知らない人はいなくなると思うんで、是非楽しみにしていてください。(ルールがいつもと違うことと、相手のリングに乗り込むことについては?)郷に入れば郷に従えなんで、特にルールは気にしていないですね。いろんな人たちが作り上げてきた歴史あるK-1のリングだと思うので、敬意を持って上がらせていただきますし、K-1ファンの皆さまが面白いと思うような試合をするつもりでいるので楽しみにしていてください」



決定対戦カード(2023年2月10日発表)

[K-1スーパー・バンタム級/3分3R・延長1R]
(日本/K-1ジム五反田チームキングス)玖村将史vs鈴木真彦(日本/山口道場)

[画像5: https://prtimes.jp/i/30100/209/resize/d30100-209-0fbd17e8facaa7229592-5.jpg ]


[K-1フェザー級/3分3R・延長1R]
(日本/WIZARDキックボクシングジム)斗麗vs安本晴翔(日本/橋本道場)

[画像6: https://prtimes.jp/i/30100/209/resize/d30100-209-54c1cedc39be44a987ba-6.jpg ]


[K-1ウェルター級/3分3R・延長1R]
(ガーナ/K-1ジム総本部チームペガサス)寧仁太・アリvs實方拓海(日本/TSK japan)

[画像7: https://prtimes.jp/i/30100/209/resize/d30100-209-79536d7d1fecef7ca864-7.jpg ]




既報済みカード

[K-1 WORLD GPスーパー・バンタム級タイトルマッチ/3分3R・延長1R]
(王者/日本/K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)金子晃大vsコンペット・シットサラワットスア(挑戦者/タイ/Sitsarawatser Gym)

[K-1 WORLD GPフェザー級タイトルマッチ/3分3R・延長1R]
(王者/日本/K-1ジム総本部チームペガサス)軍司泰斗vsヴュー・ペッコウーソン(挑戦者/タイ/Petchkoson Gym)

[K-1 WORLD GPライト級タイトルマッチ/3分3R・延長1R]
(王者/日本/朝久道場)朝久泰央vs与座優貴(挑戦者/日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)

[K-1 WORLD GPスーパー・ライト級タイトルマッチ/3分3R・延長1R]
(王者/日本/大和ジム)大和哲也vs林健太(挑戦者/日本/FLYSKY GYM)

[K-1 WORLD GPスーパー・ウェルター級タイトルマッチ/3分3R・延長1R]
(王者/日本/月心会チーム侍)和島大海vsジョムトーン・ストライカージム(挑戦者/タイ/ストライカージム)

[K-1 WORLD GP女子アトム級タイトルマッチ/3分3R・延長1R]
(王者/タイ/Ayothaya Fight Gym)パヤーフォン・アユタヤファイトジムvs菅原美優(挑戦者/日本/K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)

[K-1 WORLD GP女子フライ級タイトルマッチ/3分3R・延長1R]
(王者/日本/K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)KANA vsフンダ・アルカイエス(挑戦者/トルコ/Alkayis Gym)

[スーパーファイト/-69kg契約/3分3R・延長1R]
(日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)野杁正明vsジャバル・アスケロフ(ロシア/Team Askerov)

[スーパーファイト/K-1スーパー・フェザー級/3分3R・延長1R]
(日本/POWER OF DREAM)江川優生vsアダム・ブアフフ(モロッコ/Team Fight Center One)

[K-1バンタム級/3分3R・延長1R]
(日本/ウォー・ワンチャイプロモーション)石井一成vsヨーシラー・チョー.ハーパヤック(タイ/Chor.Hapayak GYM)

[K-1スーパー・フェザー級/3分3R・延長1R]
(日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)大岩龍矢vs小澤海斗(日本/Team KK)

[K-1スーパー・ライト級/3分3R・延長1R]
(日本/K-1ジム五反田チームキングス)鈴木勇人vsパコーン・P.K.センチャイムエタイジム(タイ/P.K.センチャイムエタイジム)

[K-1スーパー・ウェルター級/3分3R・延長1R]
(オランダ/Mike's Gym)ジョーダン・ピケオーvsアビラル・ヒマラヤン・チーター(ネパール/志村道場)

[K-1ミドル級/3分3R・延長1R]
(日本/K-1ジム目黒TEAM TIGER)神保克哉vsヴィニシウス・ディオニツィオ(ブラジル/ブラジリアンタイ)

[K-1ミドル級/3分3R・延長1R]
(日本/team VASILEUS)松倉信太郎vs YOHAN(韓国/ZEEK GYM)

[K-1クルーザー級/3分3R・延長1R]
(日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)谷川聖哉vsステファン・ラテスク(ルーマニア/SCORPIONS IASI)

[K-1クルーザー級/3分3R・延長1R]
(フィリピン/TEAM Aj)AKIRA Jr vs星龍之介(日本/POWER OF DREAM)

[K-1スーパー・ヘビー級/3分3R・延長1R]
(日本/チーム未完)京太郎vs石井慧(クロアチア/チーム・クロコップ)

[プレリミナリーファイト/K-1スーパー・バンタム級/3分3R]
(日本/健成會)愛瑠斗vs光佑(日本/WSRフェアテックス三ノ輪)

[プレリミナリーファイト/K-1フェザー級/3分3R]
(日本/BFA-SEED)橋本雷汰vs山本陸(日本/K-1ジム総本部チームペガサス)

[プレリミナリーファイト/-64.5kg契約/3分3R]
(日本/VAINQUEUR GYM)竜義vs上野空大(日本/K-1ジム大宮チームレオン)

※2023年2月10日現在/出場選手はケガ等により変更となる場合があります。



「K'FESTA.6」2023年3月12日(日) 代々木第一体育館大会 概要


[画像8: https://prtimes.jp/i/30100/209/resize/d30100-209-547122c94dd6827760d2-0.jpg ]

◆日時 2023年3月12日(日) 11:30開場 13:00本戦開始
◆会場 代々木競技場第一体育館
◆主催・著作  K-1実行委員会
◆企画・制作 (株)M-1スポーツメディア
◆運営 (株)グッドルーザー
◆入場料金
ロイヤルシート(特典付き)100,000円 (当日100,500円)
アリーナSRS席 60,000円 (当日60,500円)
アリーナRS席 35,000円 (当日35,500円)
アリーナS席 18,000円 (当日18,500円)
スタンドS席 18,000円 (当日18,500円)
アリーナA席 10,000円 (当日10,500円)
スタンドA席 10,000円 (当日10,500円)
スタンドB席 7,000円 (当日7,500円)
※消費税込み/全席指定/小学生からチケットが必要となります。
※出場選手は予告なく変更になる場合がございます。
※ご購入いただいたチケットの交換、キャンセルは承れません。
チケット販売URL:https://k-1.shop/ticket/products/detail.php?product_id=2090
大会URL:https://www.k-1.co.jp/schedule/16595/

プレスリリース提供:PR TIMES

「K'FESTA.6」3.12(日)代々木 K-1×RISE 対抗戦再び「K'FESTA.6」3.12(日)代々木 K-1×RISE 対抗戦再び「K'FESTA.6」3.12(日)代々木 K-1×RISE 対抗戦再び「K'FESTA.6」3.12(日)代々木 K-1×RISE 対抗戦再び「K'FESTA.6」3.12(日)代々木 K-1×RISE 対抗戦再び

記事提供:PRTimes

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

とれまがマネー

とれまがマネー

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2023 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.