サービス – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
製品 サービス 企業動向 業績報告 調査・報告 技術・開発 告知・募集 人事 その他
とれまが >  ニュース  > リリースニュース  > サービス

大学受験で現代文を得点源にしたい受験生向け「ハイレベル現代文~既存の現代文教育に対するアンチテーゼ~オンライン」が6月6日(土)に開講します。答えの出し方に特化した解説で得点力を養います!

株式会社アリスメティカジャパン

株式会社アリスメティカジャパンが運営する「受験国語専門 読解ラボ東京」(所在地:東京都千代田区、代表 長島康二)が、6月6日(土)から毎週土曜日の14:30~16:00にて、大学を対象にした「ハイレベル現代文~既存の現代文教育に対するアンチテーゼ~オンライン」を開講いたします。



当塾では開業以来、オンライン授業と非常に親和性の高い電子黒板を使用しており、ホワイトボードや机上で行う指導と比べ「視認性」「即応性」「再現性」に優れた指導を可能にしています。

そのような強みを持った当塾の指導をオンライン授業にそのまま適用することで、教室で受ける授業さながらの授業をオンラインでも再現しております。



読めれば解ける。現代文教育の現場でよく言われる言葉です。このような考え方に基づいた指導で、受験生は点数を伸ばせるのでしょうか。

入試現代文の文章は非常に難解です。受験生が問題なく読める文章を出題するとテストにならないため、「普通の受験生が理解できないレベルの文章」が出題されます。つまり、読めれば解けるという考え方は、入試現代文の構造に逆らうようなもので、無理のある考え方なのです。出題された文章がどのような内容だったか解説したところで、受験生が試験の場で講師の言うように本文を読めるようにはならないということです。

では、この現代文という科目とどう戦っていけばよいのでしょうか。現代文の答えは必ず本文に書かれているため、解き方に基づいて、答えになる箇所を見つけていくべきでしょう。
本講座では、あくまでも受験指導の場であることを踏まえ、答えの出し方に特化した解説をご提供いたします。それによって、受講者の得点力を養って参りますので、ご受講いただければ幸いです。

【使用テキスト】
オリジナルプリント
※難関私大・国公立大学の過去問から、良問を見繕っております。

【対象】
現代文を得点源にしたい大学受験生
※非受験学年も参加可能です。

【定員】
8名

【日程】
毎週土曜日 14:30~16:00

【授業料】
7,200円/1コマ(90分)


【本件に関するお問い合わせ】
会社名:株式会社アリスメティカジャパン
担当者:藤井
URL:https://dokkai-labo.tokyo/
TEL:03-4214-8696
E-Mail:info@dokkai-labo.tokyo





配信元企業:株式会社アリスメティカジャパン
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

記事提供:DreamNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2020 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.