経済総合 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
経済総合 市況 自動車 ビジネス 中国
とれまが >  ニュース  > 経済ニュース  > 経済総合

Signals、仮想通貨取引に革命をもたらすトレーディング戦略のプラットフォームを開発

Signals Network

Signals、仮想通貨取引に革命をもたらすトレーデutf-8

【2018年2月12日、チェコ共和国・プラハ】プラハに本拠地を置くスタートアップ企業Signals Network ( https://signals.network 以下、「Signals」)は、本日、仮想通貨コミュニティを統合し、仮想通貨トレーディングをさらなるレベルまで高めることを目的とした仮想通貨トレーディングのプラットフォームの開発を日本国内向けに発表しました。Signalsのプラットフォームは、ユーザーが仮想通貨トレーディングの戦略モデルを発見、構築、課金化することができるデジタル市場です。Signalsのプラットフォームでは、トレーダーはインターフェース上で機械学習に基づいた戦略モデルを簡単に構築することができます。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/149608/LL_img_149608_1.jpg
Signalsプラットフォームのインターフェース

Signalsのプラットフォームを利用することで、トレーダーは、技術分析から群衆の知にいたるさまざまなトレードインジケーターから戦略を構築することが可能となります。構築した戦略モデルは、過去のデータ上でバックテスト検証が可能なほか、コピートレード向けに戦略モデルを出品し他のトレーダーがそのモデルを活用することで報酬を得ることも可能です。Signalsのプラットフォームに関するより詳しい情報は、動画( https://www.youtube.com/watch?v=KY2qu0zpq-Q&feature=youtu.be )をご覧ください。

Signalsは、短時間で膨大な量のデータや複雑なアルゴリズムを処理するために、ブロックチェーンベースのクラウドコンピューティングプラットフォームを提供するフランスの企業、iExec( https://iex.ec/ )とパートナーシップを結んでいます。

Signalsプラットフォームのアルファ版が使用可能
Signalsプラットフォームのアルファ版は、2018年1月22日にローンチされました。アルファ版ではいくつかの機能が使用可能となっており、Signals Strategies Marketplace(Signals戦略市場)では、現在さまざまな戦略を確認することができますが、将来的にはトレーダーが自分の戦略モデルを構築することができるようになります。インジケーターおよびデータセットの購入や、コピートレード向けの戦略の提供といったSignalsプラットフォームの有料機能は、SignalsのSGNトークンを通じて購入することが可能です。

SGNトークンセールは間もなくスタート
Signalsは、2018年2月26日(月)に開始されるトークンセール( https://signals.network/token-sale )において、イーサリアム(ETH)を使用したSGNトークンを販売します。ソフトキャップは200万ドル、ハードキャップは1,800万ドルに設定されています。1SGNトークンの価格はトークンセールの初日のイーサリアムの価格によって決定されますが、約0.3ドルで開始される予定です。SGNトークンを購入するには、氏名、メールアドレス、イーサリアムウォレットのアドレスを登録する必要があります。SGNトークンは、トークンの取引ごとに少額のトークンがバーンされるデフレ通貨となります。SGNトークンの取引が増えるとトークンの総供給量が漸減していくので、1トークンあたりの価値が上がっていきます。

Signalsについて
Signalsは、機械学習、群衆の知、分散型スーパーコンピュータに基づく仮想通貨トレーディングの戦略モデルをユーザーが発見、構築、課金化することができるデジタル市場プラットフォームです。仮想通貨業界における人工知能の民主化をミッションに掲げています。Signalsの市場では、プログラムの知識が全くないトレーダーでも、トレーディングアルゴリズム、コンピューターの計算能力およびデータサイエンスを活用し、より迅速かつスマートな投資判断と利益の最大化が可能となります。

Signalsプラットフォームのアルファ版( https://app.signals.network )は、現在利用可能です。ユーザーは、アカウントを登録しアルファ版のテストユーザーとなることで、今後の商品開発に影響力を持つこともできます。より詳しい情報は https://signals.network /(英語)よりご確認いただけます。


詳細はこちら

記事提供:@Press

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧
  • 文部科学省は2022年度から実施する「高校学習...
  • 与信サービス業のリンクモンスターが「企業の取引...
  • 上場企業の決算では前年の水準を上回る過去最高益...
  • 飲食店の倒産が増加傾向にある。特に多いのは個人...
  • フォルクスワーゲンは日本市場に向けてDセグの中堅...

関連ニュース

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.