サービス – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
製品 サービス 企業動向 業績報告 調査・報告 技術・開発 告知・募集 人事 その他
とれまが >  ニュース  > リリースニュース  > サービス

ディリジェントがモダン・リーダーシップ・イニシアチブの流れを強化し、取締役採用の透明性をかつてないほど高めて多様性を促進

2020年09月21日

世界的人材サーチ会社のハイドリック&ストラグルズとエゴンゼンダー、11社のプライベート・エクイティ投資会社、および主要な多様性パートナーが参加し、ディリジェント取締役ネットワークで取締役のポストを公開する取り組みを拡大

ニューヨーク

(ビジネスワイヤ) -- 70万人近い取締役と経営陣が利用する有力モダン・ガバナンス企業のディリジェント・コーポレーションは本日、当社の「モダン・リーダーシップ」イニシアチブを強化する新たなパートナーシップを発表しました。このイニシアチブは、組織の多様性をさらに促進してガバナンスを最新化するために必要なリソース、知見、パートナーシップ、テクノロジーを上級幹部に提供するものです。モダン・リーダーシップを推し進めるため、ディリジェントはさらに11社のプライベート・エクイティ投資会社と提携し(合計21社)、また、ハイドリック&ストラグルズとエゴンゼンダーを含むさらに4社の人材サーチ会社が創設パートナーであるスペンサースチュアートに加わります。これらのパートナーは、ディリジェント取締役ネットワーク内に、特に多様性のある候補者に向けた空席の取締役ポストを掲載します。

本プレスリリースではマルチメディアを使用しています。リリースの全文はこちらをご覧ください。:https://www.businesswire.com/news/home/20200921005425/ja/

このイニシアチブは、取締役の採用システムを透明化し、多様性のあるネットワークにこのプロセスを開放することを目的としています。現状打破の中心にいる意思決定者と直接連携することにより、ディリジェントはモダン・リーダーシップ・イニシアチブを介してデータとテクノロジーを活用して、これまで代表者として少数だったグループのために機会と採用を増やすことに力を入れ、世界有数の組織の最高レベルで多様性を推進しています。

ディリジェントのブライアン・スタッフォード最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「モダン・リーダーシップの目的は、経営陣や取締役会の採用プロセスを透明化することにより、企業が最も多様性のある人材ネットワークにアクセスできるようにすることです。当社が長年にわたって学んだことは、取締役会を多様化するためには、従来の専門職集団の外に出る必要があるということです。多くの点でネットワーク形成に問題があるのであり、パイプラインが問題ではないのです。モダン・リーダーシップは、新たなレベルのアクセスと透明性をもたらすことでこの問題を解決します。」

6月に開始されたモダン・リーダーシップのイニシアチブは非常に大きな成功を収め、多様性のある候補者向けの空席の取締役ポストは100件に近くになりました。このイニシアチブの一環として、ディリジェントの取締役ネットワーク(世界最大規模で最も多様性のある取締役候補者コミュニティー)では、現在、500人以上が、現職の公開企業の取締役により取締役候補として指名されています。モダン・リーダーシップとディリジェント取締役ネットワークを組み合わせることで、取締役会が新たな人材を特定して採用する方法が変革され、取締役選考プロセスはかつてないほどに透明化されます。

モダン・リーダーシップを取り巻く既存の勢いを強化するため、本日、ディリジェントは以下を行います。

さらに11社のプライベート・エクイティ投資会社と連携して、多様性のある取締役候補者のために取締役職を創設します。直近でディリジェントと提携することになったプライベート・エクイティ投資会社は、TPG、フランシスコ・パートナーズ、ICVパートナーズ、GIパートナーズ、ニュー・マウンテン・キャピタル、ザ・ジョーダン・カンパニー、ザ・リバーサイド・カンパニー、パラディウム・エクイティ・パートナーズ、アーガンド・パートナーズ、スメル・エクイティ・パートナーズ、ブルーポイント・キャピタル・パートナーズです。これらの企業が加わることで、モダン・リーダーシップ・イニシアチブには、合計で21社のプライベート・エクイティ投資会社が参加することになります。 さらなる人材サーチ会社を活用して、かつてない方法で人材サーチをより広く広報して共有します。スペンサースチュアートとの継続的なパートナーシップに加え、直近でディリジェントと提携する企業には、エゴンゼンダー、ハイドリック&ストラグルズ、SPMBがあります。 全米投資会社協会およびアメリカ投資評議会のメンバーと協力して、主要なプライベート・エクイティ投資会社の取締役会での多様性の必要性をさらに主唱します。 経営陣と取締役の多様化に取り組むさらに10団体の組織と提携します。これには、アテナ・アライアンス、ブラックノース、シグマ・パイ・ファイの企業取締役会黒人委員会、トイゴ財団が含まれます。ディリジェントは、これらのパートナーシップを通して、リーダーシップの多様性に注力する15の組織のメンバーと会員を当社の取締役ネットワークの輪に含めます。

TPGキャピタルのパートナー兼人材責任者のベン・ホルゼマー氏は、次のように述べています。「ディリジェントのモダン・リーダーシップ・イニシアチブに参加し、多様性のある人材向けのダイナミックで透明性のある市場を構築するというビジョンをサポートできることをうれしく思っています。この数年間、当社は、ポートフォリオ企業の取締役会で性別、人種、民族の多様性を高めることに注力し、これまでに80人を超える女性取締役を任命した企業と提携してきました。ディリジェントのプラットフォームを活用してこの刺激的な活動を強化し、幸運にも当社独自の広範なネットワークを通して紹介を受けた多くの才能ある多様な経営陣を紹介できることを楽しみにしています。」

エゴンゼンダーの取締役会業務のマネジングパートナーであるアシュリー・サマーフィールド氏は、次のように述べています。「エゴンゼンダーでは、より良い世界に向けたリーダーシップを信じています。主要な企業の取締役会にますます多様な才能ある個人が参加することは、世界の組織の業績、社風、利害関係者にプラスの影響を与えると確信しています。ディリジェントとそのパートナーが主導するこのイニシアチブに参加できたことを光栄に思っています。」

ハイドリック&ストラグルズの多様性・包摂性業務のマネジングパートナーであるリンドン・テイラー氏は、次のように述べています。「(まずはトップの地位から)多様性実現において真の変化を起こすためには、取締役会と組織は、多様性と包摂性に対する枠組みを転換し、定義やアプローチを変更しなければなりません。ディリジェントのモダン・リーダーシップ・イニシアチブに参加し、経営陣が可能な限り最高の多様性のあるチームを構築できるよう支援できることを大変うれしく思っています。」

トイゴ財団のナンシー・シムズ理事長は、次のように述べています。「取締役会の多様性に関する概念を変え、組織がモダン・リーダーシップ・イニシアチブを介して人材とつながる方法を提供する非常に大きな機会があります。トイゴの組織のメンバーならびに取締役会に加わる意欲と専門知識を有する幅広いネットワークをサポートするこの活動に参加できたことをうれしく思います。」

モダン・リーダーシップの当初のパートナーは、インサイト・パートナーズ、クリアレイク・キャピタル、ビスタ・エクイティ・パートナーズ、ヘルマン・アンド・フリードマン、Hg、ジェンスター・キャピタル、TAアソシエーツ、K1インベストメント・マネジメント、オーロラ・キャピタル・パートナーズ、グレイン・マネジメントの10社の有力プライベート・エクイティ投資会社で構成され、多様性のある取締役候補者向けに取締役職の特定と創設を行っています。このイニシアチブの立ち上げにはまた、エグゼクティブサーチおよびリーダーシップ顧問会社のスペンサースチュアートとのパートナーシップが含まれており、取締役の機会を促進し創出しています。

ディリジェント・コーポレーションについて

ディリジェント・コーポレーションは現代的ガバナンスのパイオニアであり、効果的なガバナンスを競争上の利点へと転換できるようリーダーに力を与えています。業界イノベーターのチームによる比類のない洞察力と高セキュリティーの統合SaaS技術により、業界をリードするディリジェントのソリューションは、経営陣や取締役のレベルでの仕事の方法に変化をもたらしています。ディリジェントは、説明責任と透明性の推進においてリーダーから信頼され、利害関係者や株主にとっての優先事項への対応にも利用されています。当社のアプリケーションは、取締役や委員会の日々の仕事を効率化し、共同での作業の支援や確実な情報共有にも役立てられています。官民の多様な組織を念頭に活動するディリジェントは、現代的ガバナンスの新たな時代を迎え入れるためのご支援をいたします。

取締役と経営陣の世界最大のネットワークを有するディリジェントは、90カ国以上にわたる1万9000を超える組織、約70万人のリーダーから信頼を受けています。包摂性とアクセス性を考えるディリジェントは、最大規模の公的ガバナンス主体に利用され、これにはフォーチュン1000の50%以上、FTSE 100の70%以上、ASXの65%以上が含まれます。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

連絡先

Media Contact:
Michael Padovano
Diligent@5wpr.com
908-510-8009

記事提供:ビジネスワイヤ

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2020 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.