サービス – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
製品 サービス 企業動向 業績報告 調査・報告 技術・開発 告知・募集 人事 その他
とれまが >  ニュース  > リリースニュース  > サービス

Akai Professional Forceファームウェアを3.0.1にアップデート

inMusic Japan株式会社



このアップデートによりローンチ/ノートモード、サイドチェインコンプレッサー(Mother Ducker)、レコーディングプリファレンスのアップデート、サンプルとループのオーディション機能の改善が施されます。

ForceのNAMM 2019でのデビューを受け、電子楽器のトップメーカーAkai Professionalは3.0.1アップデートを2月5日にリリースしました。これにより画期的なパフォーマンス/音楽制作デバイスであるForceにさまざまな新機能とワークフローの改良が導入されます。

Forceはクリップローンチ、ステップシーケンス、サンプリング、シンセ、7インチのマルチタッチディスプレイなど、最新のクリップベースのワークフローに欠かせない機能をミュージシャン、DJ、プロデューサーに提供します。最新のワークフローを備えたForceは、PCに接続しなくても使用できるスタンドアローン製品を求めていたユーザー向けに設計されています。

3.0.1アップデートでは革新的なローンチ/ノートモードを導入しユーザーは1つのパッドレイアウトを分割して、クリップの起動とノートモードを同時に利用することができます。さらに3.0.1にはMother Ducker(マザーダッカー)とMother Ducker入力エフェクトプラグインが搭載されます。これはMPCバージョン2.4で追加されたもので、このプロセッサによりForceのミキサーウィンドウ内のインサートを使い簡単にサイドチェインエフェクトをかけることができます。

3.0.1ではさまざまなワークフローの改善が施されています:
● レコーディング設定におけるクリップレコーディングの長さの固定
● ブラウザ内でのサンプル/ループのオーディションの改善 - テンポ情報が埋め込まれたファイルはForceのマスターBPMと同期してオーディション可能になりました。
● ドラムプログラムの機能強化 - Forceのハードウェアコントロールサーフェスでドラムプログラム中のパッドのミュート/ソロ操作が可能になりました。
● FLACおよびOGGファイルの読み込みが可能になりました。
● AIRダイナミクス系プラグイン(コンプレッサー、チャンネルストリップ、マキシマイザー、トランジェント、ノイズゲート)に入出力レベルと適用されるゲインリダクション量を示すメーターを追加しました。

Forceの主な特徴
● スタンドアローン - コンピューター不要
● 8x8 RGB LED付きクリップ起動マトリクス
● 7インチフルカラーマルチタッチ・ディスプレイ
● マイク / インストゥルメント / ライン入力、出力×4
● 1/8” TRS MIDI In / Out / Thru端子 (5ピンDINアダプター付属)
● モジュラーシンセをも統合する設定可能なCV/Gate出力×4
● グラフィカルなOLEDディスプレイ搭載タッチセンシティブノブ×8
● リアルタイムなタイムストレッチとピッチシフト
● オールラウンドに活躍するAIR Music Technologyによる4種類のシンセエンジン:Hype、TubeSynth、Bassline、Electric
● Forceは8トラックのステレオ録音機能
● 16GBのオンボードストレージ(10GB以上のサウンドをあらかじめ収録)
● RAM 2GB
● フルサイズSDカードスロット
● ユーザーによる拡張が可能な2.5インチSATAドライブコネクター(SATAおよびHDD)
● USBメモリーやMIDIコントローラーを接続できるUSB 3.0スロット×2

「最新のクリップベースのワークフローをPCレスで使えるようにした点で、Forceは登場後すぐに賞賛を受けました」アカイプロフェッショナルのプロダクトマネージャー、ダン・ギル(Dan Gill)は語っています。「3.0.1は、Forceを名実ともにスタンドアローンでの音楽制作の原動力にします。このことはユーザーがより制作に没頭できるよう、常にプラットフォームを改良すると同時に機器自体とワークフローを強化していく、という当社のコミットメントです」


Akai Professionalについて
世界で最も影響力のある電子楽器のメーカーであるAkai Professionalは、音楽制作者に力を与える比類なき表現の可能性を持つクリエイティブなテクノロジーを開発しています。Akai Professionalは様々な世代のプロデューサーやパフォーマーにインスピレーションを与え、まったく新しいジャンルの音楽を生み出した伝説的なMPCを生み出したことでよく知られています。Akai Professionalは、inMusic Japanの一員です。

記事提供:DreamNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2019 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.