サービス – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
製品 サービス 企業動向 業績報告 調査・報告 技術・開発 告知・募集 人事 その他
とれまが >  ニュース  > リリースニュース  > サービス

■オンラインシンポジウムのご案内■ 中学・高校年代の女性アスリートを取り巻く環境とは 「次世代型女性ジュニアアスリートのスポーツ傷害予防に向けて」―立命館大学

立命館大学



立命館大学は、中学・高校生年代の女性アスリートのパフォーマンス向上とスポーツ傷害予防について考えるシンポジウム、「次世代型女性ジュニアアスリートのスポーツ傷害予防に向けて」を、2月12日にオンラインで開催いたします。





女性アスリート(とりわけジュニア)において、正しい医学的知識を得るチャンスはそれほど多くはありません。日本は海外に比べ女性アスリートに対する効果的な育成や支援のあり方についても、まだ研究・開発の途上にあります。



現在、スポーツ庁では、女性アスリートの活躍に向けた支援や、ジュニア層を含む女性アスリートが健康でハイパフォーマンススポーツを継続できる環境を整備するため、「女性アスリートの育成・支援プロジェクト」(※)を進めており、本学も参画しています。


本シンポジウムでは、ジュニア期にあたる中学・高校生年代の女性アスリートのスポーツ傷害予防やコンディショニング方法の知見を発信します。女性特有の問題に関して産婦人科医による講演やスポーツ傷害の予防的観点から理学療法士による事例紹介、パネルディスカッションを通して、ジュニア層を含む女性アスリートが健康で充実した競技生活を送るきっかけになれば幸いです。


■オンラインシンポジウムについて
日時:2022年2月12日(土) 14:00~16:00(13:30ログイン開始)
開催形式:Zoomウェビナー
登壇者:能瀬 さやか(東京大学医学部附属病院 女性診療科・産科 産婦人科医)
    江玉 睦明(新潟医療福祉大学 理学療法学科 教授)
    栗原 俊之(立命館大学総合科学技術研究機構 准教授) ほか
対象:スポーツ傷害予防やコンディショニングに関心のある方をはじめ、どなたでもご参加いただけます。
参加費:無料(事前参加登録制・定員1,000名)
申込方法:以下のURLからお申し込みください。
http://www.ritsumei.ac.jp/shs/news/article.html/?id=612



■オンラインシンポジウム タイムスケジュール
14:00~14:05 開会挨拶・講演者紹介 
上田 憲嗣(立命館大学 スポーツ健康科学部 准教授)



14:05~14:45 特別講演 「女性ジュニアアスリートのコンディショニングと傷害予防」
能瀬 さやか(東京大学医学部附属病院 女性診療科・産科産婦人科医)



14:45~15:10 先進事例紹介 「女性アスリートのスポーツ傷害の特徴と予防に向けた取り組み」
江玉 睦明(新潟医療福祉大学 理学療法学科 教授)



15:10~15:25 本事業紹介 「女性ジュニアアスリートに向けたトレーニングサポートの取り組み」
栗原 俊之(立命館大学 総合科学技術研究機構 准教授)



15:25~15:55 パネルディスカッション 「女性ジュニアアスリートのスポーツ傷害予防に向けて」
●登壇者
能瀬 さやか
江玉 睦明
栗原 俊之
寺田 昌史(立命館大学 スポーツ健康科学部 講師)
●モデレーター
伊坂 忠夫(立命館大学スポーツ健康科学部 教授)



15:55~16:00 閉会挨拶
伊坂 忠夫

(※)スポーツ庁委託事業「女性アスリートの育成・支援プロジェクト」について
スポーツ庁が、スポーツ基本計画に基づき、女性アスリートの国際競技力向上に向けた支援や、ジュニア層を含む女性アスリートが健康でハイパフォーマンススポーツを継続できる環境を整備することを目的に、女性アスリートの育成・支援のために実施する事業。令和3年度において、本学のプロジェクトが「女性アスリート支援プログラム」に選定されました(継続)。
【HPリンク】https://www.mext.go.jp/sports/b_menu/boshu/detail/jsa_00061.html

【立命館大学が取り組むプロジェクト】
●テーマ
ジュニア女子選手のパフォーマンス向上とスポーツ傷害予防トレーニングの創発プラットフォームの構築 -ネットワークを活用した最先端の「知」の共有と次世代型指導者の育成システム-

●取組課題
・双方向型ネットワークを活用した学びプラットフォームの構築
・科学と現場の橋渡し役となるオンラインモニターシステムを活用できる次世代型指導員(トレーニング指導コンシェルジュ)の養成
・多様な動きづくりトレーニングの啓発と最先端の「知」の共有プラットフォームへの発展
【HPリンク】http://www.ic.fc.ritsumei.ac.jp/athlete/index.html







▼本件に関する問い合わせ先
立命館大学広報課
名和
TEL:075-813-8300


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

記事提供:Digital PR Platform

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

とれまがマネー

とれまがマネー

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2022 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.