サービス – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
製品 サービス 企業動向 業績報告 調査・報告 技術・開発 告知・募集 人事 その他
とれまが >  ニュース  > リリースニュース  > サービス

関西学院大学で学生たちがスポーツ用義足を体験 NPO法人STANDの協力で実施

関西学院大学

関西学院大学で学生たちがスポーツ用義足を体験utf-8



東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を控え、学生にパラリンピックを身近に考えてもらおうと、関西学院大学は6月14日、西宮上ケ原キャンパスの中央芝生などでスポーツ用の義足を学生が体験するイベントを開きました。障害者スポーツの普及などに取り組むNPO法人STANDの協力で、2012年のロンドンパラリンピックに出場した春田純選手と義肢装具士の沖野敦郎さんに来ていただき、学生たちは初心者でも扱いやすいタイプの体験用義足を装着したり、病気で左足下部を失った春田選手が義足を付け替えるところを間近で見たりしました。




 体験会は午前と午後に計3回実施し、計約40人の学生が体験しました。学生たちは沖野さんから装着方法の説明を聞いたあと、いすに座って実際に装着、ゆっくり立ち上がって歩いてみました。最初は立ち上がることも難しく、他の人の肩を借りなければならなかった学生も、沖野さんや春田選手に体重のかけ方などコツを教えてもらうと少しずつ上達し、軽く走れるほどになっていました。一方で、初めてとは思えないほど軽々と歩いたりジャンプしたりする学生もいました。

 沖野さんは「義足を装着して動くことの難しさや、義肢装具士という職業があることなどを理解してもらい、少しでも興味を持ってもらえたらうれしい」と語っていました。一方、義足を体験した学生は「重心のかけ方がとても難しかった。足を回転させて走るというよりは、トランポリンのような感覚だった」「選手たちは簡単に扱っているように見えていたが、難しさを知ることができた。競技を見る時には、今までとは違った気持ちで観戦することができると思う」などと話していました。

▼本件に関する問い合わせ先
関西学院 広報室
住所:兵庫県西宮市上ヶ原一番町1-155
TEL:0798-54-6873
FAX:0798-54-0912


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

関西学院大学で学生たちがスポーツ用義足を体験utf-8関西学院大学で学生たちがスポーツ用義足を体験utf-8

記事提供:Digital PR Platform

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2019 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.