製品 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
製品 サービス 企業動向 業績報告 調査・報告 技術・開発 告知・募集 人事 その他
とれまが >  ニュース  > リリースニュース  > 製品

マイクロフォーカス合同会社、基幹業務システムのモダナイゼーションに向けた新ソリューションを発表

マイクロフォーカス合同会社

~お客様に成功をもたらす継続的なモダナイゼーション戦略を可能にするMicro Focus Visual COBOLとMicro Focus エンタープライズ製品の最新版~

2021年9月17日
マイクロフォーカス合同会社(本社:東京都港区、職務執行者:田島 裕史、以下マイクロフォーカス)は、COBOLとメインフレームシステム向けに柔軟なアプリケーション、プロセス、インフラストラクチャのモダナイゼーションソリューションを提供する「Micro Focus Visual COBOL」【https://www.microfocus.co.jp/mfproducts/COBOL/visualcobol/】および「Micro Focus エンタープライズ製品」【https://www.microfocus.co.jp/mfproducts/enterprise/】の新バージョン7.0を、本日より国内にて販売開始、10月15日より出荷開始することを発表します。

マイクロフォーカスは、モダナイゼーションとデジタルトランスフォーメーションの取り組みを通じてIT戦略を実現しようとするお客様を支援し、メインフレームや分散環境で稼働するビジネスクリティカルなアプリケーションをモダナイズしてきた40年以上の経験をもとに、Visual COBOLおよびエンタープライズ製品に継続的な投資を行ってきました。今回の最新リリースは、お客様の投資を保護し、新しい環境やインフラを活用しながら、変化するビジネスの期待に応えることができる実証済みの堅牢なソリューションを提供することで、当社のお客様へのコミットメントを強化するものです。これらは、導入オプションの拡張、最新のメインフレームベースシステムを提供するための新しい開発ツールの追加を通じて、開発者に長期間有効なエンタープライズアプリケーションに取り組む新しい方法を提示すると同時にモダナイゼーション戦略の実現を可能にします。

Visual COBOL およびエンタープライズ製品 7.0の特長と主な機能強化

● お客様が基幹業務システムに行った投資を保護し、従来通りの整合性、品質、性能を維持しながら継続的に稼働させ、これらのシステムを新しいプラットフォームに展開し新技術を活用するための柔軟性を提供します。
o 7.0の新機能:COBOL開発用のVisual Studio CodeへのIDEアクセスは、アプリケーションの変更をより迅速に行うためのアジャイルな最新の開発ツールを提供するとともに、基幹業務システムを維持する新たな開発者にも扱いやすくなります。

● コードスライシング技術を使用して自動的に抽出できるビジネスプロセスを特定し、REST APIを通じて外部への公開や、分散型、メインフレーム、コンテナ、クラウドの各プラットフォームに展開されたマイクロサービスとして提供します。これにより、ビジネス機能を再利用し、アプリケーションを拡張し、継続的にモダナイズします。
o 7.0の新機能:Micro Focus Fortifyとの統合により、開発者やアプリケーションセキュリティの専門家がコードの脆弱性を迅速にスキャンし、Micro Focus COBOLとメインフレームベースのアプリケーションの両方にわたりCOBOL言語を独自にサポートします。

● 互換性を保ちながらメインフレームのCOBOLとPL/Iアプリケーションのクラウドへの移行を可能にし、基幹業務機能を維持しつつ、変更を最小限に抑えリスクを低減します。拡張性と保守性により、アプリケーションとデータを低コストのコモディティ・クラウドインフラストラクチャ上で弾力的にスケールアウトさせることができ、メインフレームで見られるレベルと同等以上の信頼性と継続的な運用を維持します。
o 7.0の新機能:クラウドプラットフォームにスケールアウトする際に、可用性の高い共有データのサポートが拡張され、メインフレームデータをOracle (カタログ、VSAM、およびスプールファイルを含む)でホスティングできるようになりました。パフォーマンスおよび高可用クラスタで企業サーバをスケーリングする際のRedisの代替として、Oracle Coherenceサポートのプレビューも含まれています。
o 7.0の新機能:Enterprise Server内部パスワードVaultシステムのセキュリティが強化され、Hashicorpの使用がサポートされるようになりました。また、本番データファイルを管理する際のData File Editorのセキュリティと操作性が向上しました。

今日のビジネス環境におけるニーズの変化に適応するには、アプリケーションのモダナイゼーションを継続的に進化させる必要があります。デジタルトランスフォーメーションには、成果の向上と価値実現までの時間の短縮を目的とした柔軟で適応性の高い戦略が求められます。マイクロフォーカスは「モダナイゼーション成熟度モデル」によって、お客様がコスト、リスク、スピードの間で適切なバランスを見極めながら、現在のIT資産と将来のビジネス戦略を迅速にマッピングすることを支援し続けています。

? 関連情報

1)Micro Focus Visual COBOL 7.0J および Micro Focus Enterprise Developer 7.0J新機能・強化機能概要【https://www.microfocus.co.jp/pdf/about/news/press/2021/0917/70J.WhatsNew.pdf

2)製品価格表
Micro Focus Visual COBOL 7.0J(開発環境製品)【https://www.microfocus.co.jp/pdf/products/COBOL/price/visualcobol.pdf
Micro Focus COBOL Server 7.0J(実行環境製品)
https://www.microfocus.co.jp/pdf/products/COBOL/price/visualcobol.pdf
Micro Focus Enterprise Developer 7.0J(開発環境製品)
https://www.microfocus.co.jp/pdf/products/enterprise/price/enterprise.pdf
Micro Focus Enterprise Server 7.0J(実行環境製品)
https://www.microfocus.co.jp/pdf/products/enterprise/price/enterprise.pdf
Micro Focus Enterprise Analyzer 7.0J(可視化支援ツール)
https://www.microfocus.co.jp/pdf/products/enterprise/price/enterprise.pdf

? 製品の販売について
販売開始:2021年9月17日
出荷開始:2021年10月15日

? マイクロフォーカス モダナイゼーション製品・サービスに関するお問い合わせ先
マイクロフォーカス合同会社 COBOL事業部 営業部
E-mail: jp.mfllc.sales@microfocus.com
URL: https://www.microfocus.co.jp/about/contact/

Micro Focusについて
Micro Focusは、エンタープライズソフトウェアを通じてグローバルで40,000以上のお客様のビジネスの遂行と変革、適応を支援しています。堅牢な分析エコシステムに支えられた包括的なポートフォリオを持つMicro Focusは、既存技術と新興技術のギャップを埋める実用的で顧客中心のソリューションを提供し、企業がスマートデジタルトランスフォーメーションを実現できるよう支援しています。

マイクロフォーカス合同会社は、英Micro Focus社の日本法人です。Micro Focus社に関する詳細は www.microfocus.com、マイクロフォーカス合同会社に関する詳細は www.microfocus.co.jp をご覧ください。

※本文中の各社の社名、製品名は各社の商標または登録商標です。



配信元企業:マイクロフォーカス合同会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

記事提供:DreamNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2021 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.