製品 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
製品 サービス 企業動向 業績報告 調査・報告 技術・開発 告知・募集 人事 その他
とれまが >  ニュース  > リリースニュース  > 製品

【新刊書籍】『平和の栖(すみか) 広島から続く道の先に』(発行:集英社クリエイティブ)7月5日発売! 広島の戦後復興のために闘った有名・無名の勇者たちを、臨場感豊かに描いた感動のノンフィクション!!

株式会社 集英社クリエイティブ



     「75年は草木も生えない」と言われた、広島への原爆投下から74年──。
     広島は、誰によって、どのようにして戦後復興を成し遂げてきたのか。
     文献と証言、現場取材を織り交ぜながら、知られざる歴史のドラマを掘り起こす。

『平和の栖(すみか) 広島から続く道の先に』弓狩匡純(ゆがりまさずみ)
2019年7月5日(金)発売

●発行:集英社クリエイティブ  ●発売:集英社  ●定価:本体2,500円+税
四六判ハードカバー  480ページ  ISBN978-4-420-31084-0

第1章 十字架を背負った少年
「広島に、悪魔が舞い降りた」でこの作品は始まる。「神は忽然と姿をくらまし、人類がまた一歩、堕天使へと近づいた。十四万余りもの貴い生命が、その年のうちに失われる」ような惨状の中、市職員は血と汗を流しながら罹災者の救護、食糧支援に奔走する。
第2章 平和という武器
広島をどのような街にするのか。「在りし日の〝廣島″を甦らせる〝再生″を目指すのか、それとも新たな〝広島″を作り上げる〝創造″を選択すべきか」の模索の中、「平和都市」という方向性に舵を切る。
第3章 百メートルの助走
「戦後間もなく、この一画に初めて闇市が立った。荒神市場と誰からともなく呼ぶようになった」広島の街には、やがて百メートル道路、平和記念公園が計画され、1946年平和復興祭が開催される。
第4章 焦土の篝火(かがりび)
「密集したバラックに囲まれ、川向こうには原爆ドーム、借景には遠く二葉山を望むといった何とも殺伐とした」広場で、1947年、第1回平和祭が行われた。GHQの言論統制の中「平和宣言」が世界に向けて発せられ、現在の平和記念式典へと受け継がれていく。
第5章 遥かなる道標(みちしるべ)
「『国益』ならぬ『市益』を勝ち取るための闘いの第二幕」は、1949年の平和記念都市建設法に結実する。その成立までにはマッカーサーとの交渉を含め「様々な素性や経歴、才能、そして想いを抱いた有名無名の侍たち」による、波瀾万丈とも言える執念のドラマがあった。
第6章 片翼の不死鳥(フェニックス)
2016年5月27日、オバマ米大統領が広島を訪れる。「原爆投下命令書に署名した米軍の最高司令官が、七一年という歳月を経てようやく被爆地にやってきた」一日と前後の喧騒を追い、「戦後復興の継承」という国際平和文化都市・広島の新たな責務と未来をも問いかける。

「私のような広島とは無縁の、戦争体験もない人間が核兵器の非人道性について、また戦後復興に尽力された名もなき人々の偉業に着目し、時として憤怒し、不覚にも落涙し、改めて平和の尊さに気づくこと、それこそが原爆によって不本意にも命を奪われてしまった方々が望まれたことだったのではないか」(著者「あとがき」より)

【弓狩匡純(ゆがりまさずみ)】
作家・ジャーナリスト。1959年兵庫県生まれ。米テンプル大学教養学部卒業後、世界50ヶ国以上を訪れ、国際情勢、経済、文化からスポーツまで幅広い分野で取材・執筆活動を続ける。本書は、2017年第15回開高健ノンフィクション賞の最終候補作を加筆修正したものである。主な著書に『国のうた』『社歌』(共に文藝春秋)、近刊に『平和のバトン 広島の高校生たちが描いた8月6日の記憶』(くもん出版)がある。

http://www.shueisha-cr.co.jp/CGI/book/detail.cgi/1593/

【お問い合わせ先】集英社クリエイティブ 03-3239-3811





配信元企業:株式会社 集英社クリエイティブ
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

記事提供:DreamNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2019 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.