人事 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
製品 サービス 企業動向 業績報告 調査・報告 技術・開発 告知・募集 人事 その他
とれまが >  ニュース  > リリースニュース  > 人事

ドキュサイン・ジャパンのカントリーマネージャーに竹内 賢佑が就任

ドキュサイン・ジャパン株式会社

ドキュサイン・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、以下:ドキュサイン・ジャパン)は、本日、2022年7月11日付けで、カントリーマネージャーに竹内 賢佑が就任したことを発表します。

竹内は、2017年に株式会社セールスフォース・ジャパンでコマースクラウド事業部 執行役員、2020年にはデータブリックス・ジャパン株式会社で社長を務め、クラウドアプリケーションやデータ、AIのフィールドにて日本組織のデジタルトランスフォーメーションをけん引してきた実績を有します。

ドキュサイン・ジャパンは、米DocuSignの日本法人として、世界をリードする電子署名サービス「DocuSign eSignature」を中心とした製品群「DocuSign Agreement Cloud」により、日本組織の合意・契約の電子化を支援してきました。竹内のカントリーマネージャー就任により、電子契約・署名による更なる業務効率化やコスト削減、顧客・従業員体験の向上を推し進め、人々が場所にとらわれずほとんどのことができる「The Anywhere Economy(どこでも経済)」の実現を目指します。

ドキュサイン・ジャパンのカントリーマネージャーである竹内 賢佑は次のように述べています。
「日本は昨今、少子高齢化、国際競争力の低下など、様々な社会変容を迎えつつあります。コロナ禍をきっかけに、データ・AIの活用、デジタル化の需要が急速に高まりましたが、社会全体としてはまだ変革の初期段階と言えます。ドキュサインは電子署名サービスのリーディングカンパニーとして、組織及び個人の合意・契約のデジタル化を支援してきました。我々は日本においてその社会変容、デジタル化の加速に大きく寄与できると確信しております。そして、お客様の事業の成長に貢献できますよう、サービスの拡充を図って参ります。」

●竹内 賢佑 写真



●竹内 賢佑 略歴
2002年:米・アメリカン大学 卒業
2011年:マサチューセッツ大学アマースト校でMBA取得
2012年:アドビ株式会社 アカウントエグゼクティブ
2014年:同社 営業統括本部 本部長
2016年:株式会社セールスフォース・ジャパン マーケティングクラウド事業部 ディレクター
2017年:同社 コマースクラウド事業部 執行役員
2020年:データブリックス・ジャパン株式会社 社長
2022年7月11日:ドキュサイン・ジャパン株式会社 カントリーマネージャー

● DocuSign / ドキュサイン・ジャパン株式会社について
米国に本社を持つDocuSign(ドキュサイン)は、企業の合意・契約の準備から署名捺印、実行、管理までを繋ぎ、自動化することをサポートしています。合意・契約の一連のフローを管理する製品群「DocuSign Agreement Cloud」の一部として、あらゆるデバイスから場所や時間を問わずに署名可能であり、世界で最も使用されている電子署名「DocuSign eSignature」を提供しています。180カ国以上の100万社以上のお客様、10億人以上のユーザーがDocuSign Agreement Cloudを活用し、ビジネスのプロセスを加速し、生活の簡素化を進めています。
ドキュサイン・ジャパン株式会社は、米国のDocuSign Inc.の日本法人です。

ドキュサインのご利用、ご購入、ならびに技術的な質問に関しては、お問い合わせ窓口( https://www.docusign.jp/contact-sales )までご連絡ください。また、ドキュサインや電子署名、合意・契約のデジタル化に関するブログは( https://www.docusign.jp/blog/ )をご覧ください。





配信元企業:ドキュサイン・ジャパン株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

記事提供:DreamNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

とれまがマネー

とれまがマネー

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2022 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.