サービス – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
製品 サービス 企業動向 業績報告 調査・報告 技術・開発 告知・募集 人事 その他
とれまが >  ニュース  > リリースニュース  > サービス

飛騨古川・増島城の御城印を発売開始! ―飛騨エリア初の御城印!―

飛騨市観光協会

飛騨市観光協会では、「御朱印のお城版」としてお城めぐり好きの間でブームになっている御城印の発売を、
11月1日(日)より開始します。
https://www.hida-kankou.jp/s/blog/58/
今回、販売するのは、飛騨古川の原点となった城「増島城」の御城印。
現在、御城印を購入できるのは飛騨エリアでは「増島城」だけです。
 御城印の増島城の書は、飛騨古川の歴史を長年研究している茂住修史さんに揮毫いただき、
背景には、金森家の家紋である梅鉢紋の印を押しています。
また、初回100枚限定で、飛騨市河合町で楮を雪に晒すことにより作られる手すきの山中和紙(さんちゅうわし)を台紙として使用。
 販売場所は、飛騨古川の観光には欠かせない「飛騨古川まつり会館」の売店。
増島城にある登城記念カードを飛騨古川まつり会館の窓口に持参した方には、
御城印に「登城記念」のスタンプも加えて押しています。(販売価格:1枚300円)





飛騨古川の原点となった平城・増島城
増島城跡は本丸櫓台のみが現存し、県史跡に指定されています。
周辺は学校や宅地になっていますが、北側の池から当時の堀幅を体感できます。
 飛騨古川の町なかには、増島城の城下町の風情が残っており、
武家屋敷と町人地を区切っていた用水は現在「瀬戸川」と呼ばれ、1,000匹もの色鮮やかな鯉が泳ぐ観光スポットになっています。
円光寺と酒蔵の白壁土蔵が織り成す眺めは、司馬遼太郎が「飛騨随一ノ町並也」と表現した素晴らしい景色。
増島城の「御城印」と合わせて、飛騨古川の歴史と文化をぜひ体感してください。

- 本件に関する、一般の方から、及び報道関係からのお問合せ先 ―
一般社団法人飛騨市観光協会 担当者 : 田近、栗谷  TEL 0577-74-1192 (直通)





配信元企業:飛騨市観光協会
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

記事提供:DreamNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2020 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.