技術・開発 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
製品 サービス 企業動向 業績報告 調査・報告 技術・開発 告知・募集 人事 その他
とれまが >  ニュース  > リリースニュース  > 技術・開発

サターラ、バイオシミュレーションを用いたジェネリック医薬品の生物学的同等性のバーチャル評価をさらに前進させるFDA助成金プログラムに採択

Certara

仮想生物学的同等性のSimcyp MechDermAモデルに対する4回目のFDA助成金

2021年9月20日、ニュージャージー州プリンストン - バイオシミュレーションの世界的リーダーであるサターラ(NASDAQ銘柄コード:CERT)は、本日、米国食品医薬品局(FDA)からより安全性、迅速性、費用対効果に優れたジェネリック医薬品の開発を可能にする生物学的同等性のバーチャル評価(Virtual Bioequivalence、VBE)用バイオシミュレーションモデルの検証および利用拡大を支援する助成金プログラムに採択されたことを発表しました。

生物学的同等性(BE)試験では、試験製剤と標準製剤の吸収速度および量に有意な差がないことを検証します。臨床試験の実施には多額の費用がかかるため、BEの証明はジェネリック医薬品の承認における大きな課題となっています。生理学に基づく薬物動態(PBPK)モデリングをはじめとするモデリング&シミュレーション技術は、製薬企業におけるBEのバーチャル評価を推進し、臨床試験の必要性低減あるいは免除を促すことで、このような課題の解消に貢献します。

サターラのSimcyp事業部門トップのロブ・アシュバリー氏(Rob Aspbury)は次のように語りました。「この助成金プログラムに採択され光栄です。また、米国FDAと協力して手頃な価格のジェネリック医薬品の開発プロセスの加速に貢献できることを誇りに思います。このプロジェクトは、サターラのバイオシミュレーションモデルの予測性能、信頼性、柔軟性の実証を推進することを目的としており、最終的には患者さんに利益をもたらします。」

サターラのシニア・サイエンティフィックアドバイザーとメカニスティック・ダーマル・モデリングの責任者を兼任するセバスチャン・ポラク博士(Sebastian Polak, Ph.D.)は、「Progressing integration of in vitro topical formulation characterisation, release and permeation data to the next level - PBPK based extrapolation to bioequivalence assessment in virtual populations
( https://reporter.nih.gov/search/mVQxbTOOGkyMTav3XKr-HQ/project-details/10356642
) (外用剤のin vitro特性、放出および膜透過データの統合を次段階に進める検討 - 仮想集団を用いたPBPKモデルの外挿に基づく生物学的同等性評価)」と題されたプロジェクトの主任研究員です。サターラによるSimcyp MechDermAモデル構築プロジェクトは今回で米国FDAの助成金プログラム通算4度目の採択となります。さらに、Simcyp MechDermAモデルは、2019年、米国FDAに対するジクロフェナクナトリウム外用ジェル剤のジェネリック医薬品の医薬品簡略承認申請(ANDA)において、当該製剤のBEを証明する根拠として使用され、承認取得に貢献しました。今回のプロジェクトでは、新たにマイクロスフェアやリポソームといった複雑性の高い多層製剤や高度な薬剤放出技術へのモデルの適用とin vitroデータ活用に関するベスト・プラクティスの定義を目標としています。

ポラク博士は、最後に次のように述べました。「生物学的同等性の証明は、皮膚外用剤のジェネリック医薬品開発において特に複雑です。皮膚透過性に基づく外用薬のバイオシミュレーションをさらに最適化するこのプロジェクトの責任者を務められることを光栄に思います。米国FDAによる今回の助成を活用することで、当社のMechDermAモデルを用いたBEのバーチャル評価をさらに推進し、より多くのジェネリック医薬品の臨床試験の合理化または免除の実現に貢献していきます。」

サターラについて
 サターラは、バイオシミュレーションソフトウェアと科学技術を用いて、従来の創薬・開発を変革し、医薬品をよりスピーディーに患者さんに届けることをミッションとしています。世界61カ国にわたる1,650社のバイオ医薬品企業、主要学術機関、主要な規制当局がサターラのソフトウェアやコンサルティングサービスを利用しております。


本件に関するお問合わせ先
投資家の皆様:
David Deuchler
Gilmartin Group
ir@certara.com

メディア関係の皆様:
赤津 笑美
emi.akatsu@certara.com

衣斐 桃果
m-ebi@prap.co.jp

記事提供:Digital PR Platform

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2021 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.