技術・開発 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
製品 サービス 企業動向 業績報告 調査・報告 技術・開発 告知・募集 人事 その他
とれまが >  ニュース  > リリースニュース  > 技術・開発

【自動車メーカー】特許資産規模ランキング2022トップ3はトヨタ、ホンダ、日産

株式会社パテント・リザルト


株式会社パテント・リザルトは11月25日、独自に分類した自動車メーカー業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「自動車メーカー業界 特許資産規模ランキング2022」をまとめました。2021年4月1日から2022年3月末までの1年間に登録された特許を対象に、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」を用いた評価を行い、企業ごとに総合得点を集計しました。
その結果、1位 トヨタ自動車、2位 本田技研工業、3位 日産自動車となりました。






1位 トヨタ自動車の注目度の高い特許には「駆動力制御を改善した制御装置」や、
「電圧検知線を過電流から保護することができる電池配線モジュール」に関する技術が挙げられます。

2位 本田技研工業は「レイアウトの効率化を図った車両のバッテリ収納装置」や、
「燃料電池スタックのシール部にわたって均等に接触圧を分布させられるプレート」に関する技術などが注目度の高い特許として挙げられます。いずれの特許も、日本以外に中国への出願が見られます。

3位 日産自動車の注目度の高い特許には「接触抵抗が低減し、発電性能が向上した燃料電池スタック」や「制御ロジックを簡便にした、自動変速機の油圧制御装置」などに関する技術が挙げられます。

4位 マツダは「優れた衝突性能とステアリング振動性能を有するステアリング支持構造体」、5位 ヤマハ発動機は「クランクケースの左にシフトペダルを備えたMT型シフトペダル付エンジンユニット」が、それぞれ注目度の高い特許として挙げられます。

詳細については、ランキングデータ「自動車メーカー 特許資産規模ランキング2022」にてご覧いただけます。

■価格:50,000円(税抜)
お申し込みは下記URLをご参照ください。
https://www.patentresult.co.jp/news/2022/11/automobile.html

■本件に関するお問い合せ先
株式会社パテント・リザルト 事業本部 営業グループ
Tel:03-5802-6580
Fax:03-5802-8271
ホームページURL:https://www.patentresult.co.jp/

■会社概要
社名:株式会社パテント・リザルト
住所:〒113-0033 東京都文京区本郷2-15-13 お茶の水ウイングビル5階



配信元企業:株式会社パテント・リザルト
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

記事提供:DreamNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

とれまがマネー

とれまがマネー

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2022 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.