技術・開発 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
製品 サービス 企業動向 業績報告 調査・報告 技術・開発 告知・募集 人事 その他
とれまが >  ニュース  > リリースニュース  > 技術・開発

地域循環共生型リサイクル施設「しんえこプラザあづみ野」が再生可能エネルギー電力を自家消費できる体制を構築

株式会社エンビプロ・ホールディングス

地域循環共生型リサイクル施設「しんえこプラザutf-8

株式会社エンビプロ・ホールディングスのグループ会社である株式会社しんえこ(以下、しんえこ)が運営する地域循環共生型リサイクル施設「しんえこプラザあづみ野」(長野県安曇野市)が、屋上にリユース太陽光パネルを用いた発電設備を設置し、再生可能エネルギー電力を自家消費できる体制を構築しました。


画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/188293/LL_img_188293_1.png
屋上に設置されたリユース太陽光パネル

しんえこプラザあづみ野は、小売電気事業者のみんな電力株式会社からRE100メニューの供給を受けている、再生可能エネルギー電力100%のRE100工場ですが、今後は自社の太陽光発電設備で発電した電力も事業に活用することができます。

エンビプロ・ホールディングス│NEWS
https://www.envipro.jp/news/news-1101/


【エンビプロ グループのRE100への取り組み】
当グループは、2018年7月に事業活動に要する電力を100%再生可能エネルギーで調達することを目標に掲げる企業が参加するイニシアチブ「RE100」に、リサイクル業界としては世界で初めて加盟いたしました。

当グループの主力事業である資源リサイクル事業は、限りある資源を有効活用することで循環型社会の実現に寄与する事業です。またこの事業で消費する電力を再生可能エネルギー100%にすることができれば、事業を行うプロセスが脱炭素社会の実現に寄与できることになり、事業そのものとプロセスの両面で持続可能社会の実現に貢献できます。

同件以外のRE100への具体的な取り組みとしては、当グループの株式会社東洋ゴムチップが2019年5月に、再生可能エネルギー電力100%(FIT電力含む)のRE100工場に転換しました。2019年6月時点で、再生可能エネルギー100%化というRE100目標のうち約17%を達成しています。

〈関連記事〉
・再生可能エネルギー電力100%(FIT電力含む)のRE100工場がスタート
https://www.envipro.jp/news/news-1023/
・RE100メンバー会に参加し、日本における再生可能エネルギーの普及を促進
https://www.envipro.jp/news/news-1055/
・「再エネ100%を目指す需要家からの提言」に参画
https://www.envipro.jp/news/news-1086/


【地域循環共生型リサイクル施設「しんえこプラザあづみ野」】
しんえこプラザあづみ野は、美しい自然に恵まれた信州から未来につなぐ街づくりを地域の皆さまと共に実現していきたいと考え、2019年4月1日にオープンしました。
同施設は特定家電4品目の処分や、24時間いつでも資源物を受け入れられる資源物回収BOXの設置など、地域の皆さまの利便性を高め、循環型社会の形成につながるサービスを提供しています。

また当グループの株式会社アストコが運営する就労継続支援B型事業所「エコミットあづみ野」(長野県安曇野市)と業務提携をし、現在30名の障がいをお持ちの方々に就労場所を提供しています。

今回の施策は、事業で消費する電力を再生可能エネルギー100%にしたことで、事業を行うプロセスが脱炭素社会の実現に寄与でき、かつ太陽光発電設備にリユースパネルを用いることで、限られた資源の有効活用にも貢献しています。


【第三者所有モデルの活用】
同太陽光発電設備は、当グループの株式会社ブライトイノベーション(以下、ブライトイノベーション)が、株式会社横浜環境デザインの施工により、しんえこプラザあづみ野の屋上に設置しました。
リユースパネル購入や設置工事などの初期投資はブライトイノベーションが負担し、しんえこは電気代をブライトイノベーションに支払う仕組みです。

この仕組みは第三者所有モデルと呼ばれ、初期投資を行うことなく再生可能エネルギー電力を自家消費することが可能な仕組みです。
RE100に加盟する企業が増える中、自社のサプライチェーンに加わる企業にも再生可能エネルギー電力の利用を求める加盟企業も出てきていますが、第三者所有モデルは、このような要望への有効な対策と言えます。

ブライトイノベーションは、今回の取り組みを計画から導入までをワンストップで行いました。この取り組みで得たノウハウを活用し、グループ全体でCO2削減や再生可能エネルギー促進に取組もうとする企業や、再生可能エネルギーの利用が求められる企業に対し、同様のサービスを提供してまいります。

第三者所有モデルイメージ
https://www.atpress.ne.jp/releases/188293/img_188293_2.jpg


【関連グループ会社URL】
株式会社しんえこ : http://syneco.co.jp/
株式会社東洋ゴムチップ : https://www.envipro-toyo.co.jp/
株式会社アストコ : https://bright.astoco.jp/
株式会社ブライトイノベーション: https://brightinnovation.jp/


詳細はこちら

地域循環共生型リサイクル施設「しんえこプラザutf-8

記事提供:@Press

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2019 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.