その他 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
製品 サービス 企業動向 業績報告 調査・報告 技術・開発 告知・募集 人事 その他
とれまが >  ニュース  > リリースニュース  > その他

ムーア(MooA)にOpenAI社のGPT-3を活用した新機能をリリース!実証実験を開始

モビルス株式会社

ムーア(MooA)にOpenAI社のGPT-3を活用した新機能を

The SupportTech Companyとして顧客サポート支援のソリューションを開発・提供するモビルス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:石井智宏)は、ムーア(MooA)にOpenAI社のGPT-3を活用した新機能のβ版をリリースし、2月20日より実証実験を開始したことをお知らせします。
昨今世間の注目を浴びているOpenAI社のChatGPTは、GPT-3という大規模自然言語処理モデルをベースに構築されています。GPT-3は1,750億パラメータという巨大な言語モデルであり、ChatGPTのような何かを聞いたら答えるという対話文章生成は出来ることのごく一部の機能となります。
モビルスはこれまで手掛けてきたムーア(MooA)の機能として、GPT-3を活用したオペレータおよびスーパーバイザー向けの「対話要約機能」「対話意図抽出機能」のβ版をリリースしました。既に一部クライアント企業と2月20日より実証実験を開始しています。


■新機能概要
これまでコンタクトセンターのオペレータは、チャットや電話でのユーザーとの対話終了後に、アフターコールワーク(対話終了後業務)として、対話内容の要約に多くの時間を擁していました。また膨大な対話ログを分析し、新たに生まれてくるFAQ(よくある質問)の抽出を行っていました。
この度β版に実装された「対話要約機能」と「対話意図抽出機能」では、これらの業務の自動化を可能にし、オペレータや管理者の不可を大きく下げ、コンタクトセンターの業務効率化を推進します。

(1)対話要約機能:オペレータとユーザーの対話内容から要点を自動でまとめ、文章化を行います。
(2)対話意図抽出機能:ユーザーからの問い合わせおよびオペレータ回答ログから、FAQを自動生成します。


[画像1: https://prtimes.jp/i/31387/198/resize/d31387-198-9926205a91b2b4a6db67-0.png ]

<「対話要約機能」「対話意図抽出機能」のMOBI AGENTへの実装イメージ図>


[画像2: https://prtimes.jp/i/31387/198/resize/d31387-198-2b5e4530c46078274fc2-1.png ]

<対話要約・対話意図抽出におけるデータフロー図>
NLPモジュール(GPT-3)の利用に際して、独自の事前・事後処理を行うことで精度の高い要約・意図抽出を実現


この度リリースとなった機能はこれまで長い間模索しながらも実現できなかった、非常に価値のあるものと考えます。これらの機能について今後精度向上や運用コスト改善を進め、一般商用機能として実装していく予定です。
自然言語処理の世界では、日々革新的な技術変革が起きています。モビルスが目指す、技術の力を用いて課題多きサポート業界を改善するというミッションの推進力はこれからどんどん加速していくと考えます。GPT-3のような最先端技術をサポートの現場に実装することで、ユーザーおよび現場で働かれるオペレータやスーパーバイザーの負荷を下げ、より満足度の高いコミュニケーションを実現できるよう、今後も取り組んで参ります。


■ムーア(MooA ''Mobilus Operational AI'')について
ムーア(MooA)はモビルスが独自開発するオペレーション支援AIで、コンタクトセンターのオペレータやスーパーバイザーの業務をサポートするAIシステムです。
例えば、当社SaaS製品であるMOBI AGENTを介して、オペレータ向けに顧客からの質問の回答候補を提示する、意図せず入力された個人情報を自動でハイライトする、といったコンタクトセンターの業務に特化した支援機能を提供しています。


【モビルス株式会社について】
モビルスは、テクノロジーでサポートを新しくするThe SupportTech Companyです。企業のコンタクトセンターや自治体向けに、AIチャットボット(自動応答)と有人応答によるシームレスなチャットサポートを実現するチャットシステム「MOBI AGENT」や、チャットボット「MOBI BOT」、AI電話自答応答システム「MOBI VOICE」、LINE公式アカウントに対応したセグメント情報配信システム「MOBI CAST」、問い合わせ導線を一元化しガイダンスとフローをビジュアル化する「Visual IVR」をはじめとした、カスタマーサポート支援のソリューション開発を行っています。モビシリーズは500社以上に導入実績があり(2023年2月時点)、5年連続でチャットボット市場売上シェア1位※を獲得しました。
また、LINEが提供する各種法人向けサービスの拡販および機能追加・改善をより積極的に推進することを目的に導入された「LINE Biz Partner Program」において、「Technology Partner」、「Planning Partner」「Govtech Partner」に認定、「Customer Care」のバッジを取得しています。
※「ITR Market View:ビジネスチャット市場2022」

■Mobilus SupportTech Labについて
モビルスが、顧客サポートを進化させるテクノロジー「SupportTech(サポートテック)」の調査や普及を目的として設立したラボです。「Mobilus SupportTech Lab」では、テクノロジーによる顧客サポート現場の課題解決、変革を促すための活動に取り組んでいきます。具体的には、調査レポートやカオスマップの発表、オウンドメディアにおける情報発信、セミナーの主催・共催、登壇、実証実験を通した研究開発などを実施しています。
<プレスリリース>https://mobilus.co.jp/press-release/24252
<オウンドメディア>https://mobilus.co.jp/lab/
会社名:モビルス株式会社
代表者:石井智宏
所在地:東京都港区芝浦一丁目1番1号 浜松町ビルディング15階
設立:2011年9月
上場市場:東京証券取引所 グロース(証券コード:4370)
事業内容:コンタクトセンター向けSaaSプロダクト(モビシリーズ)などのCXソリューションの提供
公式HP:https://mobilus.co.jp/
IR情報:https://mobilus.co.jp/ir

プレスリリース提供:PR TIMES

ムーア(MooA)にOpenAI社のGPT-3を活用した新機能を

記事提供:PRTimes

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

とれまがマネー

とれまがマネー

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2024 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.