サービス – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
製品 サービス 企業動向 業績報告 調査・報告 技術・開発 告知・募集 人事 その他
とれまが >  ニュース  > リリースニュース  > サービス

新築一戸建て向けホームインスペクション(住宅診断)に新オプション開始、引き渡し前の“最後の砦”!内覧会での指摘事項をプロが再確認

株式会社さくら事務所



新築一戸建ての内覧会(竣工検査)は、建物が出来上がり引き渡しの間に行われ、施主と現場監督が一緒に現場を確認します。そして、その際に見つかった不具合が直っているかを確認し、引き渡しとなります。当然、施工側には不具合を“完全に直した上で”施主に引き渡す義務があります。

しかし、残念なことに戸建ての場合は、新築マンションと比較して、指摘事項が直っておらず有耶無耶になることが多く、入居後に不具合が発生してしまうケースが少なくないのが現状です。

そこで、施主が安心して引き渡しを迎え、住む人が快適な暮らしを送ることができるよう、業界初の個人向け総合不動産コンサルティング、ホームインスペクション(住宅診断)を提供する株式会社さくら事務所(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大西 倫加)は、新築一戸建ての内覧会(竣工検査)の指摘事項が、しっかりと直されているかを当社ホームインスペクター(住宅診断士)が再確認するサービスオプション「指摘事項の再確認」の提供を9月1日(火)より開始しました。

例えば、室内のコンセントカバーが外れているなど目視しやすい箇所であれば再確認は簡単ですが、特に床下や屋根裏などは施主が直接確認することが難しく、不具合が放置されてしまっていることもあります。

家を買うことは一生のうちで大きな決断です。大切な住まいとそこに住む人を守るために、ある意味、本サービスは引き渡し前の「最後の砦」といえるのです。

■新築一戸建て内覧会(竣工検査)での実例
内覧会で床下を点検したところ、床下断熱材が外れていた!
指摘はしたが、その後の再確認でも直っていなかった・・・
(目に付きづらい箇所は、しっかりと確認をすることが難しく、修繕が甘くなりがちなのが実態です)

■サービス概要
名称:指摘事項の再確認 
※「新築一戸建てインスペクション(住宅診断)・内覧会(竣工検査)立会い」サービスのオプション
サービスサイト:https://www.sakurajimusyo.com/expert/service-option.php#shitekijiko
※詳しいサービス内容、料金などはサービスサイトを確認ください








配信元企業:株式会社さくら事務所
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

記事提供:DreamNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2020 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.