サービス – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
製品 サービス 企業動向 業績報告 調査・報告 技術・開発 告知・募集 人事 その他
とれまが >  ニュース  > リリースニュース  > サービス

ベライゾン、ロンドンに5Gラボ&スタジオを開設し、国際的な 5Gエコシステムを拡大

ベライゾンジャパン

● 米国以外で初のVerizon 5G対応の開発と協業を可能にする施設を開設
● 既存の5Gユースケースとエクスペリエンスを紹介し、5G対応アプリケーション開発のための協業スペースを提供
● 5G対応のプロダクションスタジオは、Verizon Mediaのお客様に次世代のコンテンツエクスペリエンスを提供
● Verizonは、欧州で投資することで、5Gのリーダーシップと専門知識を米国以外の企業とより容易に共有が可能
● Verizon BusinessとVerizon Mediaの専門知識を共存させることで、5Gインフラストラクチャとコンテンツの両方に独自の総合的なアプローチを提供します

ベライゾン(日本法人:ベライゾンジャパン合同会社、東京都千代田区、以下「ベライゾン」)は、ロンドンで新しい5Gイノベーション・ラボおよびプロダクションスタジオを開設しました。この施設は、ベライゾンにとって、米国以外で初の5G対応施設となり、当社の国際的にビジネスを展開する企業およびメディア業界のお客様を支援します。本日営業を開始するこのラボは、ロンドン中心部にあるベライゾンのミッド・シティー・プレイス・オフィスに開設され、企業・組織が5Gのアプリケーションとエクスペリエンスの開発およびテストをライブで実施可能なVerizon 5G対応環境を提供します。

ベライゾンの5Gラボは、5Gのエコシステムを拡大するためのスペースをテクノロジーイノベーターに提供することを目的としています。スタートアップ企業や学術団体、企業および組織は、本ラボにおいてベライゾンとともに5Gネットワークテクノロジーの可能性を追求すると共に、新しいアプリケーションやハードウェアの共同開発、ならびに5Gの世界で実現可能な世界の再考が可能になります。潜在的なユースケースには、自動運転車、スマートコミュニティ、バーチャルヘルスケア、スマートマニュファクチャリング、産業用IoT(IIoT)、没入型教育、拡張現実(AR)および仮想現実(VR)、レスポンシブゲームを、超高速、超広帯域、低遅延で提供する5Gによって強化する方法の調査・検証などが含まれます。

企業・組織は、ベライゾンのロンドン・ラボを通じて、ベライゾンは5G対応のアプリケーションデリバリにおける経験と専門性を米国以外に本拠を置く企業と共有できるようになります。ラボを訪問する企業・組織は、5Gの既存のユースケースとそのエクスペリエンスに実際に触れ、さらにベライゾンのチームと連携して自らのアプリケーションを開発することができるようになります。

ベライゾン・ビジネスグループ、イノベーション担当バイスプレジデントのトビー・レッドショウ(Toby Redshaw)は、次のように述べています。「米国において、ベライゾンは5G提供における専門知識を証明してきました。5Gの真の可能性を最大化する最善の方法の1つは、イノベーターやビジョナリーがそれを手に入れられるようにすることです。国際的なお客様は、5G対応の独自のアプリケーションやエクスペリエンスを開発するにあたって、当社のロンドンの施設を利用して、このような専門性の享受が可能になります」

ロンドン・ラボでは、広告とエンターテインメント、教育、製造、医療、小売、エネルギー・公共機関および施設などのさまざまな業種において5G対応の選りすぐりのユースケースを紹介します。その中には、モバイルコマンドセンター、拡張現実(AR)を利用したショッピングと店舗でのスマートな商品陳列、インテリジェントな資産管理、ならびにAR対応ワークスペースの再検証などが含まれています。

さらに、ベライゾンは、5Gラボを補完する5G対応プロダクションスタジオを2020年4月、ロンドンにオープンする予定です。このスタジオでは、Verizon Mediaが所有および運営するブランド、ならびにそれらのパートナーおよびお客様が、ボリューメトリックキャプチャやモーションキャプチャ、ARブロードキャストといった最先端の設備を使って、ARおよびVRのエクスペリエンスを含む、優れた品質の3Dコンテンツを製作するためのスペースを提供いたします。また、5Gに対応するこのプロダクションスタジオは、革新的でクリエイティブな企業に対してインキュベータースペースを提供します。これらの企業は、膨大な量のデータをほぼ瞬時に転送できる5Gの能力の恩恵を享受する未来のコンテンツの構築方法をテストおよび学習することができます

Verizon MediaのRYOTスタジオはすでに、国連気候行動サミット2019や「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」のワールドプレミアといったイベントで、広告主およびメディア向け5G対応エクスペリエンスのパワーを実証しています。

RYOT Studioの責任者であり、Verizon Mediaの5G EMEAのマーク・メリング(Mark Melling)は次のように述べています。
「ロサンゼルスのRYOT 5G Studioは、昨年オープンした米国初で唯一の5Gプロダクションハウスでした。我々は、ロサンゼルスと同様に、素晴らしい次世代コンテンツ制作施設を提供する新しいスタジオをロンドンに開設します。コンテンツが2Dから3Dの世界に移行する中、我々はパートナーに最も最先端のテクノロジーへのアクセスと5Gの実験環境を提供し、最高のクリエーター達を集め世界クラスのエクスペリエンスを構築することができます。これにより、当社は、5Gテクノロジーの成長がもたらす新しい世界に向けて準備することができます」

ベライゾンは、米国のニューヨーク、ワシントンDC、ケンブリッジ(マサチューセッツ州)、パロアルトおよびロサンゼルス(カルフォルニア州)で5Gラボをすでに運営しています。また、ワシントンDCの施設内に5G First Responder Labを、ロサンゼルスの施設内に5G esportsトレーニングセンターをオープンしています。ベライゾンは最近、5G Future Forum https://www.verizon.com/about/news/global-5g-leaders-create-future-forumにて、AméricaMóvil、KT、Rogers、Telstra、Vodafoneと、世界中の5Gおよびモバイルエッジコンピューティング対応ソリューションの提供を加速することを目指とした協業を発表しました。ベライゾンの5Gにおけるリーダーシップについての詳細はこちらhttps://www.verizon.com/about/our-company/5g、ベライゾン5Gラボについてはこちらhttps://verizon5glabs.com/、またRYOTスタジオの作品についてはこちらhttps://www.ryotstudio.com/をご参照ください。









配信元企業:ベライゾンジャパン
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

記事提供:DreamNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2020 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.