技術・開発 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
製品 サービス 企業動向 業績報告 調査・報告 技術・開発 告知・募集 人事 その他
とれまが >  ニュース  > リリースニュース  > 技術・開発

次世代の産業を牽引する大型開発プロジェクトを募集 技術・製品開発に要する経費の一部を最大8,000万円まで支援

公益財団法人東京都中小企業振興公社

東京都の監理団体である公益財団法人東京都中小企業振興公社(所在地:東京都千代田区、理事長:福田 良行)は、次世代の産業を牽引するような大型開発プロジェクトを支援する助成金である「次世代イノベーション創出プロジェクト2020助成事業」の募集を開始します。
本事業では、東京都が定めたイノベーションマップで示された開発支援テーマのいずれかに該当し、かつ、他企業・大学・研究機関等の知見やノウハウを活用した技術・製品開発に要する経費の一部を助成します。


■特徴
1.幅広い費用が助成対象
原材料費、委託・外注費、人件費などの開発に係わる経費から、展示会参加費や広告費などの販路開拓に係る費用まで幅広い経費が助成対象です。

2.長期・大型開発を支援
最長3年まで対象経費の2/3を、8,000万円を限度に助成します(申請下限額1,500万円)。

3.事業終了前に助成金交付が可能
ほとんどの助成金は対象事業完了後に交付されますが、当助成金では、助成対象期間を区切り、その区切り(期)ごとに助成金を交付することができます(期を設定するために一定の条件があります)。


■採択者決定までのスケジュール
申請受付事前エントリーから採択者決定までの流れは次のとおりです。

<事前エントリー> 受付中(9月6日まで)

<申請書類提出> 10月1日~10月9日

<一次審査(書類)> 10月中旬~11月中旬

<一次審査結果通知> 11月下旬

<現地調査> 12月上旬~12月中旬

<二次審査(面接)> 1月中旬

<採択者決定> 2月上旬

※日程は、状況により変更する場合があります。
※事前エントリーを済ませていない方の申請書類は受付できません。


■事業説明会の開催
8月後半に事業説明会を開催します。助成金の仕組みから申請書の書き方までお伝えしますので、本事業に興味を持たれた方は是非ご参加ください。

<第1回>
開催日 :8月15日(水)
会場(最寄駅):富士ソフト アキバプラザ(秋葉原)

<第2回>
開催日 :8月16日(木)
会場(最寄駅):富士ソフト アキバプラザ(秋葉原)

<第3回>
開催日 :8月17日(金)
会場(最寄駅):公益財団法人東京都中小企業振興公社 城南支社(蒲田)

<第4回>
開催日 :8月20日(月)
会場(最寄駅):富士ソフト アキバプラザ(秋葉原)

<第5回>
開催日 :8月21日(火)
会場(最寄駅):公益財団法人東京都中小企業振興公社 多摩支社(西立川)

<第6回>
開催日 :8月22日(水)
会場(最寄駅):AP渋谷道玄坂(渋谷)

<第7回>
開催日 :8月23日(木)
会場(最寄駅):富士ソフト アキバプラザ(秋葉原)


■お申込み
助成事業へのエントリー及び説明会の申込みは、それぞれのページで承っております。

【助成金へのエントリー(~9月6日)】
http://www.tokyo-kosha.or.jp/support/josei/jigyo/innovation.html

【説明会への申込み】
http://www.tokyo-kosha.or.jp/topics/1806/0029.html


■次世代イノベーション創出プロジェクト2020助成事業の主な条件
助成対象期間:2019年1月1日から2021年12月31日まで
助成率 :2/3以内
助成限度額 :8,000万円(申請下限額1,500万円)
助成対象経費:原材料・副資材費、機械装置・工具器具費、委託・外注費、
専門家指導費、規格等認証・登録費、直接人件費、
産業財産権出願・導入費、展示会等参加費、広告費


■開発支援テーマ
本助成事業への申請にあたっては、下表の(1)~(9)の開発支援テーマのいずれかに該当する研究開発であることが必要です。

(1)防災・減災・災害予防に関する技術・製品の開発
(2)インフラメンテナンスに関する技術・製品の開発
(3)安全・安心の確保に関する技術・製品の開発
(4)スポーツ振興・障害者スポーツに関する技術・製品の開発
(5)子育て・高齢者・障害者等の支援に関する技術・製品の開発
(6)医療・健康に関する技術・製品の開発
(7)環境・エネルギーに関する技術・製品の開発
(8)国際的な観光・金融都市の実現に関する技術・製品の開発
(9)交通・物流・サプライチェーンに関する技術・製品の開発


■イノベーションマップ
2020年に向けた実行プランで示された都市課題を解決するため、成長産業分野における開発支援テーマと技術・製品開発動向等を示したもの。詳細は東京都の次世代イノベーション創出プロジェクト2020のページをご覧ください。
http://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.jp/chushou/shoko/sougyou/jinobe/index.html


詳細はこちら

記事提供:@Press

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧
  • 東京商工リサーチが2017年「電力事業者」の新設法...
  • 日本能率協会が経営層に意識調査。SDGs17の中で取...
  • 住宅購入の場合、現行の8%の税率が適用されるため...
  • 帝国データバンクが喫茶店・カフェ経営業者の経営...
  • 積水ハウス 住生活研究所の初代所長に就く、1987年...

関連ニュース

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.