技術・開発 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
製品 サービス 企業動向 業績報告 調査・報告 技術・開発 告知・募集 人事 その他
とれまが >  ニュース  > リリースニュース  > 技術・開発

D-Agreeを活用して、名古屋市がオンラインディスカッションを実施 -AIが24時間、意見を集約し、合意形成をサポート-

AGREEBIT株式会社

D-Agreeを活用して、名古屋市がオンラインディスutf-8

国立大学法人京都大学・名古屋工業大学発スタートアップ企業であるAGREEBIT株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役:桑原 英人)は、AIファシリテート技術でリアルタイムにオンライン上で議論や意見集約ができ、合意形成支援をする『D-Agree(ディー・アグリー)』を提供して、10月から11月にかけて愛知県名古屋市(市長:河村 たかし)で参加者公募型のオンラインディスカッションを実施します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/326724/LL_img_326724_1.jpg
名古屋市がオンラインディスカッションに、D-Agreeを活用

《名古屋市への意見を募集する、オンラインディスカッションでD-Agreeを活用》
AGREEBITでは、国内初、世界的にも唯一となる、AIによるファシリテーション支援を実現した、インターネット上の議論・合意形成支援をするオンラインプラットフォーム「D-Agree」を展開開始しています。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/326724/LL_img_326724_2.jpg
AIが意見集約・合意形成を支援する「D-Agree」

AI・集合知研究において国際的なトップ研究者である伊藤 孝行(京都大学大学院情報学研究科教授、情報処理学会フェロー等)研究室の研究成果をもとに開発。国際特許(国際出願番号 PCT/JP2019/31183)を取得しています。

D-Agreeでは、AIが自動的に議論のファシリテーションを行い、時間的制約も少なく、意見集約が可能になります。さらにAIによる議論炎上防止フィルターがリスクマネジメントを行います。集まった意見は、AIにより解析され、議論内容の抽出、構造化、分析が行われ、さらに議論を深めることが可能です。

▼D-Agreeについて▼
https://www.agreebit.jp/contact


今回、「どんなまちにしたい?自由に話そう、なごやのミライ」をテーマに、名古屋市への意見を広く集めるオンラインディスカッションで、D-Agreeを活用いただきます。


■概要
実施期間 : 令和4年10月19日~11月18日
登録受付期間: 令和4年9月15日~11月11日
参加対象者 : 名古屋市在住、在勤、在学の方、名古屋市にゆかりのある方
※応募者多数の場合は、抽選
参加方法 : 下記URLよりD-Agreeに新規登録・ログイン後、参加
https://d-agree.com/site/


【会社概要・今後の展望】
AGREEBIT株式会社は、国立大学法人京都大学・名古屋工業大学発スタートアップ企業です。AI・エージェント開発/分析事業や、AIに関連する人材教育事業を手がけています。
持続可能な世界を実現するためAIエージェント技術を社会に提供し、世界の課題、国の課題、地域の課題、企業の課題などの解決への貢献を目指してまいります。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/326724/LL_img_326724_3.jpg
AGREEBITが掲げるVISION

会社名 : AGREEBIT株式会社
代表取締役/CEO: 桑原 英人
設立 : 2019年3月5日
資本金 : 11,650,100円 ※資本準備金含む(2022年7月現在)
事業内容 : AI議論支援サービスD-Agreeの展開
HP : https://agreebit.jp/


詳細はこちら

D-Agreeを活用して、名古屋市がオンラインディスutf-8D-Agreeを活用して、名古屋市がオンラインディスutf-8

記事提供:@Press

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

とれまがマネー

とれまがマネー

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2022 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.