サービス – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
製品 サービス 企業動向 業績報告 調査・報告 技術・開発 告知・募集 人事 その他
とれまが >  ニュース  > リリースニュース  > サービス

富士通パソコンが起動しない!画面が黒いまま|4DDiG Windows Boot Genius1.9.3をリリース

Tenorshare Co., Ltd.

「富士通のパソコンで起動すると黒い画面に「次のファイルが存在しないかまたは壊れているため、Windowsを起動できませんでした: ¥WINDOWS\SYSTEM32\CONFIG\SYSTEM オリジナルセットアップCD-ROMからWindows
セットアップを起動して、このファイルを修復できます。修復するには、最初の画面で‘R'キーを押してください」 と出るのですが、ROMが見当たりません・・・。」
「富士通製のノートパソコンが急に起動しなくなりました…
起動すると製品ロゴのあとに黒い画面で英語の羅列が出てきてそこから動かなくなります。
対処法あれば教えてください!」
富士通製のパソコンが突然起動しなくなり、画面が真っ暗になってしまったという経験はありませんか。こんな時はどうすればいいでしょうか。
本記事では、富士通パソコンが起動しない原因や、その対処法をあわせてご紹介します。



Tenorshare Co., Ltd.は、2023年5月25日(木)にパソコン修復ソフト「4DDiG Windows Boot Genius」の最新バージョン1.9.3に更新しました。起動できない富士通パソコンを正常に起動できます。

「4DDiG Windows Boot Genius」無料体験:https://reurl.cc/11xWOV
「4DDiG Windows Boot Genius」の価格を確認:https://reurl.cc/mDnQkM
「ゴールデンウィークセール」の30%オフコード:4DGW30
更新情報:いくつのバグを修正
目次:
1.富士通パソコンが起動しない・画面が黒いままである原因は?
2.富士通パソコンが起動しない場合の対処法は?
  対処法1:専門的なパソコン修復ソフト4DDiG Windows Boot Geniusで修復する
  対処法2:周辺機器を取り外す
  対処法3:スタートアップ修復を実施する
  対処法4:BIOSを初期化する
  対処法5:セーフモードで起動してみる
  対処法6:パソコンを初期化する

1.富士通パソコンが起動しない・画面が黒いままである原因は?
富士通パソコンが起動しない原因は様々ですが、主な原因としては以下のようなものが考えられます。

原因1.OSの障害(例:Windowsのクラッシュ、ウイルス感染など)
原因2.ハードウェアの故障(例:HDD、メモリ、マザーボードなど)
原因3.パソコンの電源が入っていない、あるいは故障している
原因4.パソコンの起動順序が誤っている
原因5.BIOSの設定が誤っている

2.富士通パソコンが起動しない場合の対処法は?
富士通のパソコンが起動しないときは、慌てないで簡単にできる方法から試してみましょう。
上記の原因に基づいて、対応する対処法を見つけることができます。

対処法1:専門的なパソコン修復ソフトで修復する
4DDiG Windows Boot Geniusはブルー/ブラックスクリーン、システムクラッシュなどのWindowsの問題を数分で自動修復できます。Windowsのクラッシュ、ウイルス感染などの原因でパソコンが起動しないとき、4DDiG Windows Boot Geniusを使用して、すぐに起動できないパソコンを再起動します。
ここでは、富士通のパソコンが起動しない時のその詳しい操作方法をご紹介いたします。

ステップ1.起動ディスクを作成
4DDiG Windows Boot Geniusを起動し、CD/DVDディスクをCD-ROMドライブに挿入するか、USBフラッシュメモリーをパソコンのUSBポートに接続します。次に「今すぐ起動ディスクを作成する」をクリックし、修復ディスクの書き込みを開始します。
「4DDiG Windows Boot Genius」無料体験:https://reurl.cc/11xWOV
「4DDiG Windows Boot Genius」の価格を確認:https://reurl.cc/mDnQkM



ステップ2.修正するOSを選択し、次に起動メディアを作成するドライブを選択します。次に「次へ」をクリックすると、修復環境ISOのダウンロードが開始されます。
修復環境ISOのダウンロードが終了したら、ネットワークが正常に接続されていることを確認します。



ステップ3.CD/DVD/USBからWindowsシステムを起動
起動できない富士通パソコンに起動用メディアを挿入します。コンピュータを起動し、キーボードの「F12」または「ESC」を押してブートメニューに入ります。または、以下のブートキーを参照してください。
ートメニューに入ったら、矢印キーで起動メディアを選択し、「enter」をクリックして起動を開始します。



注意: この作業で起動メディアは消去されますので、ご注意ください。また、事前に富士通パソコンのデータをバックアップしてください。

対処法2:周辺機器を取り外す
富士通パソコンを起動する前に、USBメモリ、カメラ、プリンターなどの周辺機器を一旦取り外してみてください。
これで富士通パソコンが正常に起動する場合があります。

対処法3:スタートアップ修復を実施する
スタートアップ修復は、Windowsが正しく起動できない場合に自動的に実行される機能です。パソコンを再起動した後、スタートアップ修復が自動的に起動する場合がありますが、富士通パソコンが起動しない場合は、Windowsのインストールディスクを使用して手動でスタートアップ修復を実行することができます。

対処法4:BIOSを初期化する
BIOSは、パソコンの起動時に最初に呼び出されるプログラムで、パソコンの各種設定を管理します。BIOSの設定が誤っている場合、富士通パソコンが起動しないことがあります。この場合は、BIOSを初期化することで解決することができます。BIOSの初期化方法は、パソコンのモデルによって異なりますので、取扱説明書を確認してください。

対処法5:セーフモードで起動してみる
セーフモードは、パソコンを起動する際に最小限のドライバーやサービスだけを起動するモードです。セーフモードで起動することで、Windowsの障害がある場合でも起動することができます。セーフモードで起動した場合、富士通パソコンが起動しない問題が解決される可能性があります。

対処法6:パソコンを初期化する
最後の手段として、パソコンを初期化することが考えられます。この場合、富士通パソコンに保存されているデータは全て失われますので、事前にバックアップを取っておくことが必要です。初期化方法は、パソコンのモデルによって異なりますので、取扱説明書を確認してください。

おわりに
以上が、富士通パソコンが起動しない場合の対処法です。パソコンが起動しない理由を理解すると、パソコンが起動できない場合のトラブルシューティングに役立つ可能性があります。また、富士通パソコンのシステムに発生したトラブルを簡単に修復するなら、自動診断・修復機能を備えている修復ソフト4DDiG Windows Boot Geniusを使うと、どなたでも簡単にパソコンを修復できます。

「4DDiG Windows Boot Genius」無料体験:https://reurl.cc/11xWOV
「4DDiG Windows Boot Genius」の価格を確認:https://reurl.cc/mDnQkM

【関連記事】
富士通のパソコンが起動しない時の対処法:https://reurl.cc/7kXqkN
HPパソコンが起動しない理由と対処法:https://reurl.cc/LA3ol4
DELLノートパソコンが起動しない場合の対策:https://reurl.cc/ZWOoZW
【Tenorshare 4DDiGについて】
Tenorshare 4DDiGはデータ管理の専門家です。データ復旧、パソコン起動、パーティション管理などのソフトウェアを提供しております。データを復元する以外にも、パーティション管理、クラッシュしたコンピューターからデータを救出する、動画修復等の機能も搭載しています。

公式HP:https://4ddig.tenorshare.com/jp/
Twitter: https://twitter.com/4ddigjp
YouTube: https://www.youtube.com/channel/UC5G9VIvb5VvnPhijjHAOqew/






配信元企業:Tenorshare Co., Ltd.
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

記事提供:DreamNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

とれまがマネー

とれまがマネー

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2024 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.