製品 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
製品 サービス 企業動向 業績報告 調査・報告 技術・開発 告知・募集 人事 その他
とれまが >  ニュース  > リリースニュース  > 製品

SABIC、新しいLNP(tm) KONDUIT(tm)コンパウンドを発表、複雑なDDRメモリIC用テストソケットで卓越した熱伝導性と高流動性を発揮

SHPPジャパン合同会社



日本・東京、2022年11月30日 - 化学業界のグローバルリーダーであるSABIC(日本法人:SHPPジャパン合同会社、東京都千代田区)は本日、ダブルデータレート(DDR)メモリ集積回路(IC)のストレステストに使用されるバーンインテストソケット(BiTS)の厳しい要求に対応可能な新しい特殊材料「LNP(tm) KONDUIT(tm) 8TF36E」コンパウンドを発表した。DDR ICではピン数の増加やテスト温度の上昇、小型化が進んでいることから、BiTSコンポーネントに使用される素材にはより高度な特性が求められている。SABICの新しいコンパウンドは、複雑で微細なBiTS設計を可能にする非常に高い流動性に加え、テスト中におけるBiTSの性能を高める優れた寸法安定性と高耐熱性、テスト後の熱を素早く放散する高い熱伝導性を備えている。

SABICのLNP KONDUIT 8TF36Eコンパウンドは、熱伝導性フィラーを充填したナイロンなどの現行素材と比べ、より高い流動性と優れた寸法安定性を発揮する。この新しい素材の使用によって、これまで対応が難しかったさまざまな課題に対処することができる。

SABICのLNP & NORYLビジネス・マネジメント・ディレクターであるJoshua Chiawは、「DDRメモリICはモバイル機器やPCだけでなく、車載機器やクラウドコンピューティングシステムといった、高速なデータ転送レートが求められるさまざまなアプリケーションでの使用拡大に伴い、着実に需要が増加しています。次世代のDDR ICを評価するバーンインテストソケットには、より高い特性を備えた新しい素材ソリューションが求められており、SABICは、こうした従来材料では対応できなかったニーズに応える材料開発に取り組んでいます。私たちは高性能素材に継続的な投資を行っており、これは半導体業界に対するSABICの強いコミットメントを示すものです」と話している。

◆テスト工程で高い性能を発揮
ダブルデータレートメモリICは、プロセッサのクロックサイクル毎にデータを2回取得しデータ転送を高速化することで、ゲームや人工知能といった膨大なデータを扱うアプリケーションで求められる高スループットの要求に対応する。
しかし、ICの高機能化が進む一方で、テストソケットメーカーには、高温、高圧、小型化、多ピン化への要求が強まっている。このためDDR IC用のBiTS設計においては、高精度、高耐久性、および加工性が必要となっている。

LNP KONDUIT 8TF36Eコンパウンドは高い流動性を特徴としており、テストソケットの設計における微細化、多ピン化、複雑化を可能にする。本コンパウンドは、テスト工程で求められる150度Cの試験温度に容易に耐えることができる上、寸法安定性を維持することで測定精度の向上にも寄与する。また、この高耐熱性によって、BiTSを劣化させることなく繰り返しの使用も可能となる。さらに、LNP KONDUIT 8TF36Eコンパウンドは最高260度Cまでの極度の高温環境にも対応できるため、将来的により高温のBiTS要件を満たす特性を備えている。加えて、最大4.5 W/m・Kという高い熱伝導率を発揮するため、テスト後に熱を素早く放散することができる。

SABICの新しいコンパウンドは、BiTSアセンブリのラッチやアダプターといった固定構造部品に最適である。

SABICのAPAC地域フォーミュレーション&アプリケーション担当ディレクターであるJenny Wangは、「メモリチップの進歩に伴い、バーンインテストソケットには新たな要求が課せられています。DDR ICの高機能化に伴い、信頼性テストにおいては、BiTSシステム内の全デバイスに均一にストレスがかかることを検証するため、温度管理が非常に重要です。SABICの新しいLNP KONDUITコンパウンドは、現行の素材では実現できなかった特性を可能にしています。高い熱伝導率をはじめとして、試験の成功に貢献するさまざまな重要な特性を提供します」と話している。

SABICの新しいLNP KONDUIT 8TF36Eコンパウンドは全世界で入手可能である。


SABICについて
SABIC(サウジ基礎産業公社)は、サウジアラビアのリヤドに本社を置く化学製品のグローバルカンパニーです。SABICはアメリカ大陸、ヨーロッパ、中東およびアジア太平洋地区を拠点として、化学品、汎用製品、高機能性プラスチックス、肥料、金属といった製品の世界規模での生産活動を行っています。
SABICでは解決すべき課題の特定やソリューションの開発を通して、建設、医療機器、包装、肥料、電気電子、輸送機器、クリーンエネルギーといった主要アプリケーションに携わる顧客をサポートしています。
SABICの2021年の純利益は230億サウジ・リヤル(61.5億米ドル)。2021年の総売上高は1,740億サウジ・リヤル(466億米ドル)。2021年末の総資産は3,180億サウジ・リヤル(849億米ドル)。2021年の生産量は5,800万トン。
SABICは世界50か国以上で事業を展開し、3万1,000人を上回る従業員を全世界で雇用しています。SABICでは、イノベーションと独創性の育成を促進するため、グローバルで10,090件の特許取得および特許出願を行っているほか、5つの主要地域(アメリカ、ヨーロッパ、中東、東南アジア、北東アジア)においてイノベーションのハブとなる研究開発のリソースを有しています。
https://www.sabic.com/

SHPPジャパン合同会社について
SABICは、2020年4月1日付で日本法人の称号をSABICジャパン合同会社からSHPPジャパン合同会社に変更しました。





配信元企業:SHPPジャパン合同会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

記事提供:DreamNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

とれまがマネー

とれまがマネー

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2023 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.